柴崎岳(サッカー日本代表)の年俸2017は?家族について!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

現地時間16日にリーガエスパニョーラ第4節の試合が行われ、

ヘタフェはホームにバルセロナを迎えて対戦。

この試合で先発出場を果たした柴崎岳が先制ゴールを決めたのです。

ロシア杯の日本代表として、大活躍が期待されております。

柴崎岳(サッカー日本代表)の年俸2017は?家族について!調べてみました。

関連記事は以下にもあります。

大迫勇也の最新のけがの状態が心配?嫁との年の差が話題に?の記事はコチラ

スポンサーリンク

柴崎岳のwiki風プロフ

◆ 名前:柴崎岳(しばざきがく)

◆ 愛称:王様ガク、ガク、魔術師、

◆ 生年月日:1992年5月28日(25歳)

◆ 出身地:青森県上北郡野辺地町

◆ 身長:175㎝

◆ 学歴:青森山田高校

◆ 職業:プロサッカー選手・日本代表

◆ ポジション:MF(ボランチ・攻撃的MF)

◆ 家族:父母と2兄。

◆ 所属:プリメーラ・ディビシオン・ヘタフェCF

地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献。

2009年、2年生の時には1学年先輩である椎名伸志とボランチを組み、

櫛引政敏らと共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝の成績を収めた。

大会後、高校2年生の時点で鹿島アントラーズと仮契約し、2011年1月19日に正式契約を交わした。

2009年11月にU-17日本代表として出場したFIFA U-17ワールドカップで背番号10を背負う。

2014年8月28日、キリンチャレンジカップの日本代表メンバーに選出された。

9月9日、ベネズエラ戦で日本代表デビューを果たし、代表初得点も決めた。

2017年8月24日、W杯最終予選に向けたメンバーに選出され、約2年ぶりの代表選出となった。

プロ経歴

2011年 – 2016年 日本・鹿島アントラーズ

2017年1月 – 同年6月 スペイン・CDテネリフェ

2017年7月 – スペイン・ヘタフェCF

スポンサーリンク

柴崎岳(サッカー日本代表)の年俸2017は?

柴崎岳さんは高校卒業後、鹿島アントラーズに入団して、

2011年〜2016年の5年間プレーしていましたが、

所属していた時の年俸はMAX5000万円でした。

2014年のテネリフェの年俸は340万ユーロだったようです。

26人所属しているとすれば、一人あたり平均13ユーロです。

(2017年8月時点で約1600万円)

1. 鹿島アントラーズ・・・年俸5000万円

2. スペイン2部:テネリフェ・・・年俸1600万円

3. スペイン1部 ヘタフェ・・・年俸1億円

プロサッカー選手としては、順調に年俸もアップしており、

今後は日本を引っ張っていく選手として期待されていますので、

数年後には彼の年俸がどのぐらいになっているのか楽しみですよね〜

スポンサーリンク

柴崎岳(サッカー日本代表)の家族につい

お父さんは、忠雄さんで59歳、お母さんは、美佐子さんで53歳です。

サッカー観戦がお好きのようで、息子さんは3人ともサッカーをやりました。

三人兄弟の三番目です。お兄さんは二人ともサッカーをしていいて、

幼い頃から揉まれていたようです。

お兄さんは、9歳上です。インサイドキック、インステップキック、トラック

などの基本的技術を教えてもらったそうです。

次兄(航さん)は、3歳上で、お兄さんのしごきを一緒に受けていたようです。

お兄さんたちは、青森県内のサッカーチームの指導者をされているようです。

スポンサーリンク

まとめ

一流選手になるには、何か恵まれたポイントがあるとすれば、

柴崎選手には、お父さん・お兄さんの指導と、恵まれた京土井という事になりそうです。

お父さんの言葉が意味深です。

「岳は、兄二人にもまれる三男坊だったからこそ、大舞台で力を出し切れる。」

ロシア杯の活躍が今からワクワクします。応援しましょう!

◆ 柴崎岳のwiki風プロフ

◆ 柴崎岳(サッカー日本代表)の年俸2017は?

◆ 柴崎岳(サッカー日本代表)の家族につい

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ