家田荘子の出家時の得度式は?旦那はやくざか?自宅はどこ?【爆報フライデー】

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

家田荘子さんは、1999年に芸能家から突如出家をしたのです。

彼女は不倫と自殺騒動まで起こしている。

清水富美加さんが、つい最近出家して

世間を驚かせましたが、

一体両者にはどんな相違があるのでしょうか?

清水富美加さんについては、

以下のサイトにありますので参照していただくとして、

ここでは、家田荘子さんについてまとめました。

清水富美加の出家は、父の借金返済のためで、幸福の科学芸能事務所への移籍だった?の記事はコチラ

スポンサーリンク

家田 荘子のwiki風プロフ

◆ 名前:家田 荘子(いえだ しょうこ)

◆ 生年月日:年7月22日(歳)

◆ 出身地:愛知県知多郡武豊町

◆ 学歴:日本大学藝術学部放送学科卒業。

高野山大学大学院文学研究科密教学専攻修士課程修了

◆ 職業:ノンフィクション作家・高野山真言宗僧侶

◆ 活動期間:1985年~

◆ 所属:家田荘子オフィス

代表作である『イエローキャブ』『極道の妻たち』

で有名な家田 荘子さんは、数奇な運命の持ち主です。

高校在学中より、22歳までは女優としてTVや映画に出演し、

その後の作家に転職するのですが、

OL等、10以上の職業を転々としたのです。

山口組と、一和会との山一構想のさなかに取材をし(2年)

『極道の妻たち』を発表し、ベストセラーとなったのです。

その後も数々の作品を発表し、30作品以上が映画化されたのです。

2003年7月30日、「4度目の結婚」「1歳年上の実業家(45)と入籍」

と報道されている(二人の黒人との結婚歴がある。)のです。

二つの大学を卒業されて、中学校教諭一級免許状(国語)

及び高等学校教諭二級免許状(国語)を所持しているのです。

元々、の能力があって、自分でもそれを発展させたいと考えており、

その一つの道に2007年に高野山大学で伝法灌頂を受けて僧侶になりました。

そして、高野山真言宗僧侶(大僧都)。

高野山本山布教師となったのです。

家田 荘子はなぜ出家した?

出家とは?

人間は欲望を抱く生き物なのです。
除夜の鐘で一般には、“108ッの煩悩”がある!とは皆さんが聞いていたことです。

欲が叶えば次なる欲を求めてしまうのは人の常です。
出家は、これらのあらゆる欲を断ち切るために、

人間関係や生活を捨て、仏道の修行を行う事を指すのです。
家田荘子は出家の報道後にテレビの前に登場をしたのだが、

その姿は【剃髪された丸刈り姿】だったのです。

出家の理由は?

彼女は前述したように、芸能界で成功をしていた中での出家だったのです。

出家は修行することを意味し、

芸能界とは真逆の世界となることは重に知ってのことです。

4度の結婚に失敗したと言われておりますが、

29代、30代に黒人男性と結婚をし失敗しております。

その後も結婚や不倫を繰り返し、精神的にも“ボロボロ”になってしまいます。

しかし、家田荘子さんには、不思議な能力があったのです。

「他人に見えないものが見える」

成仏していない霊が見え、歳を取る毎にその力が増大していったそうです。

そんなある時に、知人の一言でお払いや霊能力を研ぎ澄ますために、

“水行”や“山行”を行うようになったのです。

「あなたみたいな霊媒体質の人は、
お行をやったほうがいいわよ!」

の一言でした。

その後、ある相談者の請われて、何かを答えたかったが出来ずに悩んだ末、

さらに“仏の道”をきわめて、

「人のために生きる」

事を決意し、出家したのです。

スポンサーリンク

家田 荘子の旦那は?

家田荘子さんは、16年程前に結婚をした男性と二人暮らしをしているというのです。

情報では、一般人の実業家のようで、1歳年上だそうです。

出家したのに?“エッ!”とお思いの方が多いでしょうが、
どうやら再再婚をしたようなのです。

また、2007年に鹿児島県にあるお寺で僧侶となり、

現在は【住職資格】を取得し、家田荘子は 【在家出家】

と呼ばれるもので修行を現在も行っているのです。

出家には種類があるそうです。

本来の出家は”寺に入り、僧となり仏道の修行を行う”と普通には思っておりますよね!

しかし、近年では在家出家を行う人が増えていると云うのです。

寺に入る事はなく、自宅で生活をしながら修行を行うと云うものだそうです。

週に1度、水行を行ったり、1回/月で四国お遍路なども行っていると言うのですが、

この行為が義務なのか?どうかですが、

自分の意志で“出家”しているわけですので、それを問うこと自体無意味のようです。

清水富美加との違いは?

18年前に在家出家したノンフィクション作家で、

現在は高野山真言宗僧侶の家田荘子さんが、

10日に放送されたTBS「爆報!THE フライデー」に出演し、

出家に至った経緯を告白し、2月に宗教法人「幸福の科学」への出家を表明し、

芸能界を引退した女優・清水富美加さんにメッセージを送ったのです。

「私も不倫を1回しています」と、
売れっ子の時代に一般男性との不倫経験を告白したのです。

4回も結婚に失敗しているので、その中には「不倫」と知りつつ溺れてしまったのは、

分かるような気もします。

しかし、別れたことで「死にたくなった」ともいうのです。

この辺りは、ロックバンド「KANA-BOON」の飯田祐馬と
不倫交際していた清水と共通点はあるように思われます。

しかし、

「出家というのは、逃げでできるほど簡単な世界ではない」

とピシャリお言い放ったのです。

家田さんの元にも

「この仕事イヤだから出家しちゃおうか」

という信者が多く相談に来ると言うが、その度に諭しているという。

だからこそ、清水に対しても

「これからが大変だと思います。体をいたわりながら、頑張って欲しい」

と思いやりを見せたのでした。

まとめ

数々のベストセラーを発信した家田荘子さん!

珍しくTVに出演されて、話す言葉にも重みが感じられます。

果たして、清水富美加さんは、この画面を見たのでしょうか?

是非、観てほしいもんですよね!

「仏道」と「幸福の科学」を比較すること自体無意味かもしれませんが、

「在家出家」と比較しても、厳しさの面では、大丈夫のようですが、

問題は、

“心の持ち方” 

ではないでしょうか?

まさか、“出戻り”なんてことにはならないことを祈っております。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ