清宮幸太郎のプロ野球球団はどこか?ホームランの出やすい球場がよい!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

9月22日、早稲田実・清宮幸太郎選手が、プロ志望届を提出しました。

その後、東京都国分寺市の早稲田実業高で、会見が行われたが、

報道陣の行列ができ、プロ野球のみならず、

国民的注目度が非常に大きい会見となりました。

プロ野球選手の理想像を聞かれて、

「早稲田実業の先輩である、王貞治さんのように、

868本のホームラン記録を超えるような選手になる。」

と、キッパリ行ったのでした。

王選手に到達するにはしかし、並大抵の努力では、到達できません。

そこで清宮選手の特徴と、ホームランの出やすい球場を比較し、

“ホームランの出やすい球場”を選ぶのもい一策であると思い調べて見ました。

早速、迫ってみました。

興味ある記事は以下にもあります。

乾貴士 海外の反応が驚愕!スペインでは高評価!年俸推移が気になる?の記事はコチラ

スポンサーリンク

清宮幸太郎のwiki風プロフ

◆ 名前:清宮幸太郎(きよみやこうたろう)

◆ 生年月日:1999年5月25日(18歳)

◆ 出身地:東京都新宿区

◆ 身長:186㎝

◆ 体重:105kg

◆ 学歴:早稲田実業学校高等学校

◆ 職業:高校野球選手(内野手、外野手、投手

◆ 家族:父、母、弟の4人家族

ラグビー選手として活躍した清宮克幸の長男として生まれる

2006年・全国高等学校野球選手権大会決勝・早稲田実業学校対駒大苫小牧高校戦を

見て、オール麻布で野球を始める。

早稲田実業初等部4年生からは硬式野球に転換、東京北砂リーグでプレーしました。

2012年・リトルリーグ世界選手権で投打で活躍、優勝に貢献し、

現地メディアでは和製ベーブ・ルースと報道された。

2015年(平成27年) – 早稲田実業学校高等部に進むと、

1年生ながらスラッガーとして期待され、

第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し本塁打を2本記録した。

2017 WBSC U-18ワールドカップ日本代表の主将を務めることが発表された。

スポンサーリンク

清宮幸太郎、野球関連の特徴?

清宮選手の本当の性格は真面目で努力家です。

テレビの取材でも高校入学前に

「メジャーでホームラン王を取りたい」と発言するなど、

「生意気だ」という意見もあるのは事実です。

その努力に裏打ちされた自信があるからこその、こうした発言なのでしょう。

「他の人より上手くなりたかったら、他の人より努力しなさい。」

これは清宮選手が幼いころからよくお母さんに言われていた言葉です。

「・言わずと知れた、高校通算本塁打記録111本

・守備は内野手。守備の面ではエラーも目立つところもあり、まだまだ荒削り

足は50m6.3秒と、思ったより俊足!

遠投は110m。」

立派なご両親と素晴らしい環境の中で育ち、有言実行を貫く清宮幸太郎選手、

将来は間違いなく大物になる器をもった選手ですね。

名球会の重鎮たちは、清宮の恵まれた素質について太鼓判を押す。

しかし、

【西東京大会での守備成績】

・清宮幸太郎 全6試合出場 失策数3

・早稲田実業 チーム全体失策数14

ファーストのポジション的にもこの3の数字は多いかと思いますね~といわれております。

プロのスカウトの発言は、

「塁間の打球を逆シングルで好捕するなど、

グラブさばきは柔らかい方だと思うけれど、真正面の打球をファンブルしたのは腰高で、

打球に頭から突っ込んでいるから。横のフットワークもまだまだ。

中学時代は1年の時に腰を疲労骨折して1年間を棒に振った。

その影響もあるのか、守備の基本ができていない。

今後、三塁の練習をすると聞いているが、三塁をやるなら打球への瞬時の反応、

バント守備、横や下からの送球など、これからやるべきことはたくさんある。

守備はやればやるほど上達するとはいうものの、それは取り組み方次第です」

との意見でした。

スポンサーリンク

清宮選手の両親は?

清宮選手のお父さんは清宮克幸さんといい、なんと元ラグビー日本代表選手だったのです。

克幸さんの選手時代の実績は素晴らしく、高校日本代表の主将を務め、

早稲田大学進学後は2年時には日本選手権優勝、

4年時には主将として全国大学選手権で優勝しました。

大学卒業後はサントリーに入社、ここでも中心選手として活躍し、

またまた主将!全国社会人選手権や日本選手権優勝を果たすなど、

素晴らしい実績の持ち主です。

それだけでなく、引退後は早稲田大学の監督としても3度の全国大学選手権優勝に導き、

その後サントリーやヤマハの監督にも就任し、それぞれマイクロソフトカップ、

日本選手権優勝に導いています。

まさにラグビー界の「寵児」ですね。

現在は、『ヤマハ発動機ジュピロ』の監督をしております。

また、清宮選手のお母さん・幸世さんも

慶応大学時代にゴルフ部の主将を務めるスポーツ選手でした。

ちなみに幸世さん、中学時代は野球部のマネージャーだったそうです。

清宮選手がラグビーでなく野球を選んだのはお母さんの影響もあったようです

運動神経は保証済みですね!

清宮幸太郎さんは2人兄弟で、弟さん・福太郎さんがいます。

“幸福”をそれぞれ名前にしたのですね(笑)

4つ下で今は中学生ですね!“東京リトルリーグ”の野球チームの所属しているそうです。

福太郎さんも活躍するのでしょうね!

楽しみですね!

清宮君の誤ったイメージを粉砕すると?

「打撃はすごいけど、足が遅いでしょ」という声がある。

「一塁到達タイム」というものがある。

実際に打席でバットを振った瞬間から、走りだして一塁を踏むまでの時間を計ったもの。

もちろん、一塁に近い左打者は右打者より速くなるが、

合格ラインは4秒3以内とされている。

3秒台に突入すれば、プロレベルでも俊足を売りにできる韋駄天(いだてん)になる。

清宮が計測したタイムを聞いて驚いた。4秒15!

大砲タイプの選手なら、十分な脚力といって差し支えないだろう。

「守りが不安」と言う噂!

守備を売りにする二遊間の選手はともかく、他のドラフト候補に見劣りする感はない。

某スカウトは、

「一塁守備も柔らかい」とグラブさばきを褒め「もちろん、高校生だから課題はあるけど

『足が遅い』、『守れない』という選手ではない」

と言うのです。

意見が分かれるかもしれないが、

別のスカウトは、足と守備をマイナス面に挙げた解説をした

プロ野球OBに対し

「言うのなら、しっかり試合を見てから言わないとダメだよ」と憤っていたそうです。

スポンサーリンク

ホームランの出やすい球場は?

2016年の本塁打が出やすい球場は、

1位が、明治神宮球場(ヤクルト)

<球場規模>両翼:97.5 m(10位)、中堅:120 m(10位)、フェンス:3.3 m(8位)

球場規模は両翼、中堅、フェンス高さのいずれも小さめとなっており、

結果2016年は本塁打がもっとも出やすい球場となった。

2位が、福岡ヤフオクドーム(ソフトバンク)

<球場規模>両翼:100 m(3位)、中堅:122 m(1位)、フェンス: 4.2m(6位)

中堅の深さはリーグ1位だが、2015年に新設したホームランテラスによって、

2014年からは本塁打が急増。

3位が、楽天Koboスタジアム宮城(楽天)

<球場規模>両翼:100.1 m(2位)、中堅:122 m(1位)、フェンス: 2.5 m(12位)

フェンスが12球団メイン球場のなかでは低く、

ライナー系の打球でも本塁打となりやすい傾向があるのかもしれない。

この3球団を選ぶと、本塁打数も数十本は違うのではないっでしょうか?

だから、ここの球団を選んだとは言えないが、

心の隅に置いておくことを薦めたいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

両親がスポーツマンで、遺伝子は十分引き継がれておりますね!

弟さんも、可能性が十分あります。

数年後が面白くなりますね!

目が離せませんよ!

◆ 清宮幸太郎のwiki風プロフ

◆ 清宮幸太郎、野球関連の特徴?

◆ 清宮選手の両親は?

◆ 清宮君の誤ったイメージを粉砕すると?

◆ ホームランの出やすい球場は?

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ