北朝鮮 戦争 秒読み 2017 最新情報は“部分攻撃”が正解の訳は?3つのシナリオ?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

アメリカと北朝鮮の戦争が、4月27日に起こるのではないかと、

韓国では、大騒ぎになっております。

政府が声明で“否定”放送をしなければならないほどです。

それというのも、今までにはないほどの戦力を

北太平洋に集結しているからなのです。

いつ起こっても不思議ではないほどなのです。

中國も甘い期待はできないのですが、制裁を見直そうつぃております。

そのような状況で“戦争”はお互いに避けて、

アメリカが“挙げた拳”をどのように下げるかなのです。

ここにきて、 “部分アタック”が注目を集めております。

早速、吟味してみました!

北朝鮮 戦争 秒読み 2017年4月は新月の27日が最も危険と予言!反撃の狙いは米軍基地だ!の記事はコチラ

米・空母「カール・ビンソン」朝鮮海域へ!北朝鮮戦争は秒読み?2017年「Xデー」はいつ?の記事はコチラ

北朝鮮の生活と食事の実態は?女性兵士は性的暴行も頻繁で避妊が出来ない?の記事はコチラ

スポンサーリンク

アメリカと北朝鮮が“戦争”すると言われた理由は?

◆ 北朝鮮に核武装を中止するように何度も警告したが、

全く従う様子がない!

◆ オバマ大統領の政策「戦略的忍耐」は誤りだった。と強硬路線に変更した。

◆ 2017年2月・日米首脳会談中に力を越しするかのように。

ミサイルを発射した。

◆ 2017年4月・米中首脳会談中に北朝鮮がミサイルを発射した。

◆ 2017年4月・米中首脳会談中にアメリカがシリアに向けて

トマホーク59発を撃ち込んだ!

シリア軍の化学兵器使用への制裁で、有言実行する姿勢と行動力を示した

◆ 米中首脳会談では、得るものがなく大統領は、失望した。

◆ 2017年4月・トランプ大統領にツイッターで

「中国が協力を決断しないなら、我々は独力で問題を解決する。」

と宣言しております。

◆ 4月12日にトランプ大統領が、習近平主席に電話し、

「我々は、原子力潜水艦も所持していることを、

金正恩主席に伝えてくれ!」

といったのです。

期待が出来ないことが分かったのです。

アメリカの攻撃が、4月27日の根拠は?

イラク戦争やアフガニスタンの攻撃も同様であったのですが、

爆撃機が夜間に見えにくい“新月”を選んでいるのです。

実際、シリア攻撃も夜間に行っております。

韓国では、実しやかに予言し、騒いでおります。

例えば、“部分アタック”の場合は、ステルスだけではなく、

ヘリコプターも出陣するため、暗く見えないに越したことはないのです。

スポンサーリンク

「空母打撃群」が朝鮮半島方面へ

(▲ カール・ヴィンソン空母)

米韓共同軍事演習中であり、横須賀に葉、原子力空母“ドナルド・レーガン”

(▲ ドナルド・レーガン空母)

が待機し、“カール・ビンソン”が北上しており、

これはどの装備が集中するのは、非常に異例なのです。

その周りには、イージス艦8~10隻が併進し、

1隻の航空母艦とその艦上機、

複数の護衛艦(ミサイル巡洋艦、ミサイル駆逐艦、駆逐艦、フリゲート、原子力潜水艦)、

補給艦によって構成される最強の軍事ユニットの一つなのです。

その構成は、

• 大型航空母艦(原子力空母) ×1

• ミサイル巡洋艦 ×1

• ミサイル駆逐艦 ×2

• 攻撃型潜水艦(原子力潜水艦) ×1

• 補給艦(戦闘支援艦) ×1

これらの船が互いの特徴を生かしつつ、

最強の攻撃力と最強の防護力を発揮しています。

日本外務省の対応は?

外務省は、11日に、

「韓国に滞在、渡航される方へのお知らせ」

と題したスポット情報を発信したのです

詳しくは以下のサイトにあります。

⇒北朝鮮への攻撃は、限定的破壊が可能性大!境界線の軍事施設破壊は“新月”が最適!

「限定的攻撃の根拠は?」

米中会談前に日本に対し、

「米国から、中国の出方次第で北朝鮮への軍事攻撃があると通達があった。」

事や、オーストラリアには、

「米政府はオーストラリアなど同盟諸国に対し、

北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際には迎撃する態勢が整ったと通知し、

厳戒態勢で備えるよう要請した。」

などから、「挙げた拳」の下し方で可能性が大きいのは、

◆ 空爆はしないが、“ビンラディン”暗殺のように、

“特殊部隊”が金正恩のいるところを強襲する。・・ヘリで攻撃。

◆ 南北国境の北側にある“砲台の攻撃”

などが考えられるのです。

そのためのも、夜間の“新月”が有力視されているのです。

 

まとめ

北朝鮮の取り得る未知のシナリオは、

① 核実験強行

② 核実験中止、

③ 核の放棄(対話)

④ ミサイル(ICBM)発射

などが考えられますが、「核の放棄(対話)」は、

まず考えられないので、何かが起こることは避けられそうにありませんね!

4月一杯が危険な情勢です。

目が離せませんよ!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ