ローラが『バイオハザード』の女戦士で主演!なぜ抜擢?いつ上映されるのか?

ローラさんは8月21日、
自身のツイッターとインスタグラムで

「映画バイオハザードに出演する事がきまったの!
とってもかっこいい女性役を演じるの!」

 

ローラー2

とハリウッド映画『バイオハザード』の
最新作に出演決定したことを報告しました!
さらにローラは、
「ハリウッド映画にでることはわたしの夢で
英語も演技もずっと練習をしていたから
合格してほんとうにうれしい。

来月からしばらく南アフリカで撮影なの!
がんばってくるね」

と意気込みを語っております!

これには、日本中が驚愕しております。

スポンサーリンク

それは、

ハリウッドの人気映画シリーズ最終章
『バイオハザードVI:ザ・ファイナル・チャプター(仮題)』
(2017年公開予定)に出演することが明らかになった。

からです。

当初は、

「どうせゾンビ役だろう」

という声が多かったのです。

ところが、

ローラが演じるのは
ミラ・ジョヴォヴィッチ(39)演じる
主人公のアリスと共に最後の戦いに挑む女戦士・コバルト
という重要な役柄なのです。

これにネット上では驚きの声が多く上がっている。

それも、渡辺謙(55)や真田広之(54)らに並ぶ、
女優で初めての大出世となりそうなのです。

ローラー1

 

ローラは、おもに日本で活動する
バングラデシュ人、日本人、ロシア人の
クウォーターでファッションモデルです。

身長165センチメートル、
サイズ82-58-86で、

実父がバングラデシュ人、
実母が日本人とロシア人のクォーターです。

ローラといえばモデルとしての活躍だけでなく、
明るいキャラクターでバラエティーを席巻しました。

しかし、昨年7月に父親でバングラデシュ国籍の父親が
国民健康保険の海外療養費をめぐる
詐欺容疑で逮捕されたことをきっかけに
バラエティー露出が激減しました。

スポンサーリンク

レギュラー番組が完全消滅し、
そのまま干されてしまうのではないかと
危惧されていました。

国内のテレビ露出は減ったローラだが、
昨年の「タレントCM年間起用社数ランキング」では、
14社と契約で初のCM女王にランクされた。

バングラデシュ人、日本人、
およびロシア人の血を引く混血であるがゆえの
“エキゾチック”な容姿という持ち味に加え、

どのような人物に対しても
いわゆるタメ口で物怖じの様子を見せない
奔放な性格などが顕著な特色と捉えられているのです。

一般にはいわゆる

“天然キャラ”

が広く浸透しているものの、
世代の近い若者層の間では
「ファッションリーダー」としての
認知をも受けるのです。

また、様々な人気度調査では、例えば、

“「おとぼけキャラ」で印象的なのは?”
“「この人の人生幸せそう」と思う女性芸能人”
“今テレビで活躍中の若手モデル”

等では、常に1番にランクされるのです。

今作の映画プロデューサーは
「驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性」と

ローラの起用理由について語っております。

残る問題はローラに演技経験がほとんどなく、
女優としての実力が未知数な点なのです。

しかし、厳しいオーディションを勝ち抜いたのだから
それも杞憂かもしれない。

「ウッフフ!ワカンナイ!」

なんて言わないで、
頑張ってほしいものです。

日本から飛び立った天然娘・ローラが
世界を舞台に活躍する日も近そうで、

若手タレントは勿論、
日本の芸能界のポテンシャルが、

激変するかもしれない?
と思うのは自分だけか??

【関連記事はコチラ!】
【記事1】 ⇒中居正弘はハゲているって本当か?「遺伝には負けない?」と言ったが?
【記事2】 ⇒キンタロー。結婚相手の旦那は?名前、年齢は?社交ダンスの行方は?
【記事3】 ⇒バックナンバーのヒロインの歌詞の意味は?カラオケで歌うコツを紹介!
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?
【記事5】 ⇒SMAP 解散危機2016 は本当?マネージャーに追随?今後どうなる?  


スポンサーリンク