内田春菊は、漫画家で子供の名前が奇異だ!俳句のセンスはいかに?「プレバト才能ランキング」

内田春菊

多彩な能力を持つ”内田春菊”の
俳句の実力はいかに?

「プレバト才能ランキング」に
初登場して、あの毒舌先生(夏井いつき)の

辛口評価はいかに!「プレバト才能ランキング」に
初登場して、あの毒舌先生(夏井いつき)の

辛口評価はいかに!

ちょっとその前に、奇異な現象があるので、
以下に少々付記します。

それは、内田春菊の子供の名前が得意なのです。

長男―在波(あるは)
長女―紅多(べえた)
次女―紅甘(ぐあま)
次男―出誕(でるた)

未知を意味するの名前”α”から始まり
”β””γ””δ”と命名されているのです。

考え付かないような名前で発想がすごいですね!

人物を調べると

内田 春菊(1959年8月7日 – )は、
日本の漫画家、小説家、エッセイスト、女優。

本名は内田 滋子。ノックアウト所属。
落語立川流の門下でもあり、高座名「立川於春の方」を持つ。

1993年に発表した「ファザーファッカー」が
ベストセラーとなり直木賞の候補作品となりました。

また、1994年には「私たちは繁殖している」
「ファザーファッカー」がドゥマゴ文学賞を受賞。
作家として成功を収めました。

累計発行部数100万分以上の
ベストセラー作家なのです。

4度目のドラマ化 漫画誌に残る名作!
「南君の恋人」の著者でまあります。

多彩な才能を持っていることが分かります。

スポンサーリンク

<今回のお題>

晩秋の紅葉のベストシーズンを迎え、
華厳の滝、中禅寺湖、いろは坂など
色鮮やかな景色を背景に見る、

【秋の日光東照宮】

を見て一句

「私は、俳句の本も出しておりますよ!」

と自信ありげに発言もむなしく、

第5位(最下位だが凡人査定)に終わったのです!

「紅葉あって 抱擁はない 一人旅」

ーー春菊の”ダジャレ”が大好きです!
の発言に、先生は、

「”ダジャレ”言えるのは、才能ナシではない!」
「直すのに相当脳みそを使ったが、
あまり変わらなかったのには愕然としております」(笑)

修正後の句は、

「抱擁なき 一人の旅の 紅葉よ」

「ダジャレを生かして修正しても所詮
ここまでだったのです」(笑)

スポンサーリンク


マイクのおもしろ情報・関連広告