和音 匠(志垣太郎の息子)の父は親バカすぎる?趣味の多さや特技がハンパない?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

この太くて頼もしい眉!
覇気のある眼光!
お父さんにと言えばそれまですが、

これに頼ることはなく、自らの道を切り開く「匠」さんの凄腕が賞賛されます。

“さんま御殿“ではどんな展開になるのでしょうか?

さんま御殿

 

その前に、プロフィールと趣味について調べました。

 

 

草彅 剛 結婚確実!熱愛彼女はだれ?馴れ初めと画像は?の記事はコチラ

スポンサーリンク

和音 匠のwiki風プロフ

和音 匠-1

 

◆ 芸名:和音 匠(かずね たくみ)

◆ 現芸名:匠(たくみ)

◆ 本名:河村 匠

◆ 生年月日:1988年5月13日(28歳)

◆ 出身地:東京

◆ 血液型:O型

◆ 身長:171㎝

◆ 学歴:立教大学社会学部卒業

◆ 職業:俳優、タレント、

◆ ジャンル:映画、バラエティ、ドラマ、音楽、

◆ 活動期間:2013年~

◆ 家族:父・志垣太郎(俳優)、母・白坂紀子(女優)
志垣太郎-2
志垣太郎
志垣太郎-3

◆ 所属:オスカープロモーション、(出典:ウイキペディア)

 

趣味や特技は?

趣味は、映画、お酒、野球、音楽(クラシック、メタル、ハードロック)と多彩です。

特技は、ピアノ演奏、趣味であるハードロック・ヘヴィーメタルギターの速弾きフレーズやリフ、同じく趣味であるという日常英会話など多才な一面を披露した。

このように自ら自分を磨くべく努力している跡が見えます。

幼少の頃から映画、音楽などのエンターテイメントが好きで、5歳からクラシックピアノを始めたようです。

お父さんお母さんの影響でしょうか?進んで学ぶところが普通とは違っておりますね!

XJAPANや洋楽、歌謡曲や演歌などの音楽に影響を受け、高校・大学時代はハードロック・ヘヴィーメタルなどの音楽に没頭し、ギターなども弾き始める。

学生時代はバンド活動に没頭していた。

高校時代は聖歌隊に所属と活発な活動がみな自分の”糧”になっていくのです。

クラシックな発声なども学ぶのは、専門的過ぎますが、そこまでやるのか(?)と言った感じです。

また、趣味の映画鑑賞の後には、批評なども執筆していたそうですが、この辺は”才能”名のですね!

テレビ初出演は踊るさんま御殿であった。
その放送でなんと初出演ながら当放送の「踊るヒット賞」まで獲得している。

さんまさんは、決して甘いという事はない方で、これは本物と考えていいと思いますよ!

これは才能があるという事で今後が楽しみでもありますよ!

ミュージシャン・タレント・俳優のDAIGOを、芸能界の兄貴として慕っている。

DAIGOさんは、宝塚の男役が真似するような”若い男性”のモデルでもあるのですので、

この方面の感性を真似するにも適当と思います。

これはいわゆる、今の若さであり、男らしさが醸し出されるという事でしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応は?

https://twitter.com/9983minoru/status/764140396247027713

親譲りの顔立ちが、魅力的ですね!

女性好みの面があり今後注意した方がいいかもしれませんよ!

 

まとめとテレビの真相は?

二世タレントが伸び悩んでいることが多々ありますが、

匠さんは、時分の趣味の延長で技を磨き、自らの世界を作っているのは、

素晴らしいことで、今後はますますの発展が期待されます。

しがき【踊るさんま御殿】

「匠が父とマジックショーを観た時の珍事件を大暴露!」とはどんなことでしょうか?

「父・志垣太郎が朝、家を出る時に必ずする、ある行動に息子・匠がクレームを出す!」

このことは想像がつきませんが、きっと意外な笑いが起こることでしょう!

 

<h2>志垣太郎(父)は親バカすぎる?【踊る!さんま御殿】</h2>

 

「匠が父とマジックショーを観た時の珍事件を大暴露!」とはどんなことでしょうか?

「父・志垣太郎が朝、家を出る時に必ずする、ある行動に息子・匠がクレームを出す!」

 

<びっくりした家族の言動!>

「ラスベガスのマジックショーでステージに上がった父が、殺陣を始めたこと」

とても恥ずかしかったと告白したのです。

<私が家族で話し合いたいこと>については、

志垣太郎さんは、

「早朝家を出る前に寝ている息子に声をかけていることを続けていいかどうか?」

匠さんは、

「僕は嫌です!」

「行ってくるぞー!気をつけるんだぞー!・・」顔が見たいが布団をかぶっているので足しか見えなくても、脚に話しかける??

匠さんはお母さんに

「明け方お化けが出ていない?」

と聞くのでした(大笑)

親バカに典型ですね!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ