世界最速男ウサイン・ボルトの時速と年収がヤバイ!様々な儀式があるって本当?

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

ウサイン・ボルトの人気が半端じゃないですね!

来年で引退すると宣言しましたが、パフォーマンスの華々しさには、目を見張る物がありますよね!

今回は、ボルトの “儀式”が話題になっております。

世界中に飛び「一番ヤバイ話」を命がけでゲット!!

「ヤバイ話ザ・ワールド」

が29日に放送されて、その儀式が暴かれます。

その前に、これまでのボルトの儀式について調べました。

 

 

ネイマールの整形疑惑とは?日本人の彼女がいるが未婚でも子供がいて認知するか?の記事はコチラ

スポンサーリンク

ウサイン・ボルトのwiki風プロフ

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bc2

◆ 名前:ウサインボルト(Usain St.Leo Bolt)

◆ フルネーム:ウサイン・セント。レオ・ボルト

◆ 愛称:ライトニング・ボルト(稲妻を意味)

◆ 生年月日:1986年8月21日(30歳)

◆ 出身地:ジャマイカ、トレローニー

◆ 身長:196㎝

◆ 体重:93,8㎏

◆ 種目:短距離走

 

◆ 所属:Racers Track Club

◆ 自己ベスト:

100m:9秒58 (2009年、世界記録)
150m:14秒35 (2009年、世界記録)
200m:19秒19 (2009年、世界記録)
400m:45秒28 (2007年、)

2016年のスポーツ選手長者番付では、3250万ドル(約34億5000万円)で32位となっている。

短距離選手は身長が180cm台の選手が多く、190cm以上の長身の選手は
スタート時の静止状態からの加速が鈍くなるため一般に不利とされております。

しかし、ボルトは275cmの非常に大きなストライド走法を活かしレース中盤から加速し最高速に達し、
一気に飛び出す、若しくは他を引き離す後半追い込み型なのです。

日本陸連科学委員会が2009年8月の世界選手権100メートル競走決勝におけるボルトの走りを
分析した結果によれば、最高速に達した時点でのボルトの歩幅は2メートル75センチ、
ゴールラインを超える最後の一歩は2メートル99センチ5ミリに達しているのです。

これは100メートル競走における史上最大級の歩幅であるという。
また、身長に対する歩幅の比も140パーセントと他の選手に対して大きい特徴があるのです。

17歳の時に200mで20秒を切るなど若年から将来を期待されていたが、
身体の成長に伴う故障が数年にわたって続いた。
それを克服し100m、200mの世界記録保持者となった。

持病の脊椎側彎症があり、不安定に揺れる背骨のために、
骨盤は肩とのバランスをとろうと互いに大きく揺れ動き、
身体を支えようとしているために肩を大きく上下させる独特なフォームになっているのです。

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bc4

愛称は、稲妻を意味する 「ライトニング・ボルト」であり、
天に向かって弓矢を射るような「ライトニング・ボルト」と呼ばれるポーズも、
ウサイン・ボルトを象徴するポーズとして有名ですよね!

 

ウサインボルトの時速と年収

現在の収入は、20億円超、30億円近い額と言われております。

これだけ注目が集中し、スタジアムが騒ぎ声援を送ると大企業は契約を結び、
契約料がドンドン跳ね上がっていくそうです。

やはり、あの明るさ、ライトニング・ボルトの愛称!

弓を弾くポーズ

は世界中に焼き付けましたよね!

障害がありながら、ハンディを克服し、世界一になる成功物語に酔っているのです。

企業も困難を克服し、業績の向上を願いを込めてボルトにあやかっているのです。

ロンドンオリンピックで金メダルを獲得した時の時速は、なんと38㎞にも達するそうです。

これは、京葉線のゆりかもめ、女子プロボーリング選手の投げるボールより早いことになります。

さらに、100mの中で最も早くなるのは60mを過ぎた時で、約44㎞に達するそうで、
都市の中を走る車と同じくらいと言う頃になりますよね!

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bc5

現在31歳になるボルトにも限界が到来します。

先週、2017年の世界選手権を最後に引退することを明らかにしたばかりですが、
サッカー選手になりたいとも話していたことがあり、そちらに進むのでしょうか?

スポンサーリンク

ウサインボルトの儀式が他にある?

愛称は、稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」であり、
天に向かって弓矢を射るような「ライトニング・ボルト」と呼ばれるポーズも、
ウサイン・ボルトを象徴するポーズとして有名ですよね!

しばしばレース前後にダンスホールレゲエのダンスを踊る。

走りながら手を下げ肩を揺らす振り付けはダンサーのアイスが考案した
「ゴリ・クリーパー」であり、足を交互にくねくねと回すダンスは
オーバーマーズが考案した「ナー・リンガ」である。

ともにジャマイカのミュージシャンエレファント・マンが同名の楽曲を発表している。

空に向かって何かを示すダンスはタイムレス・ダンサーズが考案した「ライトニング・ボルト」である.

控え室で見せた、やたらとバリエーションや手数の多い握手が話題となっている。

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bc3

これはジャマイカチーム独特の握手のルーチンで、約30種類の組み合わせのある複雑なものようです。

両手のコンビネーションや腰に手を当てる動作、
顎に手を当てる動作、
肩をぶつけ合うなど、

一度見ても習得できないような動作をリズミカルに2人でやっており、おまじないや儀式のようにも見える。

この2人の息の合った控え室の握手シーンに対して、

「結構可愛らしい動作だね」
「それにしても長すぎて笑えるw」

といった意見も並んでいるが

ところが、まだあるらしいのです!これは、

世界中に飛び「一番ヤバイ話」を命がけでゲット!!した

「ヤバイ話ザ・ワールド」で明かされることでしょう!

 

まとめ

先週、2017年の世界選手権を最後に引退することを明らかにしたばかりですが、

次は結婚ですね!恋人はいるようで、

「交際中のジャマイカ人ドクターと結婚を考えている」

と発表しております。

ドクターの女性ですか?これを聞くと練習に明け暮れしているのにどんな巡り合いか気になりますね!

タレント関連なら、多くのアスリートにファンが寄ってくるのが多いのですが、
ボルトもそうでしょうか?なんかボルトらしいのでしょうか?

こんな画像もありましたよ!

%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bc7

テレビでは、どんな話になるのでしょうか?ますます目が離せませんね!

不思議な発見がボルトと関係か?

画像を調査していると不思議なものの出くわしました。

読み進めていくとウサイン・ボルトがまさにそのサインをいたるところでアッピールして居るもです。

その画像がこれです。
%e3%83%9c%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%bc6

その説明は、以下のサイトです。(画像番号の解説があります)

「ウサイン・ボルトの「666」のシンボリズム」についてはこちらをクリック!

キリスト、X’mas、フリーメーソンにまで波及します。

今回のテーマではないので割愛しますが、文献としてだけで終わらないで、

“現実のアスリートの意識的行動”

に興味が湧くのです。

次の機会には、分解して示したいと思います。

意見のある方は寄せてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク