籠池泰典 嘘つき癖は病気で過剰の自己愛か?学友の証言も飛び出した!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

「森友学園」に県の調査が入りましたが、

資料が十分ではなく、再度調査の来ることのなり、

しばらくは、目が離せません!

中心人物の

「籠池泰典」氏は、

“ 嘘つき”と言う病気

ではないかと言われ始めました!

「病気?」「自己愛?」

等々です。

早速、迫ってみます。

籠池泰典のWiki風プロフと経歴!の記事はコチラ

籠池逮捕されるXデーはいつか?策略・思い込みの破たんが確実!の記事はコチラ

嘘つき癖がある?

マスコミに現れてから、数々の虚偽事実が明らかになっております。

『籠池泰典の嘘つき癖』にはどんなものがあるので種か?

【虚偽―1・学歴】

「法学部卒」・小学校設立許可申請書に記載されておりますが、

実際は、「商学部卒」なのです。

【虚偽―2・経歴】

プロフイールには、

「自治省入省後奈良県庁に就職」とありましたが、

実際は、

「大学卒業後新卒で奈良県庁に就職」しているのです、

これなどは、“箔”が高まりますよね!典型的“詐称”です。

【虚偽―3・複数名】
「3つの名前がある」

籠池泰典(通名)

籠池靖憲(籠池学園)(このなまえで、府警との間でトラブルになったことがあります。)

籠池康博、(本名)

何故3つも使い分けるのか?

一説には、韓国人であるために、差別などの不利益を回避するため!

とも言われておりますが、日本国籍を得るために、娘婿(妻・淳子)になったようです。

通名を度々、使い分けることは、

本当の自分を公にせずに隠していると言ってもいい。

【虚偽―4・弁護士辞任】

財務省の佐川宣寿

<blockquote>「理財局長から理事長の顧問弁護士に電話があり、

10日間でいいから身を隠してくれと言われた」</blockquote>

ともコメントしたのですが、

これについてはその事実は全くない!

と顧問弁護士が辞任するにまで至っております。

このようなことが、起ることが不思議なのです。

スポンサーリンク

嘘つき癖は病気なのか?

精神的な面もあるので、“うそつき癖は病気”と断定は難しそうですが、

長い人生の中では、平気で

“誇大表現”

“見せかけ表現”

“類推表現”

“見栄っ張り”

などの人間に出くわしたことは、誰でもおありでしょう!

また、こんな表現もあります、

◆ 自分以外の人を下に見下したような節がある

◆ 現実的でない話しを好んでしたがる。

◆ 他人の話しを自分のことのように話したり、

知らないことを知っているように話す。

良くある現象ですが、調べて見ると、精神障害に

というのがあるようです。

「パーソナリエィ障害」

「自分に自信があって見栄を張りたがって取りあえず

嘘をついたり取りあえず自分がいいようになるように嘘をついたりする」

このような人間が相当するらしいのです。

若年の時期は、“この嘘つき!”と叱って済むことですが、

籠池氏のように、社会経験も積み重ねて、年を重ねてきた人が、

“自信ありげに嘘を語る”

と、どうしようもありませんよね!

“嘘”とわかっても、時間を割いて証明なんてしませんよね!

しかし証人喚問となるとそうはいきませんよね!

うそつきの生涯にしろ、自己愛にしろ、

廻りが迷惑を被るわけで、放っておけないのです。

まとめ

籠池泰典の本当の経歴は次第に明らかになるだろうが、

何しろ嘘つきと呼ばれるだけあり、明かされている経歴は、

信憑性に欠けるものばかりなのです。

この延長が、

「見積額が3通り提出」

につながっていくのです。

世間は、そうは甘くないのですよ(笑)

某学友は、若い頃から、平気で、

「“針小棒大“はあたりまえで、
“人の話をあたかも自分のこと”のように話すことは度々だった!」

と話したそうです。

いずれ、訴追されるでしょうが、

これだけ、世間を騒がせたのは、前代未聞で、

厳しく糾弾されるべきと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告