金子めぐみ議員公用車で保育園・母親送迎!公私混同の政務官の実態は?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


犬も歩けば棒に当たる、目下、犬も歩けば「魔の2回生議員」にあたる!

とはよく言ったものです。安倍政権の魔の2回生議員が不祥事の連続で、

さぞかし安倍総裁も頭を悩ませていることでしょう!

加えて、支持率低下、都議選惨敗が待っております。

今回は、妻の出産時に不倫し、辞職し主夫に専念しているようですが、

今度は魔の2回生の一人である男性の妻・金子めぐみ議員の不祥事が明るみに出ました。

彼女も当選2回目で、「魔の2回生夫婦」という事になります。

早速、迫ってみました。

宮崎謙介議員の不倫疑惑 週刊文春では宮沢磨由だった!国会でも質問!の記事はコチラ

宮崎謙介 二股議員の不倫相手はタレントだ!宮沢磨由と鈴木あみ、本命は??の記事はコチラ

スポンサーリンク

金子めぐみのwiki風プロフ

◆ 名前:金子めぐみ(かねこめぐみ)

◆ 生年月日:1978年2月27日(39歳)

◆ 出身地:新潟県西蒲原郡月潟村

◆ 血液型:O[型

◆ 学歴:早稲田大学第一文学部

◆ 職業:政治家(自由民主党(二階派))

◆ 当選回数:2回

◆ 家族:夫・宮崎謙介

新潟県出身で、2003年には「ミス日本関東代表」されるほどの美貌の持ち主です。

2014年に2度目の当選を果たします。

2015年に妻が出産入院中に「不倫」が発覚し議員辞職した宮崎謙介と結婚しました。

ダメ夫を見放さず、やり直す道を選び『健気な妻』としてテレビに出演するようにもなったのです。

さかんに、「良妻賢母」をアッピールしていたのです。

スポンサーリンク

公用車私的利用の実態は?

6月19日の朝9時30分!

永田町の衆議院第二議員会館の敷地内の駐車スペース!

黒塗りの日産「フーガ」、後部座席から華やかな女性が降り、小さな男児を車から降ろし、

一瞬、屋内に姿を消した!

先の男児はもういない!彼女は再乗車して、霞が関へと仕事に向かったのです。

その女性は、金子恵美総務大臣政務官だったのです。

なんでもない光景に見えますが、

車は「公用車」で、「屋内」は「保育園」、男児は「息子」さんだったのです。

すなわち、金子氏は公用車で自分の息子を保育園に送っていたのです。

金子氏は5月から、現在、1歳4ヶ月になる長男を「国会保育園」と呼ばれる

議員会館内の「キッズスクウェア永田町」という東京都の認証保育園に通わせているのです。

政務官の特権(公用車は政務三役などの用心にあてがわれる)を利用して、

子供を保育園通園に利用していることが画バレたらまずいと噂になっていたそうです。

保育園絵の送りだけではなく迎えも公用車であり、それが「常態化」しているのです。

6月9日には、母親を公用車で八重洲口まで送ったのです。母親を託し替わりに利用していたのです。

金子氏と総務省の言い分は?

金子氏の言い分は、

「公私混同には気を付けておりますが、総務省の秘書官が、“どうぞ”と言われて送迎をしました。」

と言うのですが、確認したところ、

「公用車の使用は公務に限定しておりますので、子供の送迎はあり得ないことです。

家族を載せることもダメです。そんな人はいないと思います。」

とのことですが、

「運転手の日報には記載されておらず、詳細は把握していない。」

とも言っているのです。

んあんとも、ずさんな管理であることは明々白々ですよね!

まとめ

税金の使い道の問題にも発展しかねない問題です。

このように、公私混同がまかり通る現状は嘆かわしい限りです。

一党独裁の傲りとしか言いようがありません!

正す機関がない?正す人がいない?正す政党もないのは

国民として税金を納めるのが嫌になりますよね!

“正義”を取り戻してほしいものです!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ