ラモス瑠偉の浮気相手のアラフォー女性は誰?再婚の嫁の反応は? 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

ラモス瑠偉が、2月に挙式したばかりですが、早くも浮気の現場がスクープされました。

国柄の違いで、キスは普通ですが、隣に別の女性がいる反対側で熱烈なキスをしていたのです。

現在のお嫁さんはどんな反応をするのでしょうか?

さっそく迫ってみます。

スポンサーリンク

ラモス瑠偉のwiki風プロフ

%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%82%b9%e7%91%a0%e5%81%89%e3%83%bc%ef%bc%95

◆ 名前:ラモス瑠偉(らもするい)

◆ 愛称:カリオカ(リオっ子のの意味で出身地に由来)

◆ 生年月日:1957年2月9日(59歳)

◆ 国籍:日本、ブラジル、

◆ 出身地:ブラジルリオディジャネイロ

◆ 身長:181㎝

◆ 体重:71㎏

◆ 家族:、長男・サッカー選手でラモス・ファビアノ、長女・歌手でFABiANA

・ブラジル出身の日本の基プロサッカー選手(元日本代表)、

・サッカー指導者(JFA 公認級コーチ)です。

・フットサルの元日本代表選手です。

・お父さんがサッカー好きで、公認会計士をしておりました。5男1女の第4子として生まれております。

・1977年に、19歳の時に現東京ヴェルディの与那城ジョージさんにスカウトされて来日しました。

・1984年2月、初音とブラジルサンパウロにて挙式、結婚しております。1男(ファビアノ)1女(ファビアナ)をもうけました。

%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%82%b9%e7%91%a0%e5%81%89%e3%83%bc%ef%bc%92

・初音(享年52)さんを2011年にガンで亡くし、昨年再婚しました。

・1993年のJリーグの開幕で、読売サッカークラブからヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)になっても、中心選手としてJリーグ創生期のクラブ黄金時代を支える活躍を続けたのです。

・1995年8月9日に国立競技場で行われた親善試合日本対ブラジル戦が事実上の日本代表引退試となった。

・1998年11月14日の柏レイソル戦(日立柏サッカー場)で現役を退く。

・最後の挨拶では、ファンに向けて「生まれかわっても、日本に来て早く帰化してワールドカップへ出たい」と涙ながらに語ったのは有名な話です。

・引退後は評論家として活動しております。

<TW>

ラモス瑠偉の浮気相手のアラフォー女性は誰か?

%e3%83%a9%e3%83%a2%e3%82%b9%e7%91%a0%e5%81%89%e3%83%bc%ef%bc%93

前妻を失って4年後の2015年に37歳の日本人女性と再婚したのです。

エキゾチックな顔立ちの美人と報道され、元嫁初音への深い愛情が世間にも知られていたために、
ラモス瑠偉の再婚を祝福する声は非常に多かったのです。

ラモスさんの熱い心がこもった愛の言葉は評判になりましたね!

だが、このたびの不倫浮気報道は元嫁初音への愛や再婚相手への愛など全てを無にする結果となり、大きな批判が集まっているのです。

その不倫のニュースを報じたのは女性自身です。

そのゲス行為のお相手は真っ赤に塗った指先が目立つ、すらっと細く高身長のモデルのようなスタイルの女性でした。年齢はおよそ40前後で女優の吉田羊に似たアラフォー独身OLのようです。

その日、不倫相手とその友人と見られる女性の3人で港区にあるの高級焼き肉をいただいた帰りのとある行為が不倫報道を裏付けるものとなりました。

なんと2人は帰りに3人で乗り込んだタクシーの中で、周囲を気にすることなく熱いキスを繰り広げていたというのです。

それも隣には別の女性が座っているのです。また、完全に口が合体している様子がはっきりと見て取れたそうです。

なんということでしょうか、これは完全に言い逃れできない不倫ですよね。
奥さんのいる身でこのような行為を報道されたらそれはもうアウトです。

しか、ラモスさんは、

「頬であり口ではない!妻を愛しているので絶対にそんなことはしない!」

と言い張っているのです。

果たして相手の女性は誰なのでしょうか?

残念ながら、「40前後で女優の吉田羊に似たアラフォー独身OL」としかわかりませんでした。

スポンサーリンク

ラモス瑠偉の妻の反応は?

前妻・初音さんへの思いが有名で、情報はそれにあふれており、現妻に関する情報はありませんでした。

発見次第追加していきます。

まとめ

初音さん逝去した時の言葉が、有名です。

「今でも泣く日があるね」
「恋しくて」
「寂しさ大きいね」
「あそこまで愛した人を…たぶん乗り越えられないと思います。別に乗り越えようとも思ってないから」
「再婚なんてしない。同じ墓に入る。生まれ変わっても彼女と結婚する」

ここまで表現してもやはり相手は必要だったのですね、昨年には再婚しました。

このような思いを言える彼が“浮気”するとは思われませんが、わからないものですね!

穏便に済むことを祈っております。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク