畑岡奈紗がプロ初優勝!40年ぶりの快挙!賞金は?両親や高校は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

10月1日、首位から出た畑岡奈紗、8バーディー、

1ボギーのベストスコア65で大会最多アンダーパーの通算20アンダーで制した。

2週連続Vで18歳261日での最年少メジャー2勝目、

通算3勝目。来季の米ツアー再挑戦を表明し、20年東京五輪金メダル獲得を目指すというのです。

40年ぶりの快挙に、ご両親も感激の涙を見せました。

高畑さんとはどんな方なのでしょうか?

賞金も気になるところです。

早速、迫ってみました。

興味ある記事は以下にもあります。

 

スポンサーリンク

畑岡奈紗のwiki風プロフ

◆ 名前:畑岡奈紗(はたおかりさ)

◆ 生年月日:1999年1月13日(18歳)

◆ 出身地:茨城県笠間市

◆ 血液型:A型

◆ 身長:158㎝

◆ 学歴:ルネサンス高(在学中)、翔洋学園高

◆ 職業:学生(プロゴルファー)

◆ 家族:父・仁一、母・博美さん、妹・利安さん、

◆ 趣味:映画鑑賞

◆ 所属:森ビル

◆ 契約:クラブ:ダンロップ、ボール:ダンロップ、ウェア:アンダーアーマー

名前の奈紗は、アメリカ航空宇宙局(NASA)に因み、

「前人未到のことをするように」との思いを込めて命名されたと言いますから

遠大な夢が込められているのですね!

環境も恵まれていたのです。

ゴルフ練習場に勤務する実母の影響で、奈紗も11歳でゴルフを始めたようで、

遊び場が練習場だったのですね!

所謂、英才教育でないところが異質なのかもしれません!

中学時代は陸上競技(200m走)で県大会入賞の経験を持つているようで、

足腰の堅城さは保証済みなのでしょう!

中学3年次にヒルズゴルフ・トミーアカデミー(中嶋常幸主催)に入門し、

腕をみがいたのですね!

2016年10月に烏山城カントリークラブで開催された日本女子オープンでは、

最終日に首位から4打差の5位でスタートし、

最終日に-4の68で回って逆転でプロツアー初優勝、メジャー初優勝を飾ったのです。

10月10日にプロに転向し、

11月11日開幕の伊藤園レディスゴルフトーナメントでプロ初参戦した。

米国女子ツアーファイナルQTに参戦し、

最終日(現地時間12月4日)に14位タイ(通算5アンダー)でフィニッシュし

日本人選手史上最年少の17歳で2017年度米国女子ツアー出場権を獲得した。

2017年は米国女子ツアーを主戦場としてプレー、日本へ戻った後、

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントで2日目、

最終日の2日間で大きくスコアを伸ばし、

13アンダー(3日間通算203)でプロ入り初優勝を果たした。

また畑岡はこの時点で18歳254日であり、

宮里藍が保持していた日本女子プロゴルフツアー最年少優勝記録の

18歳262日を更新するものでもあった。

スポンサーリンク

畑岡奈紗のツアー成績

最近の5試合のデーターです。

開催月       日 ツアー 大会名           順位  Score  Total

◆ 09/28-10/01 :国内女子 日本女子オープンゴルフ選手権競技  1   -20      268

◆ 09/22-09/24 :国内女子 ミヤギテレビ杯ダンロップ      1    -13         203

女子オープンゴルフトーナメント

 

◆ 09/07-09/09 :米国女子 インディ・ウィメン・               69 T  0    216

イン・テック選手権

 

◆ 08/31-09/03 :米国女子 キャンビア・ポートランド・                                 15T  -10     278

クラシック

 

◆ 08/18-08/20 :国内女子 CAT Ladies              18T     -2      217

(▲出典:http://www.alba.co.jp/tour/players/02017)

国内の賞金ランキングは、17位で¥42,376,000ですね!

日本女子オープンゴルフ選手権2017の賞金優勝賞金は、2800万円です。

スポンサーリンク

畑岡奈紗の40年ぶりの快挙は?

日本女子オープン最終日、首位から出た畑岡奈紗は

8バーディー、1ボギーの65で回り、通算20アンダーで大会2連覇を果たした。

大会連覇は1971年に4連覇、77年に2連覇した樋口久子以来40年ぶり、

史上2人目の快挙なのです。

18歳の畑岡が2位の申ジエ(韓国)に8打差をつける圧倒的な強さを見せつけた。

20アンダーは大会新記録で、ツアー史上初の2週連続V&メジャー大会連覇となったのです。

畑岡選手の言葉が、自信に満ちており、怪物ぶりを発揮したのです。

「ずっと20(アンダー)っていう数字を目標に、最後までやっていました。

ショットの安定感と、パターが凄く入ってくれたのでよかったです。

これからは私達の世ダウが日本を引っ張っていくべきだと思うので、

今日の優勝は凄く意味のある優勝だと思っております。」

と、充実がんを漂わせて話したのです。

私も、こんな言葉を一度でいいから、行ってみたいものです(笑)

今後が楽しみで、目を離せません!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

お父さんは

「(米国で不調だった)2、3か月前を思うとこんな日が来るとはまさか信じられない…。

よくやったなの一言」

と2週連続の男泣きしたそうです。

「1年で心も体も一回り大きくなった。

米ツアーでの経験がたくましくさせてくれたんだと思う」

と目を細めたのです。

40年ぶりに、“怪物”が現れましたね!

子供っぽさが残る畑岡さんです。

今後の活躍を期待しております。

◆ 畑岡奈紗のwiki風プロフ

◆ 畑岡奈紗のツアー成績

◆ 畑岡奈紗の40年ぶりの快挙は?

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ