ニコル亜莉紗 妊娠中に覚せい剤容疑で逮捕?両親の介護が壮絶!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

父親が作家であるCWニコル(小説家、ナチュラリスト、)さんの娘
ニコル亜莉紗(にこるありさ)さんが、覚せい剤使用容疑で逮捕されました。

妊娠中であり、精神疾患も疑われております。

お父さんは、現在“癌”で闘病中です。そんな背景が影響してたのでしょうか?

情報を集め、迫ってみました。

遠藤要が清水良太郎のアニキ分か?バカラ賭博の仕組みと賭け額は?の記事はコチラ

ニコル亜莉紗のwiki風プロフ

◆ 名前:ニコル亜莉紗(にこるありさ)

◆ 生年月日:1986年?月?日(31歳)

◆ 出身地:長野県黒姫

◆ 居住:長野県信濃町

◆ 家族:シングルマザー(?)、父親・CWニコル(小説家、ナチュラリスト、)

父親・CWニコル(小説家、ナチュラリスト、)ですが、76歳になり病気(癌)で療養中です。

イギリス生まれのニコルさんは、1995年に日本国籍を取得し、
世界中の野生動物保護や環境保護に精通したナチュラリストとしてTVなどに出演しておりました。

奥さんは、兵庫県出身の作曲家で日本画家のニコル麻梨子(67歳)です。

覚せい剤使用容疑の経緯は?

警視庁渋谷署によると、薬物使用容疑が持たれているのは、2016年11月のことで、
東京周辺で覚せい剤を使用しているとの情報を得て捜査していたようです。

逮捕は、情報提供で、具体的使用日までタレこみがあったようです。

2月7日に逮捕されましたが、ニコルさんは、

「今は話しません。弁護士が来てから離します。」

と主張しているようです。

驚いたことに、ニコルさんは現在、妊娠しているようなのです。

お子さんへの影響も心配されますね!

スポンサーリンク

アリサのTW

 

ニコル亜莉紗は2015年5月に登録しており、2015年6月で更新を止めているため、
実質1ヶ月ほどしかツイッターをやっておらず、6ツイートしかつぶやいていないのですが、

母を捨て、父の看病、うつ病、自傷行為等々、悲しい現実が伝わってきます、

ニコル亜莉紗容疑者の過酷な母親の介護生活の状況が伺えるものとなっています。

 

ネットの反応は?

https://twitter.com/tyo21sky/status/829608908373110785

同情の声が多いようですよ!

ツイッターから“メンヘラ”か?

上記にニコルさんのTWを表示しましたが、驚いた方もおられるのではないでしょうか?

そうなんです、“うつ病”の症状がはっきりと出ているのです。

記載内容から、

① シングルマザーとなったニコルさんが母親と同居。
② 67歳の母親の介護の関係で、仕事が出来ず生活保護者になってしまった。
③ 父親のCWニコルさんが“癌”で看病に疲れた。
④ 毎日がそんな状況で、ついつい薬物に手を出してしまった。

一人娘が、両親の介護をするのは相当に厳しいものがあります。

同情せずにはいられませんが、薬物はいけませんね!

 

まとめ

母親は音楽家・日本画家、父親は小説家という、アーティスティックな一家であるニコルさん一家。

今回のニコル亜莉紗容疑者の逮捕には、驚きが広がっているようだ。

やはり、妊娠中に覚醒剤を使うということは、許せないという人が多そうである。

しかし、母親の介護に疲れ果て、Twitterなどで悲痛な叫びを訴えるも誰にも届かず、
その後覚醒剤の使用や妊娠という風に堕落していったという一連の流れが伺えますね。

この件に関し父親のC・W・ニコルさんは、

「世間を騒がせてしまい、親としてお詫びします。テレビで逮捕されたことを知ってとても驚き、悲しい思いでいます。」
「一日も早く娘に会って、これからの生き方についてしっかり話し合いたい。」

などとコメントしています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告