インパルス・堤下は追突事故で謹慎!「被害者の方々に深くお詫びいたします。」

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

お笑いコンビ・インパルスの堤下敦(40)が27日午前10時半ごろ、

横浜市神奈川区の国道で乗用車を運転していたところ、

ごみ収集車に追突した。

ごみ収集車には男性3人が乗っていたが、

このうち2人が首を捻挫するなど軽傷のケガを負わせた。

堤下さんは、過去にも2度交通違反をしております。

ネットでは、批判が殺到しております。

早速、堤下さんのプロフや批判の内容について迫ってみました。

スポンサーリンク

堤下 敦のwiki風プロフ

◆ 名前:堤下 敦(つつみした あつし)

◆ 生年月日:1977年9月9日(40歳)

◆ 出身地:神奈川県横浜市神奈川区

◆ 血液型:B型

◆ 身長:174㎝

◆ 学歴:関東学院大学中退

◆ 職業:お笑い芸人

◆ コンビ名:インパルス(相方・板倉俊之)

◆ 活動期間:1998年~

◆ 家族:既婚

◆ 趣味:ダーツ、カフェ巡り、ゴルフ、バイク、スキューバダイビング、料理

◆ 事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

同期の板倉俊之と1998年インパルスを結成。

2008年9月27日、制限速度50キロの一般道を80キロで走行し、」

スピード違反で検挙される。

2010年12月29日放送『はねるのトびら』年末SPの放送内で公開プロポーズを成功させ、

2011年3月3日に入籍した。

11月に番組内で妻の妊娠を発表し、2012年1月24日に長女が誕生した。

2017年6月14日、抗アレルギー薬と睡眠薬を飲んで朦朧としている状態で

車の運転席に居たところを所轄の署員に発見される。

9月6日、警視庁調布署により道路交通法違反(過労運転、事故不申告)

の疑いで書類送検された。

スポンサーリンク

堤下 敦の過去の交通関連事故は?

堤下はこれまでにもたびたび、交通事故でニュースになった。

▼08年9月 江東区青海の制限速度50キロの一般道を

80キロで走行したスピード違反の疑いで摘発された。

▼10年3月 都内で乗用車を運転中、

別の車を運転していたロバート秋山とともに玉突き事故に巻き込まれる

▼17年6月 睡眠導入剤など3種類の薬を飲んだ直後に

乗用車を運転し、都内の路上で意識がもうろうとした状態で見つかり、

事情聴取。9月に道交法違反容疑(過労運転、事故不申告)の疑いで、書類送検されました。

スポンサーリンク

堤下敦さんの追突事故は?

2017年6月14日、睡眠薬を飲んで意識がもうろうとした状態で

車の運転席にいるところを警察に発見された堤下さんは、

道路交通法違反の疑いで書類送検されていた最中のことです。

今後、免許取り消し・欠格期間2年の行政処分が科されるものとみられる

という報道もあったが、実際は取り消しにまでは至らなかったのです。

ですが、送検中でまだ処分が決まっていない最中の事故ということになります。

事故が起きたのは27日午前10時半すぎで、横浜市神奈川区反町の国道だった。

収集車に乗っていた男性3人のうち、2人が首に軽いケガをしたようだが、

堤下さんにケガはなかったそうである。

堤下さんは警察に対し

「自分の不注意で事故を起こしたことは間違いない」

と説明しているとのことで、

警察は過失運転傷害の疑いで当時の状況を調べているという。

皆さんの反応は?

またしても車によるトラブルを起こしてしまった堤下さんに、

ネットでは厳しい声が集まっている。

その一部をご紹介しよう。

「インパルス堤下今度は事故?また睡眠薬服用?電車で通いなさいよ」

インパルス板倉・「警察だ!って相方かよ!」

「過去の記事かと思ったらまたか」

「もう運転しちゃダメだろ」

「そろそろ逮捕した方がいいんじゃないですかね。しばらく牢屋であたまひやせよ。」

「免許剥奪されてなかったの?」

「この歳じゃ、運転不適格者だわ!」

「また睡眠薬かな」

「事務所が運転を止めるべきだったよなあ」

死者が出なかったのは不幸中の幸いだが、書類送検中の事故となると、

今後の芸能活動に何らかの影響が出るのではないか心配ですね!

堤下敦は謹慎処分となった!

所属事務所は28日、

「事態の重大さを認識し、当分の間、堤下の芸能生活は控え、謹慎とさせていただきます」

との処分を発表した。

「6月にも自損事故を起こしたことで先日書類送検されておりますが、

今回、不注意による人身事故を起こしたことを重く受け止め深く反省しております」

とした上で、関係者に「深くお詫び申し上げます」と謝罪した。(10月28日追記)

 

まとめ

いかがでしたか?

交通事故関連で、これほどのタレントはおりませんよね!

今後のこともあるので、大きくならないうちに

“運転中止”した方が良さそうですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ