中川俊直・経済産業政務官不倫報道で辞任!重婚・ストーカーとは?家族が気になる?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

自民党の中川俊直経済産業政務官が突然の辞任を表明しました。

政府は「一身上の都合」としておりますが、

中川氏は辞任の理由について、妻以外の女性との不倫を認めて、

「一部週刊誌に掲載される予定の記事を巡り、辞表を提出した」

と引責辞任であることを明かしたのです。

また、自らのフェイスブックには、

「知り合いの女性に好意を抱き、深く傷つけてしまい、
誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです」

などと書き込みました。

突然のことで、早速、迫ってみました。

中川俊直と前川恵の不倫が【フライデー】!!自民党・衆議院の面子や家族・子供は?

中川 俊直のwiki風プロフ

◆ 名前:中川 俊直(なかがわとしなお)

◆ 生年月日:1970年4月25日(46歳)

◆ 出身地:広島県東広島市

◆ 学歴:日本大学文理学部、早稲田大学大学院公共経営研究科

◆ 職業:衆議院議員(全職・テレビ東京政治部記者)

◆ 所属政党:自由民主党

◆ 家族:父・中川秀直(全・科学技術庁長官・官房長官)

2001年のテレビ東京退社後は、父・秀直の公設・私設秘書として13年間勤めた

2012年の第46回衆議院議員総選挙に出馬し、前回の選挙で父を下した空本誠喜を破り初当選した。

2014年の第47回衆議院議員総選挙で再選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、経済産業大臣政務官に就任。

2017年4月18日、経済産業大臣政務官を辞任。

妻悦子は俊直が高校の陸上部だった時のマネージャー。3人の子供がいる。

(出典:ウイキペデイア)

中川俊直議員の辞任は不倫か??

中川議員は、3月にもフライデーされておりました。

しかし、今回は、 “文春砲”ならぬ“新潮砲”でした。週刊新潮が砲弾を放つのは、

珍しいことですよね!(失礼!)

その時は、何とか乗り切って、議員辞職まではゆきませんでした。

今回は、女性問題による辞任の理由は何と重婚ウエディングという信じられないものであり、
しかもストーカー登録までされていたというのだ。

何か得体のしれない現象が起きているようです。

ハンサムが災いしているのか(?)お父さんも女性問題を起こしているのですよね!

”血は争えない”とはこのことを言う野でしょうか?

スポンサーリンク

フライデーの内容は?

3月のフライデーですが、 『真夜中の密会』として世間を賑わしたようです。

なんと、相手女性が会長を務める一般社団法人の事務所だったと言いますから、

“不倫は場所を選ばない?を地で行ったのですね!

その女性は、前川衆議院議員だそうです。

東京・渋谷のマンションです。

2月の寒い風の吹く真夜中の23時半ごろにスーツ姿の中川議員が
裏口から入ったところが確認さられたのです。

それから3時間ほど楽しんで、裏口から中川議員が退出したというのです。

さらに、2月の末には、ラフな格好でカップルで出てきたというのです。

何とも大胆で、どうぞ見てくださいと言わんばかりです。

自分の身分と世間をどう考えていたのでしょうか?

ピザを二人でたいらげて、また前川議員のマンションに入っていったそうです。

このような「密会」が、約2年間も続いていたのです。

当時のツイート画像があります。

当時は、記者の突撃に

「不倫ではない!事務所にはほかに事務員もいた!
議員連盟の打ち合わせだった!」

と嘯いていたのです。

中川俊直の重婚ウエディングとは何なのか?

重婚とは、配偶者がある人間が他の人間と加えて結婚することですが、
刑法的には確実に罰せられるものだ。

刑法では、2年以下の懲役とされているのだが、不思議なのは、

そもそも妻がいて3人の子供がいるのに、別の女性との婚姻届けを出せたのでしょうか?

区役所の受付はどうなっているのでしょうか?

と心配したら、ハワイでの結婚でした。

神父さんとの三人の画像が大々的に掲載されております。

「結婚証明書」のサインが面白いことに、

”NAKAGAWA SHUNCHOKU”

となっており、音読み名前でサインしております。

週間新潮は、「要職を経験された父上(秀直=シュウチョク)にあやかりたいためか?」

なんて勘ぐっておりますが、とんでもないジョークですね!

週間新潮へのFAX関連のTWがありましたので添付します。

 

中川俊直のストーカー登録とは?

何がもめていたかは現時点ではわかりませんが、

付き合っていた女性から“ストーカー”呼ばわりされて、届けられていたとは?

これは、初めて聞く現象ですね!愛情のもつれではすまされないほど、

危険を感じていたのでしょうか?

愛人の暴露は?

週間新潮は、愛人の告発の内容は生々しいものでした。

要約すると。

① ハワイの教会で結婚式を挙げて、画像が大々的に掲載された。

② 結婚証明書のサインが、「NAKAGAWA SHUNCHOKU」(父の名前)だった。

③ 愛人は“俊ちゃん”と呼び、結婚時にもティファニーの指輪をもらった。

④ 愛人が、密告したのは、元カノ(前川衆議院議員)との三角関係のもつれであった。

⑤ 中川氏は、独占欲が強く嫉妬深く執拗に愛人を責めた。

⑥ 愛人からは、「不倫相手との喧嘩の途中の性欲の埋め合わせ」と思われた。

⑦ もつれて深夜に玄関前で騒いだので、警察が来た!

⑧ ストーカー登録をした!

⑨ 死者の直撃を受け、しどろもどろの回答をした。

⑩ 前川議員も直撃に全面否定をした。

⑪ 中川政務官の署名付きファックスが届いたが、発信元は「前川事務所」だった!

⑫ 奥さんは(悦子)ガンで闘病中ですので、批判が増幅しております。

以上のような内容で、ハワイでの画像が鮮明すぎるし、

清水寺をバックにした画像も楽しそうですね!

ここまで、赤裸々に暴露されては、中川政務官も、持ち堪えられませんよね!

政務官辞任では済まないことでしょう。

下にTWを添付しましたが、親子二代にわたる不祥事は、悪評判が大きすぎます。

https://twitter.com/nobnob0621/status/854804384936370176

中川議員のコメント

奥さんや子供は?

奥さんは、高校時代の陸上部のマネージャーだった中川悦子さんです。

お子さんが3人おります。

現在は、”ガン”で闘病中だと言いますから悲惨ですよね!

ネットの反応は?

親子二代にわたる不倫には、怒りが大きいようです!

まとめ

離婚の情報はありませんので、奥さんは“許して”いたのでしょうか?

情報では、「二度と女性問題は起こしません」

と、謝罪して許していただいたそうです。

しかし、行動が大胆すぎますよね!

“重婚”が本当であれば、離婚は避けられませんね!

自民党のスキャンダルが多すぎ、“緩んでいる”と、野党の批判の格好の材料となっております。

明日の週刊新潮が楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事は以下にあります。

⇒中川俊直の現在は前川議員へのストーカー狂い?嫌がらせメールで逮捕確実か?の記事はコチラ

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告