北朝鮮とロシアの危ない関係とは?金正恩委員長はロシアを信用していない?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

アメリカのサンダース報道官は、

「ロシア・中国を含め、すべての国が北朝鮮の脅威への対応を強化すべき!」

と述べ、利子啞・中国を名指しで注文付けたのです。

一方、プーチン大統領は、

「朝鮮半島問題は、制裁と圧力だけで解決はできない!

感情に任せて北朝鮮を追い詰めてはいけません!」

と否定的見解を示したのです。

北朝鮮に対話路線を強調するロシアの狙いは何なのでしょうか?

早速、迫ってみました速。

関連記事は以下にあります。

北朝鮮の核実験は過去最大の水素爆弾だった!?原爆と水爆の相違は?その脅威とは?の記事はコチラ

北朝鮮戦争秒読みの2017年9月・最新!グアムにミサイル4発発射予告!真の危機が近い?の記事はコチラ

北朝鮮ミサイル発射!日本上空通過!初Jアラートのトラブル多発?の記事はコチラ

辺 真一:コリア・レポート編集長
中村逸郎:筑波大学教授
田崎史郎氏:時事通信社特別解説委員

スポンサーリンク

韓国とロシアの会談は?

昨日(9月6日)韓国・ロシア首脳会談が行われて、

文在寅大統領が北朝鮮への原油供給の中止を要請したが、

プーチン大統領は以下のように発言したのです、

「感情的になり、北朝鮮を窮地に追い詰めてはならない。

朝鮮半島の問題を制裁と圧力だけで解決するのは不可能だ。

北朝鮮はいくら圧迫しても核を放棄しない。

原油の輸出中止が病院など民間に対する被害を与えることを懸念している。」

と否定的に“感情的になるな”と話したのです。

「問題は、誰が北朝鮮と対話が出来るかなのです。

プーチン大統領は、対話できるのは自分だけだと言いたいのです。」(中村氏)

「文大統領は、対話路線を推進していたのですが、

ここに来て圧力を掛ける方向に転換しましたが、

これは、このままではトランプ大統領が軍事攻撃をしかねない?

そうすると韓国が一番被害を被ると言う危機感を抱いたためではないか?」(辺氏)

「日本も同様で、軍事攻撃が行われれば被害は甚大なので、

どうしても軍事行動は避けなければならないと安部首相は考えているのです。」(辺氏)

「中国に対してはアメリカが、ロシアについては日本(安倍首相)が担当する。

昨日は、米韓が電話会談して、日米韓の意思統一は完成したのです。」(田崎氏)

「北朝鮮に経済制裁を極度に行うと、民衆が困窮し、ロシアが食糧を供給するようになる。

これはシリアで実行中なのです」(中村氏)

「北朝鮮を追い詰めるとロシアの出番が来ると読んでいるのです」(中村氏)

中国と米国は?

9月5日電話会談をし、

「非常に率直な会談だった。アメリカは北朝鮮で起こっていることに我慢が出来ない。

中國も100%同じ意見だろう中国は何とかしたいと考えている。

それが出来るかどうかそのうち分かるだろう」

とトランプ大統領は中國の協力に期待を示したのです。

これに対して、中国は、

「習主席はトランプ大統領に対し対話によって平和的解決を

目指す姿勢を改めて強調した」

と報じたのです。

9月7日には、日ロ首脳会談が行われますが、

「北朝鮮への制裁を巡りロシアは“漁夫の利”を狙っているのではないか?」(中村氏)

安部首相とプーチン大統領の首脳会談は?

安部首相は、出発前に

「北朝鮮に現在の政策を変えさせなければなりません。

そのためにも日ロであるいは国際社会で連携していく」

と意気込みを語っておりました。

ロシアを如何に日米に引き寄せられるかが重要で、

アメリカとロシアを繋げることが出来るのは安倍首相だけなのです。」(田崎氏)

プーチン大統領と安部首相が会談するのは19回目になります。

「2014年ぐらいからより緊密になり、

ファーストネーム(シンゾウ・ウラジーミル)で呼び合うようになったのです。」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アメリカとロシアの関係悪化は?

◆ (米)7月25日:ロシアゲート疑惑を受けて対ロ制裁強化法案可決

◆ (ロシア)7月28日:ロシア国内米外交官トスタッフ計755人を退去要請し退去した。

◆ (米)8月31日:サンフランシスコのロシア総領事館とワシントンヤニューヨクの

ロシア公館を閉鎖要請し閉鎖した。

このように米ロ関係は良くないので、アメリカはロシアとの交渉を

安部首相に手折らざるを得ないのです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

「外交関係の経験がないトランプ大統領は、安倍首相を頼っている。

歴代首相を見ても極めてまれなことなのです。」(田崎氏)

プーチン大統領がBRICS首脳会議んため中国・アモイ滞在中に

電話会談をしたのですが、

「盗聴の恐れがあり第三国で電話会談をするのは、異例で、

それだけ安部首相とプーチン大統領は信頼関係が強いのです。

中国に聞かせるためかもしれないのです」(田崎氏)

追加制裁の話に触れようとすると「対話を追求しなければならない」と渇いたと、

各新聞は伝えたのです。

「仲は良くても、プーチンは“ロシアファースト”で計算高い男なのです。

緊張が高まり、自分の出番を待っているのです。」(中村氏)

「中国と北朝鮮の関係は悪いのですが、北朝鮮とロシアの関係は、

中朝ほどではないが“圧力は良くない”と言うロシアに対しては

悪くは思っていないのです。」

「プーチンにとっては日本と北朝鮮のどちらが大切かより、

北朝鮮を“外交カード”として目いっぱい使いたいのが本音でしょう!」(中村氏)

「9月9日が近づき、もし北朝鮮が核実験でもしたら、

アメリカは何か行動を起こすのではないかと文大統領は一番恐れているのです。」(辺氏)

スポンサーリンク

プーチン大統領の思惑は?

9月5日には、

「“圧力”に反対し“対話”での解決を求める」と話したのです。

国連が“制裁”を強める中ロシアと北朝鮮との経済的な結びつきを強めているのです。

プーチン大統領は何を狙っているか?

① 朝鮮半島におけるアメリカの影響力の低下

◆ ロシアは“米韓合同軍事演習を止めてほしい”

◆ 韓国へのTHAAD配備の反対

ネペンシア国連大使(ロシア)は(8月29日)、

「北朝鮮の核・ミサイル開発、アメリカ・韓国の合同軍事演習同時停止(ダブルフリーズ)。」

を訴えたのです。

「ロシアとしては、北朝鮮問題を利用して、アメリカ・韓国の合同軍事演習と

THAAD配備を止めさせたいのです」(中村氏)

とはいっても、北朝鮮から依頼されたことでもないので、

北朝鮮がこの案で了承する保証はどこにもないのが問題なのです。

北朝鮮は国連安保理違反ですが、合同軍事演習やTTHAAD配備は、

何の法律違反や決議違反でもないことで、

これを天秤にかけている中国・ロシアに主張は自国の利益の追求でしかないのです。

「中国・ロシアが国連の制裁決議に賛成した!この時点で両国は信用できず、

アメリカのカカシだと非難しているのです。言うことを聞くはずもないのです。」(辺氏)

② ロシアに対する制裁の解除が狙いではないか?

欧米のロシアに対する主な制裁は、ウクライナ問題・クリミア併合などに対し、

◆ 関係する人物・団体らの資産凍結

◆ エネルギー企業などの金融取引を制限

◆ 資源化愛発で対ロ技術協力の禁止

◆ 神姫の武器売買の禁止

などであり、

「欧米による経済制裁でロシア経済はかなりダメージを受けているのです。」(中村氏)

そこで、ロシアの北朝鮮に対する影響力を強め、再び北朝鮮の挑発(ミサイル発射・核実験)

その時、ロシアの存在が高まっていれば、ロシアが北朝鮮を説得する見返りに、

ロシアに対する制裁解除求めたいのが本音なのです。

「ロシアからしてみたら、北朝鮮が暴れてくれた方が、

その分の大きい見返りがもらえると考えているのでは・・・」(中村氏)

ロシアでは来年3月に選挙があり、経済は疲弊しているので、

苦しい戦いが強いられるのです。

その前になんとか点数を稼ぎたいのです。

日ロ首脳会談の行方は?

「安部首相とプーチン大統領は仲がいいとしても、アメリカ主導に葉協調できない。

難しいに日露首脳会談になるのではないか」(中村氏)

「安倍首相はプーチンの交渉の仕方を熟知している。

今回も反応を見ながら、何かを引き出せるのではないか?」(田崎氏)

目が離せませんね!

<h2>日ロ首脳会談の結果(9月8日追記)</h2>

ロシア・ウラジオストクを訪問中の安倍晋三首相は7日、

ロシアのプーチン大統領と首脳会談は約3時間20分間行われた。

終了後の2人による共同記者発表で、プーチン氏は北朝鮮の挑発行動について

「国際的にもこの地域にも、平和と安全に大きな脅威を与えている」

と非難した。そのうえで

「核問題をはじめ、朝鮮半島の情勢を解決するためには政治的、外交的な手段しかない。まずは対話を続けなければならない」

と強調。

「ロシアと中国のロードマップがそのために良い基盤になる」と続けた。

北朝鮮の核・ミサイル開発の停止と同時に、米韓に対しても軍事演習の停止を求めた形だ。

続いて安倍首相は

「核実験が地域の平和と安定に対する深刻な脅威であり、

グローバルな不拡散体制に対する重大な挑戦であるとの認識で完全に一致した」

と語り、国連安全保障理事会での日ロの緊密な連携を確認したと説明。

「北朝鮮を最も強い言葉で非難する。このような道を進んで行けば明るい未来はないことを

分からせて政策を変えさせる必要がある」と指摘したが、

制裁に関する会談での詳しいやりとりは明かさなかった。

まとめ

いかがでしたか?

ロシアの思惑が見えてきましたね!

今日の安部首相との会談が気にかかります。

 

◆ 韓国とロシアの会談は?

◆ 中国と米国は?

◆ 安部首相とプーチン大統領の首脳会談は?

◆ アメリカとロシアの関係悪化は?

◆ プーチン大統領の思惑は?

◆ プーチン大統領は何を狙っているか?

◆ 日ロ首脳会談の行方は?

◆ 日ロ首脳会談の結果(9月8日追記)

 

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ