鈴木るりか(小説家)のWiki!中学はどこ?両親が気になる?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

鈴木るりかさんは小学生でありながら、3年連続で

「12歳の文学賞」を受賞する程の天才文才の持ち主なのです。

ネット上では、

① 鈴木るりかさんのプロフィールは?

② 小学校はどこ?

③ 両親は?

等々です。

早速、天才小説家に迫ってみました。

鈴木るりかのwiki風プロフ

◆ 名前:鈴木るりか(すずきるりか)

◆ 生年月日:2003年10月17日(14歳)

◆ 出身地:東京都

◆ 学歴:星美学園中学校 (東京都北区)

◆ デビュー作品:『さよなら、田中さん』(小学館)

◆ 将来の夢:小説家か漫画家

◆ 欲しい賞:芥川賞

◆ 処女作:「Dランドは遠い」短編

詳しい情報はありませんが、各所から集めると以上のようになります。

まだ中学生ということ痲リ、非公開にしているものと思われます。

追って情報が公開されると、追記します。

スポンサーリンク

鈴木るりか(小説家)の作品は?

◆ 2014年

・Dランドは遠い

・持ちはどこへ消えた

◆ 2015年

・マイワールド

◆ 2016年

・いつかどこかで

◆ 2017年10月17日、14歳の誕生日に、

デビュー作『さよなら、田中さん』を刊行するそうです。

(できの悪い主人公が、高校受験に失敗し、面接だけの田舎のミッション系の高校へ

行くまでを描いておりますが、文章も滑らかで優しくとても読み易いです。

表現、心の読み方はすでに大人です。難しい言葉や諺も含まれおり、

立派な作品のように思います。中学2年生とは思われません!)

初めて小説を書いたのが、小学4年生の9月30日だったそうです。

なんと、図書館で公募を知り、賞品の図書カード10万円とパソコンに惹かれて、

応募締め切り当日に急いで書いたそうです。

こんな動機で、しかも時間がないのに書き上げたのですね!

多分、気持ちの赴くままに、素直に書き進めてと思われます。

わずか半日で原稿は11枚だったそうです。

「Dランドは遠い」という短編で、1024通の応募の中から「大賞」に選ばれました。

その後も応募し、なんと小5、小6と続けて大賞を獲得したのです。

『Dランドは遠い』は短編ながら、テーマパークに卒業前に親友と遊びに行きたいが、
お金がない少女の気持ちを、湿っぽくならずに描ききった秀作です。

スポンサーリンク

鈴木るりか(小説家)の小学校は?

2017年10月現在は、中学生です。

星美学園中学校(東京都北区)で、2年生です。

小学校は、

「北区立王子小学校」が検索でヒットします。

また、以下のようなのもあり入賞しております。

同性同名もありますので、別人かもしれませんが、情報が入り次第追記します。

スポンサーリンク

鈴木るりか(小説家)の両親は?

当然のことながら、お父さん・お母さんについても関心が集まりますが、

情報がありませんでした。

いずれ、彼女への関心が高まりますと、両親もお顔を出していただけると思います。

まとめ

いかがですか?

とんでもない天才小説家が生まれましたね!

この描写などは、とても叶いません!

今後の成長が頼もしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告