新山千春「しくじり先生」で評価急向上!転んでもただで起きない??

新山
テレビ朝日で12日放送のバラエティ番組
「しくじり先生 俺みたいになるな!!」
に出演し、

自身のブログ炎上体験を失敗談として、
本当にもうこれでもかというほどあけすけに語った、

7年間にわたって主婦層と戦争をを繰り広げてきた!

主婦層の怒りは、

「子供を置いて夜に遊ぶな!」
「娘を離婚理由のダシにするのは最悪」
「夫が引退したから離婚は最低」

等々ですが、

「文字は自分の考えていることの3割しか伝わらない」
ことが分かり、

【教訓】として、

①文章を書くときは自分の思いの全ては伝わらないと思おう!

と言い、、

【私のブログが炎上して気づいたこと】

「炎上ブログは”金”になる!」

と言いきったのです。

「言っちゃだめだよ!」の声多数!

「ランキングが上位に居ると仕事が舞い込んでくる!」

恩恵は、

”ライフスタイル本出版””子育て本出版”
”CM4社””主婦向けファッションブランド”
”ファッション雑誌の専属モデル”

タレントとして仕事がどんどん入ってきた。
「本当に私は儲けさせていただきました」
とあっけらかんと新山さんはふたたびニッコリ。

この時の私の心境は正に

「MORE MORE MONEY !」

だったんです!
儲けさせていただき

”ごめんなさい!”
”お買い上げありがとうございます!”

の気持ちでいっぱいです。
と言い放った!!

しかし「正直言うと今はもう炎上したくない」
と新山さん。

ブログやSNSで炎上しているうちは仕事につながる。

しかし、実生活にも影響がある。

本の出版記念で握手会をした時、
ネット掲示板で

「握手会潜入してきたけど新山の笑顔超嘘くせえ」

という書き込みがあった。

「アンチの方もファンの中に混ざってる。
それを知ったとき本当にゾクゾクしました。
批判するためにサイン会までくるとは思わなかった」

炎上をきっかけとしてブログから
コメント欄を外すことにした新山さん。

ようやく炎上の人生から
解放されるようになったかと思いきや
「2015年に突入した今、また炎上してしまった」

8年目戦争開始となったのです。

テレビの仕事が原因で主婦層を怒らせてしまった!
それは、

「離婚ネタを話す番組」で、

”番組でしか聞けないことを話すように促された”
”爪痕を残したく、
テレビで入ってはいけないことを言ってしまった”
のです!

それは、
「別れた旦那への不満」
「夜8時には寝ちゃう」
「もっと会話したかった」
「子育ての考え方が合わなかった」

だったのです。

スポンサーリンク

ネット掲示板での主婦層の反応は、

「人のせいにしているでしょう」
「自分勝手でわがまますぎる」
「野球選手は忙しいってわかってて結婚したんでしょう」
「ビジネス離婚ね!」
「未練たらたらジャン!」

など多数あり、

「テレビで反論できない人に対して
 言ってしまったのはマズかった!」

のです。

「欠席裁判と同じだ!」
と言われたのです。

<欠席裁判の例>では、

①元彼にいやだったことを友達に言いふらす!
②休み時間にその場に居ない友達の不満を言いふらす
③飲み会でその場に居ない上司や同僚の悪口で盛り上げる
④「あいつの考えは間違っている」と本人には言わず周りに言う

等々です。

そこで【教訓】として

どんな不満があっても、

「相手がいない場所で一方的に批判するのは、
 欠席裁判!絶対やめよう!」

思ったことは、相手に直接言おう!!
ということです。

【なんで私が主婦層に嫌われてしまった】
のでしょうか?それは、

「あざとい」

からなのです。

「私は結局”あざとい”のです!」
「何か裏があるんじゃないかと
勘ぐられてしまうことをしてきてしまったのです。」

【あざとい女性の特徴】とは

①相手によって態度をコロコロ変える
②異性と話すときだけ声のトーンが高い
③大人なのにメールの文面が派手!
④自分モテますアピールが強い

当てはまる個所が多分にあります。

その原因は

「全員に良い人と思われたい」願望が強すぎたのです。

そこで学んだ教訓は、

「自分が良い人かどうかは周りが決めること」

に気付いたのです。

最後に私がお伝えしたいことは、

【主婦層との和平交渉】を勧めているのです。

試行錯誤の結果、最近思うことは、

「ファンとアンチは半々で丁度いい!」

娘にもいってますが、

「褒めてくれる人よりも叱ってくれる人の声を聞こう」
「”叱って”くれたらありがとうと思おう!」

「批判してくださる主婦層の方々を、
 人生の先生と受け止めていこう!」

と思っております。

「大事なことを7年間かけて気づくことができたのです。」
と結んだのでした!

スポンサーリンク

マイクのおもしろ情報・関連広告