小林麻耶 テレビ復帰し妹・小林麻央の現状を激白した!”今生きている!”に感謝!【週刊文春】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

フリーアナウンサーの小林麻耶が5日、ブログを更新し、

明石家さんまの

「生きてるだけで丸儲け」

の言葉に心底感銘を受けている気持ちをつづった。

麻耶は一般の人が妹・麻央についてつづったブログで

「当たり前は当たり前ではない」と記したことを取り上げ

「当たり前のことなんてなにひとつない。すべてが奇跡。

体調を崩し、心底感じ取ることができたことです」

としみじみ。

そして「生きてるだけで丸儲け やはりさんま師匠の言葉はスゴイです」と、

明石家さんまの“座右の銘”に感じ入った様子。

麻耶は3日に、フジテレビ系「バイキング」で11カ月ぶりにテレビ復帰を果たし、

少しずつ仕事を再開させていく意欲を語っていた。

一方、週間文春には、最近の妹・麻央に現状について激白したのです。

早速、迫ってみました。

小林麻央“がんステージ4”をブログKOKOROで告白!生存率と完治の可能性は?の記事はコチラ

小林 麻耶のwiki風プロフ

◆ 名前:小林 麻耶(こばやし まや)

◆ 愛称:まやや、マーヤ、マヤリン、

◆ 生年月日:1979年7月12日(37歳)

◆ 出身地:新潟県小千谷市

◆ 血液型:A型

◆ 身長:157㎝

◆ 学歴:青山学院大学文学部英米文学科(中高教員免許(英語)取得)

◆ 職業:フリーアナウンサー、キャスター、元TBSアナウンサー

◆ ジャンル:報道・情報・バラエティ

◆ 活動期間:2003年~

◆ 趣味:スキューバダイビング、テニス、ドライブ、東京タワー鑑賞、トミカ収集

◆ 家族:小林麻央(妹)

◆ 事務所:セント・フォース

2003年、アナウンサーとしてTBSに入社したのです。

2009年3月29日、TBSを退社。フリーとなる。

妹・麻央が所属するセント・フォースに業務提携という形で所属となりました。

2016年5月19日、出演している『バイキング』の生放送中に

体調を崩して途中退席し、救急車で病院へ搬送された。

6月1日、過労による体調不良が回復しないため当分の間

すべての仕事を休むことが発表されたのですが、

この度回復し、約1年ぶりに復帰したのです。

進行性の乳がんで闘病中の妹・小林麻央について語った!

 

「妹とは、未来のことは話しません。

今度どこに旅行に行きたいとか、

そんな先のことを考えられる状態ではありません。

大事なのは今生きているということ。

今日、生きています、点滴を打っています、ご飯を食べられていま

す……、以上。それが有難いことです」

麻央のブログには、

「家族は悲しむだろうな。。。。

ごめんね。

病気になっちゃった妻で。

病気になっちゃった娘で。

病気になっちゃった妹で。」

と、2016年9月に綴っていたのです。

がんを公表したのは、1年8ヶ月後だったのです。

その後、妹の看病や様々なことが重なって、

心労がたたって放送中に倒れてしまったのです。

スポンサーリンク

麻耶が妹の姿に驚く?

1月9日に、「市川海老蔵に、ござりまする。」

という特番が放送され、妹が病室でインタービューに答えたことだったようです。

「当時は、インタービューを受けられるような叙唱じゃなかったのです。

大体ベッド゙に横たわっていて、天敵を受けているし、

インタービューの受け答えするのにも、大きな声を出せない状態。

凄く静かで、一生懸命、一日を生きて、次の日に繋げると言う感じでした。」

麻央は、某紙にマスク姿で目をのぞかせているだけ。

カメラクルーが入っても、

ベッドに横たわっているだけだったのです。

その麻央が4日後のインタービューでは、

洋服姿でメイクもして、椅子に背を伸ばして座り、

張りのある声で、しっかり答えたのです。

「役者、市川海老蔵をパートナーとして

支えられるチャンスを神様下さ行って。。」

悲壮な叫びだったのです。

麻耶は、

 

“目の輝き、力強さ、生命力を見た時、

まだいける!乗り越えられると確信した!”

 

 

と綴っているのです。

現在の麻央は?

 

病状が、一進一退の受胎のようです。

3月8日のブログでは、

「闘病されている方の訃報に触れると、

自分のなかの声だがポキって折れるような気持になります。」

と綴っているのです。

麻耶は言います。

「ある人から、『心配より、信頼』とアドバイスをいただき、

その通りと思います。

今は、『健康な状態の戻るんだ』と信頼することを日々心がけている」

と葉の住んでした。

まとめ

相変わらず、明るくハイテンションな小林麻耶!

ブリッ子キャラには変わりはないが、

言葉の端々からは、

並々ならぬ気魄と、妹への祈りにも似た愛情が伝わってきた。

と文春は記しております。

小生は、哀しすぎる表現に気を取られてしまいましたが、

やはり、姉妹が揃って再び表舞台に立ち日を願いたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

【関連記事】

記事ー1:小林麻央の担当医であるカリスマ女医は誰?病院の場所がどこなのかも気になる!

記事ー2:小林麻央のホスピス・再入院はなぜ?病状とその真実とは?!

記事ー3:小林麻央がふっくら太ったのは、病気のせいか?乳がんステージと余命に新事実!!

記事ー4:小林麻央 乳がんで体調不良。ステージは?余命や生存率・転移について! 

マイクのおもしろ情報・関連広告