家計学園問題の“主犯”は萩生田副長官だ!嘘つきが判明!文科省と官邸の確執について!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

安倍政権の世論調査が出てかなり厳しい結果となり、

10ポイントも下がり50%を支持が下回ってしまいました。

家計学園問題は、決定が“公正”“公平”であることが問われておりますが国民の疑念は

晴れていないことが大きく影響していることは間違いないのです。

そんな折に、文科省は新たな文章を公開したのです。

新たな文書が判明し、松野大臣と義家副大臣が謝罪したことを明かしたのです。

何故文科省は謝罪に転じたのでしょうか?

新たの公開された資料の重さは、これがもし真実だとしたら政権がひっくり返る

程もものであり、その重さを松野大臣は理解していなかったのではないかとも言われております。

なぜこのタイミングで新たな文書が出たのでしょうか?

キーマンは萩生田副長官なのか?

文書の中身と公開の背景に追った!

家計学園疑惑 最新情報 獣医学部建設は今治市・県の宿願だった!有識者の語る真実は?の記事はコチラ

加https://miketonpei.net/archives/14351計学園問題・前川前事務次官の反撃をわかりやすく!国民の公僕(官僚)の人気と限界は?の記事はコチラ

新文書に官邸は?

昨年11月9日に国家戦略特区諮問会議(議長:安部首相)が開かれて、

「広域的に獣医学部が存在しない地域に限り新設を可能」とする規制緩和が決まり、

京都府・京産大が新設を断念したのですが、“公平”“公正”に行われたのかが

問題視されております。

特区事業者に今年1月に家計学園に決まりましたが、国会で連日議論が行われました。

“総理のご意向”の文書が“怪文書”とされましたが存在が明らかになりました。

さらに、国会閉会を追いかけるように、新文書が明るみに出たのです。

この時期に新文書が出ることに官邸は

「国会警戒で火消しを狙ったはずなのにこのタイミングで新たな文書が出てきたので

いらだっているのでは・・・」

「官邸は“新文書”にあきれ返っている」

と政治アナリストは話すのです。

官邸機能、政権全般の機能が混乱状態になっているのではないかと思われるのです。

文科省は、隠蔽できないので出してしまった!と言うのが正直なところのようです。

慌てて出したように思えるのです。

スポンサーリンク

怪文書の確認は?

怪文書確認の時系列は、

◆6月9日:文科省が再調査を発表

「首相からは徹底した調査を速やかに実施するよう指示があった。」

◆5月15日:文科省が15文書を確認を発表

「総理の意向」などは内閣府の職員がこの種の発言があったと職員が考えていると表明した。

◆6月16日:内閣府が8文書の確認を発表した。

「総理の意向」一切言っていないこと確認した。

◆6月18日:国会閉会

◆6月20日:文科省が新たな文書公開。

スポンサーリンク

萩生田副長官と常盤局長の会談?

今回の新文書は、「萩生田官房副長官と常盤高等教育局長の会談?」内容をメモした文書で、

課長補佐が作成したものです。(昨年10月21日)

これを共有ホルダーに保管されていたのです。

管理者の許可がないと見ることが出来ません。

松野文部大臣は、

「報道と同一内容の文書が専門教育課の共有ホルダーに確認されました、

担当者が個人的に持っている情報を踏まえて作成した

個人のメモ萩生田副長官の発言ではない内容が含まれているとの報告を受けています。」

と発表したのです。

これは、内容を精査しないまま出したのか?

会見のやり取りだから、副長官以外の発言も含まれるのは当然。

との意見もあります。

<10/21萩生田副長官ご発言概要>

問題個所は、

○「農水省が了解しているのに、文科省だけが怖気ついている。

何が問題なのかよく整理して聞いてほしい、と言われた。

官邸は絶対やると言っている。」

○「総理は「平成30年4月開学」と尻を切っていた。公器は24ヶ月でやる。

今年11月には方針を決めたいとのことだった。」

○何が問題なのか、書き出してほしい。そのうえで、渡邊「家計学園事務局長を浅野課長のところへ行かせる。

〇農水省が獣医師会押さえないとね。

話を聞いた局長が記録させたので、「ただ、そこは自信がありそうだった」などの表現があるのです。

“概要”が趣旨で全てではないのです。

これに対して、萩生田副長官は

「いわゆる家計学園に関連して、私は総理からいかなる指示も受けたことはありません。」

「具体的に総理から開学時期及び工期などについて指示があったとは聞いておりませんし、私の方から文科省に対して指示しておりません。」

「家計学園の便宜を図るために具体的に調整を行うとか、指示を出すことはあり得ません。」

「私も秘書も渡邊事務局長と言う方と本件や他の件でやり取りしたことはございません。お名前も存じ上げておりません。」

と全否定したのです。

しかし、“全面的に言っていない”と言うことはないはずです。

“言わなかったことを記録に残すはずもないのです。

◆ 局長が副長官に説明したこと
◆ 副長官の発言
◆ 記録した本人が周辺情報として持っているもの

を明確にしなければならないのです。

これまでの一連の言動は

“あるものをない”

“怪文書だ”

と言って政権側が隠してきたので、

“どっちが正しいことを言っているかは、国民は判断できるはず”

だから、出せるものは全部出した方がいいのです。

国家戦略特区自体は間違っていないのに、文書が出ると「それは違う」と隠そうとするから、

国民は「なぜ?」と思い、何カヲ隠していると勘ぐってしまうのです。

官房副長官の行動が記録に残っていないはずはないのです。(隠しているのです)

局長にも秘書官がいて行動は記録されえいるはずなのです。

「いつか」「どこか」もわからないはずもないのです。(裏は取ることは可能なのです)

 

「課長補佐の方が、萩生田さんの言ってもいないことを文書として残すことは

大変なことで、あり得ないと思われるのです。」

 

 

「局長が上部や外部の公表する場合は確認しますが、

内部だけのものであればいちいち確認はしていない可能性があるのです。」

スポンサーリンク

何故文科省からリークなのか?

国会は6月18日の閉会し、自民党か民進党の閉会中審査申し入れを拒否しております。

「これまでの内閣府の行動に対して文科省職員は怒りを覚えているのです。」

これは、去年の11月1日の内閣府から文科省へのメールが問題なのです。

<メールの内容は>

「添付PDFの文案で治すように指示がありました。指示は(藤原審議官曰く)

官邸の萩生田官房副長官からあったようです。」

「現在、(広域的に)獣医師系養成大学の(存在し)ない地域に(限り)おいて獣医学部の

新設を可能とするため、関係制度の改定を直ちに行う。」

のように、3つの言葉を赤字に修正されたのです。

これによって事実上京産大が排除されて、家計学園だけが応募資格を持つようになったのです。

これは萩生田審議官から藤原審議官から指示を受け、部下の職員から文科省に出されたのです。

しかし、内閣府の山本大臣は、「“広域的に“”限る“という事は私の指示だ」と言ったのです。

祖言うことで、文科省と内閣府との意見の食い違いが生じたのです。

このような指示を出したのであれば、必ず記録があるはずなのです。

ほとんど信用できないことなのです。

山本大臣は、メールの当事者を“スパイまがいに”非難しましたが、

「言い過ぎだった反省している」

と謝罪したのです。

このことで、山本大臣の言動は信用されなくなってしまったのです。

文科省も内閣府も、徹底的に調査をして突き合わせて国民に伝える義務があるのです。

第三者が調査することが賢明であるのです。

京都産業大学と言う強力なライバルが現れてきたところから、

内閣府が慌てて急がせたように見えて、国民からすると“不公平”に見えて来るのです。

ここのところを、“公平”“公正”であったかが知りたいのです。

文科省の職員は?

現役文科省職員は、

 

「文科省の課長補佐が、<萩生田副長官のご発言概要>と言うタイトルで言われても

聞いてもいないことを記載して局内に共有することなんてあるわけない、

そんなウソが本当だとしたら、どれだけ無能なんですか?わが省の職員は!」

 

 

と怒っているのです。

文科省では、この問題は文科省に押し付け、さらに下部職員に押し付けているのです。

このことは、キチント調査して処理しないと、

「文科省の職員は上層部に対しても怒りを覚えており、

さらに反発の声が上がる可能性もあるのだ!」

と元文科省官僚は話すのです。

今回は、萩生田副長官の問題が立て続けに出ているが、

それに何かがあるのかもと、考える必要があるかもしれないのです。

こんな情報もあるのです。

「萩生田さんは、1月の文科省天下り問題の時の人事局長だったのです。

かなり厳しく処分したのです。人事局長として恨みを買っている可能性もあるのです。」

文書を巡る官邸の対応は?

◆20日午前11時過ぎ:松野文部大臣

「萩生田副長官の発言概要に関する文書の同一の文書が、

専門教育課の共有フォルダにかくにんされました。

萩生田副長官の発言でないものも一部含まれていた。」

◆20日午前11時半:萩生田副長官

「新文書の公表を受け、官邸だに記者対応が設定されていたのですが急きょ取りやめになった。」

◆20日午後1時過ぎ:はぎおだふくちょうかんの否定コメント配布

「今回の文書については、文科相の一担当者が内閣府など関係省庁や省内の

様々な人々から聞いた電文など不確かな情報を混在させて作った個人メモであり、(省略)

著しく正確性を描いたものであるの説明とお詫びが文科省からありました。」

◆20日午\ゴゴ4時半過ぎ:松野文部大臣

「メモの内容は正確性の面において著しく欠いていた。副長官はじめ障害の皆さんにご迷惑をおかけしました。」

◆20日午後5時過ぎ:義家文科副大臣 萩生田副長官に謝罪

「一部で萩生田副長官の名前をだしてことにあたる傾向があったのではないかと。

ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げたところです」

今後は、萩生田副長官の名前が出てきても全部このような答えになるとすれば、

おかしな話なのです。

現場とは真逆の言動という事になります。

副大臣まで発言したのは、どこかから圧量を感ぜざるを得ない状況なのです。

スポンサーリンク

萩生田副長官のプロフ

◆ 名前:萩生田光一(はぎうだこういち)

◆ 生年月日:1963年8月31日(53歳)

◆ 出身地:東京都八王子市

◆ 学歴:明治大学商学部

◆ 職業:衆議院議員(東京24区・当選4回)

◆ 所属政党:自由民主党

安倍晋三総裁の下で自由民主党副幹事長及び総裁特別補佐に起用される

2015年10月7日、第3次安倍第1次改造内閣で内閣官房副長官に任命された

自民党総裁特別補佐だった2013年、2014年、2015年と首相安倍晋三の代理人として靖国神社に玉串料を奉納

2014年10月11日、統一協会(統一教会)が主催するイベント「祝福原理大復興会」に来賓出席していた。

活動域が幅広く、安部首相の信頼を一身に勝っている人物のようです。

現在も家計学園関連の講師を務めているそうです。

まとめ

総理が、国会閉会後の会見で、

「特区を巡る調査では、対応が二転三転し、

国民に政府の不信を招いたことは率直に認めなけらばならない。

新たな指摘があれば国民に信頼が得られるよう、冷静に、

一つ一つ丁寧に説明責任を果たす努力を積み重ねていく。」

と明言し約束したのです。

先ず。説明をしていただいて徹底的に調査をしていただく必要があるのです。

そうでないと、いつまでたっても治らないのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告