堀江貴文(ホリエモン)に文春砲炸裂!ホモ・女装男子とホテルって本当?       

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

堀江貴文(ホリエモン)が、驚いたことに“ホモ”だと週刊文春が報じました!

とても信じられませんが、記者の質問に、認める発言をしたのです。

早速、迫ってみました。

浮気・不倫関連記事は以下にあります。

ベッキーの現在について!10月テレビ復帰の可能性は低い?

落語家・桂文枝との不倫発覚!相手の紫艶ってダレ??美人歌手が激白!

スポンサーリンク

堀江貴文のwiki風プロフ

%e3%83%9b%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%bc2

◆ 名前:堀江貴文(ほりえたかふみ)

◆ 別名:ホリエモン、たかぽん、

◆ 生年月日:1972年10月29日(44歳)

◆ 出身地:福岡県八女市

◆ 学歴:東京大学文学部中退

◆ 職業:実業家

◆ 肩書:ライブドア元代表取締役社長
SNS創業者兼従業員
7gogoファウンダー

◆ 家族:配偶者なし(1999年結婚、2002年離婚)、子供あり、

ライブドア元代表取締役社長CEOでした。2002年に経営破綻した級ライブドア社から営業権を取得した話は有名です。

2004年に経営難でオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)との合併が決定されたプロ野球球団、大阪近鉄バファローズ買収を申し出たことから一挙に注目を浴びる。

2005年2月、社長を務めるライブドアがニッポン放送の株を35%取得、同社最大株主となった。その後2月21日現在ニッポン放送株を40.1%取得。なお、株取得が報道された直後から当時ニッポン放送の子会社だったフジテレビジョンを出入り禁止になり、騒動になったのは有名な話です。

2005年8月16日に衆議院の解散(いわゆる郵政解散)に伴う総選挙において、立候補する尾いずれも落選しました。

2006年1月16日 – 証券取引法(以下「証取法」)違反容疑により、六本木ヒルズのライブドア本社や堀江貴文の自宅など、東京地検特捜部による家宅捜査が行われ他の地逮捕されました。

異常のごとく、何かと話題の中心人物として世間に走られているのです。

 

週刊文春の内容は?

11月22日未明、ホリエモンこと堀江貴文氏(44)と妖艶な雰囲気の美女が手をつないで
六本木の高級ホテルに入るところを週刊文春取材班が撮影した。

文春の常とう手段ですが、ともかく証拠画像が確保されるのです。

その後の取材で、お相手は女性ではなく、「女装男子」と呼ばれる男性であることが
判明したというもので、これは驚きです。

“信じられない!”というのが本音ですよね!

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e8%96%ab%e3%83%bc%ef%bc%91

これまで堀江氏は女優でタレントの廣井ゆう(26)と交際していると報じられていたが、
こちらはどうしたのでしょうか?

両刀使い(?)とでもいうのでしょうか?

“新恋人”は女装男子のなかでもカリスマ的な存在となっている大島薫さん(27)だというので、二度びっくりです!

大島薫さんと言えば、

1989年、ブラジルサンパウロ市生まれの27歳です。
165㎝、53㎏、アダルトビデオにも出演している、タレントで、元男の娘AV女優さんです。

本の執筆やタレント活動をしており、ツイッターのフォロワーは18万人を超えている。

女性ホルモンは投与しておらず、性転換手術も受けていないことを公言しているのです。

%e5%a4%a7%e5%b3%b6%e8%96%ab%e3%83%bc2

記者の直撃にこのように答えておりました。

――男性同士の愛情ということですか?

「同性でも愛情はあります。そこでセックス出来るか、出来ないかの違いだと思います」

――ホテルに入って行かれましたが、セックスはしているのですか?

「……そうですね」

と、認めているのです。

彼はもともと、女装をした状態で男性との性交渉を経験したこともあり、
生活のためゲイビデオへ出演していたのです。

スポンサーリンク

ツイッターの反応は?

羨ましいと思っている方がおられるのは“驚き”ですね!

異常が、週刊文春発効前の情報ですが、

読んでみると、生々しい画像が公表されておりました!

”恋人”のごとき手のつなぎ方で、決定的ですね!

所謂、”指ひっかけつなぎ”でラブラブ度が最高の5つ★ですね!

%e3%83%9b%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%bc3
(出典:週刊文春)

まとめ

タレントとしての役柄だけかと思いきや、有名人と交際しているとは “驚き” 以外の何物でもない!

時代は大きく変わろうとしているとでも言いましょうか?

このようなことがはびこると、性文化が “歪” になることが恐ろしいですね!

とかく、ホリエモンは話題の提供者としては、卓越しているのでしょうか?

不思議な方ですよね!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク