北朝鮮 ミサイル発射!初Jアラート発令!取るべき行動は?どうすればいいか?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

日本政府は8月29日午前6時すぎ、

北朝鮮からミサイルが発射された模様と全国瞬時警報システム(Jアラート)で速報した。

NHKの放送によると、菅義偉官房長官は緊急の記者会見を開き、

「午前5時58分ごろ、北朝鮮西岸より一発の弾道ミサイルが北東方向に向けて発射されました。

午前6時6分ごろに北海道・襟裳岬上空を通過しました。

午前6時12分ごろ、襟裳岬の東1180キロの太平洋上に落下したと推定されます」

と記者会見で話した。

その上で

「今回発射された弾道ミサイルは我が国の上空を通過したと見られ

我が国の安全保障にとって重大な脅威である」

と警告した。

通勤の時間帯で列車お遅れも発生しております。

全国瞬時警報システム(Jアラート)の初発令です。

Jアラートは北海道、東北、北陸地方に初発令しました。

私達はどう行動すればいいか(?)まとめました。

関連記事は如何にもあります。

北朝鮮がグアムへのミサイル発射計画を中止!最も恐れるのはB1爆撃機だ!の記事はコチラ

北朝鮮のICBMエンジンはウクライナ製!大統領が調査指示!【北朝鮮戦争秒読み】の記事はコチラ

北朝鮮戦争秒読みの2017年9月・最新!グアムにミサイル4発発射予告!真の危機が近い?の記事はコチラ

北朝鮮のミサイル発射

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が、日本時間の29日午前5時57分ごろ、

首都ピョンヤンのスナン(順安)付近から、日本海に向けて、

弾道ミサイルを発射したと発表しました。

合同参謀本部によりますと、ミサイルは1発で最大高度は550キロ余りに達し、

2700キロ余り飛行して、太平洋上に落下したということで

韓国軍とアメリカ軍で詳しい分析を進めています。

弾道ミサイルの発射を受けて、韓国大統領府は、

29日午前7時からNSC=国家安全保障会議を開き、

今後の対応について協議すると発表しました。

北朝鮮は、今月26日、東部カンウォン(江原)道のキッテリョン(旗対嶺)付近から、

短距離弾道ミサイル3発を発射し2発目は発射直後に爆発したものの、

1発目と3発目はおよそ250キロ飛行し、

北朝鮮北東部のハムギョン(咸鏡)北道キムチェク(金策)の沖合に落下しました。

また、先月には2回、弾道ミサイルを発射し、

ICBM=大陸間弾道ミサイルの「火星14型」の発射実験に成功したと発表しました。

新情報では、日本海上空で3つに分解したと発表されました。

このことは“失敗”の可能性もありますが、正確には今後の分析によります。

Jアラート初発令!

「Jアラート」は消防庁が展開している「全国瞬時警報システム」の通称です。

Jアラートが発令された場合、地方自治体による行政無線や

サイレン、テレビやラジオなどで伝達が行なわれます。

携帯電話については、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの大手キャリアについては、

エリアメールや緊急速報メールなどの形で、Jアラートが配信されます。

この制度が始まった、2014年以降の機種であれば、初期設定のままで受信できます。

なお、設定が不安な人や、格安スマホなどを利用していて緊急速報メールなどが

受信できない場合は、「Yahoo! 防災速報」などの防災アプリを

インストールすることでJアラートが受信できます。

スポンサーリンク

Jアラ-ト発令の時間経過は?

<黒字:北朝鮮のミサイルの動き、赤字:テレビで伝えられた情報

① 北朝鮮がミサイル発射:        午前・5時58分

② Jアラ-ト発令:           午前・6時2分

③ ミサイルが北海道地方から太平洋へ通過:午前・6時7分ごろ

④ ミサイルが約1180km地点に落下:     午前・6時12分ごろ

➄ 「対象地域上空をミサイルが通過」:  午前・6時14分ごろ

⑥ 「北海道地方から太平洋へ通過」:            午前・6時19分ごろ 

⑦ 「襟裳岬の東約1180km地点に落下か」:  午前・6時33分ごろ 

発射から落下するまでに時間は、わずか14分しかありません!

Jアラート発令から通過するまでは、5分足らずです。

速やかな行動が求められます。

行ってみれば、”とっさの行動”という事になりますね!

考えてゐる暇はないのです。普段から身構えていることが大切です。

自分の行動半径の中ではどうするか、自らシミュレーションしておきましょう!

 

スポンサーリンク

Jアラートに取るべき行動は?どう対処する?

① 速やかな避難行動と

② 正確かつ迅速な情報収集が必要

なことは大前提ですが、

公開された情報では、Jアラートが流れた際には、

次のように行動することが推奨されています。

【屋外にいる場合】

近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する。

近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

自動車内では燃料に引火するおそれがあるので屋外と同じ行動をとるよう指示されている。

【ミサイルが着弾または落下物発見した場合】

屋外であれば口と鼻をハンカチで覆いながら、

現場から離れ、密閉性の高い屋内の部屋か風上に避難し、

屋内にいる場合は、換気扇を止めて窓を閉めるなどの行動が示されている。

落下物には、一切触れることなく、その場を去り、即座に関係先に通報すること。

まとめ

現段階では、緊急にとるべきことはないので、

「普通の生活」を送るようにとの政府の説明です。

時間が数分しかありませんので、大変急ぐ必要があります。

注意を怠らないようにいたしましょう!

◆ 北朝鮮のミサイル発射

◆ Jアラート初発令!

◆ Jアラートに取るべき行動は?どう対処する?

についてまとめました。

<随時追加します。>

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告