林芳正の文部科学大臣入閣の思惑は?サプライズ人事の効果と狙いは?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

今回の改造内閣は、「反省アッピール内閣」「仕事師内閣」「リセット内閣」

などと表現されておりますが、ここまで支持率の低下を招き、

何とか挽回指定ところです。

そのためには、安倍内閣と距離を置く人物の起用が望まれていたのです。

ソ連相当する人物が、河野太郎・橋本聖子・林芳正の3氏が入閣しました。

その意義について評価する方が多いのです。

何故なのか?

早速、迫ってみました。

河野太郎の外務大臣入閣の思惑は?サプライズ人事の効果と狙いは?の記事はコチラ

橋本聖子の総務大臣入閣の思惑は?サプライズ人事の効果と狙いは?の記事はコチラ

林 芳正氏起用の狙いは?

 

林氏は防衛相、経済財政相などを歴任。

15年2月には「政治とカネ」の問題で辞任した前職に代わり農水相として再登板し、

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への対応にあたったのでした。

山口県出身でお父さんの時代から・選挙区では安倍総理とで争って、

下関市長選挙では、お互いが敵として代理戦争を争い安部首相側が勝利したのです。

アナリストは、

「総理とすれば、林氏の“お手並み拝見”もあるのではないか?」

「安倍総理は、ライバル関係よりも実力重視したのではないか?」

「できれば使いたくなかったのですが、その余裕はないのです。」

との意見があるのです。

敵を取り込み、自分の幅の広さを示さないと政権が危うくなっていることの

証明でもあるのです。

林 芳正のwiki風プロフ

◆ 名前:林 芳正(はやし よしまさ)

◆ 生年月日:1961年1月19日(56歳)

◆ 出身地:東京都
,
◆ 学歴:東京大学法学部卒業, ハーバード大学ケネディスクール修了

◆ 職業:衆議院議員

◆ 所属政党:自由民主党

参議院外交防衛委員長、防衛大臣(第5代)、

参議院政府開発援助等に関する特別委員長、

同環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員長、

同環境委員長、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、

農林水産大臣(第55代・第58代)などを歴任した。

1969年、父・義郎が第32回衆議院議員総選挙に旧山口1区から出馬するのに伴い、

一家で山口県下関市へ転居しております。

まとめ

◆ 林 芳正氏起用の狙いは?

◆ 林 芳正のwiki風プロフ

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告