石原慎太郎 記者会見で また逃げて司会者もキレたが、百条委員会でも逃げ切れるか?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

「私一人の責任ではない」と、述べ、
“また逃げた”との悪評を買ってしまいました。

それは、築地市場から豊洲市場への移転を決断した
元都知事の石原慎太郎氏は3日の記者会見で、

“行政と議会が一体となって移転を進めた経緯”
を強調したのでした。

これまで何度も、“逃げ”一手で不評を買ってましたが、
この度は、自ら望んで開催されたものでした。

司会の読売新聞・橋本五郎氏も”キレ“たのでした。

「踏みとどまってみようということにならなかったんですか?」

「だったら何のために知事はいるのか」

との厳しい質問もしておりました。

百条委員会でも同じことを話すのでしょうか?
また、逃げるのでしょうか?

要点を振り返りながら、要点を示します。

瑕疵担保責任は、石原元知事に責任はあるか?
民法での期間は2年?時効規定があるのか?はコチラ

浜渦武生元副知事が豊洲移転問題の責任者か?
石原元知事の記者会見と百条委員会の行方は?の記事はコチラ

石原慎太郎氏の記者会見の要旨は?

なぜ豊洲か?

焦点の一つは、土壌汚染が指摘されていた東京ガスの
工場跡地をなぜ移転先に選んだのかでした。

東京ガスは、売りたくなかったのを強い説得で購入に至ったのです。

石原氏は知事就任前の平成10年には既に都が豊洲に関して
調査を開始し、東ガスに接触していたことを挙げ、

「就任早々、豊洲への移転は既定路線であるような話を聞いた」

と説明したのですが、知事という権限で、
どのようにでもできる立場である事を忘れているようです。

石原氏によると、職員の報告で土壌汚染に関する言及は何度もあった。

石原氏は土壌汚染を処理できなければ豊洲移転はできない
と考えていたが、職員は「日本の技術で処理可能」
と説明していたとされる。

このことは、中身が重要で、“技術”ではなんでも処理できますが、
期間と費用が問題なのですね!

石原氏は豊洲への移転決断について

「私には専門性はなく、みんなで知恵を出し、
総意で出来上がったものを認可した。
議会も含め、みんなで決めたことだ」

と強調しておりますが、

自分の責任・権限と議会の責任・権限の混合が
はなはだしいとしか言いようがありません!

かっての石原氏の威容が地に落ちた瞬間です。
小学生のいいわけなのです。

責任放棄「報告はない」?

23年3月に都と東ガスが締結した土壌汚染対策費用の
負担に関する協定書では、

東ガスの負担を78億円とし、それ以上の責任を問わない

「瑕疵(かし)担保責任の放棄」

が盛り込まれた。

このことは、大変重要なことで、

「そんな小さなことは部下に任せていた。」

と表現されえましたが、“小さな事”ではなく
何百億円あるいはそれ以上も費用が発生する事案なのです。

都民の税金が使われることをお忘れのようです。

費用総額が586億円から858億円に増え、
都の負担が大きくなったことから、交渉の経緯が
「不透明」との指摘が上がっているのでうす。

契約上は、予測が不明であるので、絶対に外してはいけない
要素であるのです。

石原氏は浜渦氏や、交渉役の後任者だった前川氏に
任せていたと説明し、

「困った人が出るかもしれない」

と述べた人物の方々でした。

協定書には石原氏の押印があったものの、

「瑕疵担保責任に関する報告、相談は受けていない」

などと繰り返し、当時は認識していなかったと主張したのです。

浜渦氏は、

「逐一報告はしていた!おっさん(石原氏)は忘れたのではないか?」

と述べているのです。

「今となっては大事な問題だと思う」

と認める一方、

「(浜渦氏と前川氏の)2人がどういう判断をしたのか分からない」

との立場を貫いたのでした。

このことは、責任の転嫁としか思われません!

世間の反応も、これには厳しい意見が多数寄せられております。

さらに、石原氏は2月、報道陣に

「困る人も出るかもしれないが全部話す」

と発言していた二人目が、前川燿男(あきお)氏だと言及したのです。

「実際の契約を結んだ人物が、いきなり東ガスの執行役員になった」。

前川氏はその後、練馬区長に就いておりますが、記者会見を開き、

「石川氏は、勘違いをしている。瑕疵担保責任の契約は、
私が辞めて6年後の締結している」

と反論しているのです。

と表現しても、契約交渉の当事者が、交渉相手の企業の執行役員になることは、

どんな経緯があろうとも、都民の理解は得られないことでしょう!

百畳委員会には召喚されていないので、再考を促したいと思います。

移転延期は?「不作為」

石原氏は、かねてから、言いたいことがあると言っておられましたが、
それは、小池百合子知事による移転延期したことに関してでした。

「(環境基準を超える有害物質が検出された)水は市場では使わない。
多くの科学者が『風評に科学が負けるのは国辱』と言っている」

とし、

移転延期を「不作為の責任」と表現し、

「賛否両論が築地にあるようだが、知事が決心し、
速やかに豊洲に移転すべきだ」

と注文したのです。

延期することにより、多額の戸の資金が無駄に浪費されている
と主張し、訴訟を起こすこともあるとまで主張したのでした。

豊洲・地下空間問題

石原慎太郎氏の主張が記されたメモが読み上げられ、

地下への盛り土がされていなかった問題については、

「具体的に判断した記憶はない。
地下空間の問題と無関係だったことは(都の調査でも)明らかになっている」

と説明し、責任逃れとも責任転嫁ともとれるような表現をしたのでした。

小池百合子知事の感想は?

小池氏は3日、都庁で報道陣の取材に応じ、
石原氏の記者会見について

「中身はよく分からなかった。せっかくの記者会見だったのに残念」

と述べた。

「(移転をしない)不作為の責任がある」

と小池氏の責任に何度も言及し、
「住民訴訟の対象になるべきだと思う」と述べた。

これに対し、小池氏は一笑に付した上で

「こういう状況を作ってきたことについて、
もう少し客観的にご自分を見つめていただきたい」

と反論したのでした。

「都民からすれば、石原さんらしくないという
印象だけが残ったのではないか。
(都議会の)百条委員会でどう対応するのか見ていきたい」

と突き放した。

スポンサーリンク

百条委員会の予想

百条委員会とは、都道府県及び市町村の事務に関する
調査権を規定した地方自治法基づき、
地方議会が議決により設置することが
できる特別委員会になります。

簡単にわかりやすく言うと、
百条委員会には公式に調査権があり、
関係者への出頭や資料の提出を求めることができます。

正当な理由なくこれを拒否すれば、
禁固刑や罰金刑などの刑事罰が課せられなす。

当然、虚偽の証言をした場合にも、
同様の罰則を受けることとなります。

過去には、知事辞任や副知事辞任に追い込まれたことも
新しい事でしたよね!

「知らない」「わすれた」というのも後から虚偽と分かれば、
処罰の対象となってしまいますし、

さすがにコレだけ大きな話題になれば、
ウヤムヤですますことはできないでしょうから。

どこまで都知事として監督・責任義務があったかを
立証するのは難しいでしょうから、実際に刑事や民事罰
を課されるまでには、ならないと思います。

今回の百条委員会は、豊洲市場移転に関してのものなので、
よっぽど豊洲の土地買収に絡んで、企業との癒着でも
出てこない限りは、難しいでしょう。

東京ガスへの執行役員としての転出は、かなり灰色ですが、
証明は困難と思われます。

しかし、それよりももっと大きなポイントとしては、
百条委員会で正式に石原慎太郎氏を「叩く」場が
もうけられたことで、マスコミも石原慎太郎氏に
対する攻勢を強めることができることになります。

実際は、百条委員会から出てくる証言などをもとに、
豊洲市場移転の負の部分がクローズアップされて、

「豊洲移転白紙撤回!」

なんてことになるのではないでしょうか。

まとめ

石原氏の“逃げ”はどこま可能なのかが焦点になります。

場合によっては、訴訟まで発展するかもしれません(稀でしょうが?)

この百条委員会で、石原慎太郎氏かまたはだれか関係者
を悪者にできるのであれば、

責任をそこに押し付け、小池都知事自身の傷は最小限に押さえながら、

豊洲市場の白紙撤回が可能でしょうから。

もうしばらくは、 「豊洲 石原劇場」が続きそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告