冨田一樹のwiki風プロフと世界の評価は?出身大学や結婚の噂についても!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

オルガン奏者である、冨田一樹さんが「情熱大陸」に出演されます。

日本人初の国際バッハコンクール優勝の天才オルガニストです。

大変気象で、変わった楽器を演奏されるので、

どんな経歴で、どのようにして技術を身に着けたか?

大変気になりましたので、調べて見ました。

「宇宙兄弟」関連記事は以下にあります。
「宇宙兄弟」の作者 小山宙哉の本名や学歴は?結婚や年収が気になる? 【情熱大陸】

スポンサーリンク

冨田一樹のwiki風プロフ

%e5%86%a8%e7%94%b0%e4%b8%80%e6%a8%b9%e3%83%bc2

◆ 名前:冨田一樹(とみたかずき)

◆ 生年月日:1989年7月7日(27歳)

◆ 出身地:大阪府摂津市

◆ 学歴:大阪音楽大学卒業、リューベック音楽大学 修士課程 在籍

あまり情報はありませんでした。

まだ、若干27歳の若さです。

この若さで、2016年、国際バロックコンクールのオルガン部門で1位獲得しましたのですから驚きですよね!

「音楽一筋に・・」というにも若すぎますが、そこは才能があったという事でしょう!

音楽が好きで、思い入れもかなり強いものがあったのですね!

冨田一樹の評価は?

2016年、国際バロックコンクールのオルガン部門で1位獲得しましたが、

「国際バッハコンクール」の名前は、聞きなれませんよね!
チョット調べて見ました。

バッハ国際コンクールとは?

%e5%86%a8%e7%94%b0%e4%b8%80%e6%a8%b9%e3%83%bc4

正式名称は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクールと言います。

開催国は、ドイツで、若手の音楽家のために作られた音楽コンクールなのです。

出場には当然制限があり、楽器演奏家は、16歳から32歳まで。

声楽家は、16歳から34歳までしか出場できないそうです。

私もクラシック音楽は好きですが、中でも、
ショパン、シューベルト、ベートーベン、チャイコフスキー、メンデルソゾーン、
いわゆる、クラシック音楽のポピュラー(?)ですね!

バッハは、何度聞いても好きになれませんでした。

やはり、好きになるには、“信仰心”がなければならないかもしれませんね!

“敬虔の念が深い”心でしょうか?

1950年に第1回が開催されました。オルガン部門では初めてですが、

1980年、男声部門・今中幸雄、1位になっております。

ピアノ、バイオリン等には入賞しておりますが、1位はおられませんでした(2006年まで)

%e5%86%a8%e7%94%b0%e4%b8%80%e6%a8%b9%e3%83%bc3

冨田さんは受賞決定後に、

「14歳ごろからバッハを研究してきて、こういう形で実を結びすごくうれしい」

と喜んだのです。

冨田一樹さんお評価は?

冨田一樹さんは若干27歳です。

審査員の一人であるクリストフ・ウォルフ氏は

「彼の演奏は私たちの心に響いてきました。バッハの音楽の力を感じさせてくれました」

と評価していました。

そして、冨田さんは、

「バッハの音楽は複雑ですが、読み取っていくと、そこに宇宙があります。
今回のコンクールで成長できたし、この経験を今後に生かしていきたい」

とコメントしていたそうです。

音楽と宇宙(?)なかなか私たち凡人には、表現できない言葉ですね!

それが馴染めない要因かもしれませんが、この機会に、気を持ち直して聞くことにいたしましょう!

少しでも近づけることがえきるかもしれません!

<Youtube>


まだ27歳と、音楽の道を進む人としては先が長いです。

今この実力が出ているという事はまだ伸びしろがありますから、
将来が楽しみですね!

スポンサーリンク

冨田一樹さんの結婚の噂は?

https://twitter.com/hare_masahiko/status/803632721008283648

情報は少ないですね!

その中でも、2015年8月の伊勢丹ALWAYSでライブコンサートをされた際には、

山本萌美さんと一緒にライブされたようです。

友人は多数おり、日本はもとより、留学先のドイツの女性などがあられます。

お若いのでこれからですね!

幸せを掴んで下さい!応援致しますよW

Fasebookはこちらです。

 

まとめ

数ある音楽コンクールで日本人が優勝するのは、喜ばしいことで、

私たち日本人として“誇り”に思いますよね!

まして、大阪府摂津市出身という事で市民の皆さんは、
さぞ喜んでいることでしょう!

摂津市が、教育文化功労章を授けました。
市会議員の福ずみれい子議員は、ブログで喜びを表現しております。

評価も上々で、今後のますますの発展が期待されます。

応援していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ