ノーベル賞・ボブ・ディランはそんなに凄いの?“風に吹かれて“ほかの歌詞(和訳)を吟味した!

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

ことしのノーベル文学賞の受賞者に選ばれたアメリカのシンガーソングライター、

ボブ・ディランさんは数年前から候補に挙がっておりました!

数々の受賞が物語っており、アメリカでは一大フィーバーを巻き起こしております。

歌もうまいですが、作詞した “詩”の評判がすごいのです。

世界に向けて訴えるその “心”とはどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

%e3%83%9c%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%bc2

ボブ・ディランのwiki風プロフ

◆ 出生名:Robert Allen Zimmerman

◆ 別名:ブラインド・ボーイ・グランド、ラッキー・ウィルベリー/ブー・ウィルベリー、
ジャック・フロスト、

◆ 生年月日:1941年5月24日(75歳)

◆ 出身地:アメリカ合衆国ミネソタ州ダルース、

◆ 学歴:ミネソタ大学中退

◆ 職業:ミュージシャン、シンガーソングライター

◆ ジャンル:ロック、フォークロック、フォーク、ブルース、カントリー、ゴスペル、

◆ 担当楽器:ボーカル、ギター、ベース、ハーモニカ、キーボード、ピアノ、

◆ 活動期間:1959年~

◆ レーベル:コロンビア(ソニー)、アサイラム、

ボブ・ディランの活動は?

「風に吹かれて」
「時代は変わる」
「ミスタ・タンブリン・マン」
「ライク・ア・ローリング・ストーン」
「見張塔からずっと」
「天国への扉」

ほか多数の楽曲により、1962年のレコードデビュー依頼、半世紀以上にわたり多大なる影響を人々に与えてきたのです。

現在でも、「ネヴァー・エンディング・ツアー」と及ばれる年間100公演ほどのライブ活動を中心に活動しているのです。

グラミー賞やアカデミー賞を始め、数々の賞を受賞し、ロックの殿堂入りも果たしております。

2012年には、大統領自由勲章を受章しております。

2008年には、

「卓越した詩の力による作詞がポピュラーミュージックとアメリカ文化に大きな影響を与えた」

として、ピューリッツアー賞特別賞を受賞し、

2016年のこの度のノーベル文学賞を受賞したのです。

スポンサーリンク

ボブ・ディランとはどんな人か?

1941年5月24日、ミネソタ州ダルースに生まれております。

祖父母は、ロシアの現・ウクライナやリトアニアからの移民だそうです。

父・母は、アシュケナジム・ユダヤ人の一員だったそうです。

幼少期より家にあったピアノを独習で学んだそうです。

「ラジオを頻繁に聴き、レコード店に入りびたりし、ギターをかき鳴らし、ピアノを弾いて、自分の周りにはない別の世界から歌を覚えて」

育ったと言われております。

このあたりから垣根のない音楽の世界から、“人生観”“世界観”の基礎が気づかれたのでしょうか?

高校時代に、ロカビリーが全盛期で、エルビス・プレスリーに憧れて、バンドを組んで演奏を始めたそうです。

1959年に、ボビー・ヴィーのバンドのピアノ弾きとして入り、ステージを経験するのです。

1959年9月に、ミネソタ大学に入学しても半年後には授業に出席しないで、

ミネソタでフォーク・シンガーとして活動を始めております。

この時に、ボブ・ディランと名乗ったそうです。

1962年3月に、アルバム『ボブ・ディラン』でレコードデビューしたのです。

ボブ・ディランの作詞の歌詞の凄さとは?

当初は、トラッド・フォークやブルースを中心に歌っており自作曲は少なかったが、ニューヨークで出会った人達、絵画、ミュージカル、レコード、ランボー、ヴェルレーヌ、ブレイクといった象徴主義的な作風の詩人の表現技巧など、さまざまなものに創作上の影響を受け、急速に多くの新しい歌を書くようになったのです。

ボブ・ディランの曲は、1960年代以降に活躍したアメリカのミュージシャンで、フォークソング調のプロテストリングが6男年代の若者の気風と溶け込み、世界中の指示を受けたと言われます。

それまで、音楽と言えばクラシックを別にすれば、歌謡曲が主体でしたが、これは、節回しだけで聞かせるところがありますが、アメリカンポップスは、日本の歌謡曲には得られない面白みがあるようなのです。

ところが、ビートルズの歌は、ハーモニーと並んでリズム感も抜群で、驚かされる人も多くここまで長く人々を魅了する要素が備わっていたのでした。

最初、底辺の民衆に心を寄せる抵抗歌を歌っていた。

初期の代表作「風に吹かれて」や「はげしい雨が降る」は、黒人の権利向上運動である公民権運動や、キューバ危機に代表される東西陣営の対立など、当時のアメリカの時代状況に連動させ、

明快なメッセージを歌詞に織り込んだ。

ディランは、過去に学び、独特のしゃがれ声でメロディーにのせ、時に言葉を詰め込んで早口に歌うことで、詩に新しい生命を吹き込んだ。

「ディランは詩だけ読んでもだめ。曲だけを聴いても分からない」

といわれるゆえんだ。

%e3%83%9c%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%bc3

「風に吹かれて」の歌の意味するものは、次の小歌詞と解説を記載するが、

答を先に表すと、

「世の中で一番の悪党は、間違っているものを見ても、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ」

という事であり、この言葉が強烈です。

「風に吹かれて」紹介

歌詞もメロディーもシンプルですが、迫ってくるものが強烈です。

風に吹かれて(Blowin’ In The Wind)
How many roads must a man walk down 人はどれ位の道を歩めば
Before you call him a man? 人として認められるのか
How many seas must a white dove sail 白い鳩はどれ位海を乗り越えれば
Before she sleeps in the sand? 砂浜で休むことができるのか
How many times must the cannon bolls fly どれ位の砲弾が飛び交えば
Betore they’re forever banned? 永久に禁止されるのか
The answer, my friend, is blowin’ in the wind 友よ答えは風に吹かれて
The answer is blowin’ in the wind  風に吹かれている

<以後は要点歌詞のみとします>
(2番)
How many years some people exist 人々は何年経てば
Before they’re allowed to be free? 自由の身になれるのか
How many times a man turn his head 見ないふりをしながら
Pretending he just doesn’t see? 人はどれくらい顔を背けるのか
(3番)
How many ears must one man have 人にはどれくらいの耳があれば
Before he can hear people cry? 人々の悲しみが聞こえるのか
How many deaths will it take till he knows どれ位の人が死んだら
That too many people have died? あまりにも多くの人が亡くなったと気づくのか
(解説は)
歌詞は、1962年に雑誌「シング・アウト!」に、ディランのコメントとともに掲載された。
「この歌についちゃ、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということだ。答えは本にも載ってないし、映画やテレビや討論会を見ても分からない。風の中にあるんだ、しかも風に吹かれちまっている。ヒップな奴らは「ここに答えがある」だの何だの言ってるが、俺は信用しねえ。俺にとっちゃ風にのっていて、しかも紙切れみたいに、いつかは地上に降りてこなきゃならない。でも、折角降りてきても、誰も拾って読もうとしないから、誰にも見られず理解されず、また飛んでいっちまう。世の中で一番の悪党は、間違っているものを見て、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ。俺はまだ21歳だが、そういう大人が大勢いすぎることがわかっちまった。あんたら21歳以上の大人は、だいたい年長者だし、もっと頭がいいはずだろう。」(出典:ウイキペディア)

まだ21歳のボブ・ディランらしい発言です。

「世の中で一番の悪党は、間違っているものを見ても、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ」

この言葉が強烈です。
<Youtube>


(出典:ボブ・ディラン「風に吹かれて」を訳してみる・http://www.english-turi.com/song/1000/)

まとめ

ボブ・ディランの名言集もあります。

この表現を読むことで、“心”を吸収することが出来るので、一部を載せて、まとめとします。

① 何もかも失ったって、まだ未来だけは残っている。

② 心のままに進んで行け、最後はきっとうまくいく。

③ 目的に到達したとは思っちゃいけない。いつもどこかに向かう過程だと思うことだ。

④ 最低の犯罪者とは、間違ったものを目にし、それが間違っていることに
気づいたにもかかわらず、そこから、目を背けてしまう人たちだ。

⑤ 君の立場になれば、君が正しい。僕の立場になれば、僕が正しい

⑥ ぼくにはヘンな癖があるけど、捨てるなんて事はしなかった。だってそれがぼくの個性なんだから。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事はコチラ