岡崎利貞のwiki風プロフィールと経歴!職業や年収なんかも気になる! 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

テレビ朝日系「報道ステーションSUNDAY」に出演中の矢島悠子アナ(34)が、
制作会社社長・M氏と交際していることが、週刊文春の取材により明らかとなりました。

矢島アナは2011年、28歳のときに「ちい散歩」の番組プロデューサーだったO氏と結婚したが、
現在は別居中で離婚は成立していないという。

左手にはまだ指輪が見られるというのです。

矢島アナとM氏の不適切な関係は、局内でも噂になっていた。

%e7%9f%a2%e5%b3%b6%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%bc3

M氏は50代バツイチ独身で、矢島アナが出演する「報ステSUNDAY」と、
テレ朝の看板番組「報道ステーション」の制作を請け負っている。

いわば仕事関係の仲間という事になります。

どういう状況なのか迫ってみます。

スポンサーリンク

岡崎利貞のwiki風プロフ

%e5%b2%a1%e5%b4%8e%e5%88%a9%e8%b2%9e%e3%83%bc2

 

◆ 名前:岡崎利貞(おかざきとしさだ)

◆ 生年月日:?年?月?日(歳)

◆ 職歴:テレビ朝日映像㈱会社・第1制作局第1制作部・ゼネラルプロヂューサー・演出。

・第18回橋田賞、ギャラクシー賞月間賞、写真集「想創奏」上梓

・「若大将のゆうゆう散歩」総合演出兼プロヂューサー

現在別居中の夫についてですが、矢島アナは2011年、
28歳のときに「ちい散歩」の番組プロデューサーO氏と結婚しています。
(ちい散歩は地井武男さんが亡くなられてから番組は終了しています。)

結婚歴は5~6年。

矢島アナの夫O氏については、調べてみると名前はViViA(テレビ朝日映像株式会社)の岡崎利貞さんという事がわかりました。

ちなみに、年は16歳離れていて現在50歳のようです。

<TW>

矢島悠子の行動は?

%e7%9f%a2%e5%b3%b6%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91

10月2日の深夜、都内近郊の歩道を手をつないで歩くカップルが、
50代男性のマンションに入りお泊りし、翌日の夕方にマンションを出てきたのです。

女性は、テレビ朝日の「報道ステーションSUNDAY」に矢島悠子だったのですレギュラー出演し、
フィールドレポーターを担当している。

相手男性は、50代のバツイチ独身の男性で、番組制作会社社長M氏だというのです。

現在は同じく「報道ステーションSUNDAY」で現場指揮やニュース現行のチェックなどをしているのです。

彼は、詩人のようなポエム長の原稿も掛けるのです。

矢島は、子供のころの夢が『詩人かアナウンサー』と公表しており、彼の才能に惚れたのかもしれないのです。

さらに、夏頃には、男性の運転するBMWでホテルに行くことも、今ではさらに関係が進み、男性の家に私物も置いて入り浸っているそうです。

記者の直撃に男性は、

「スタッフです」「男女関係はないので、」「泊りというか、打ち合わせで彼女は夜中に帰っています」

矢島さんは、

「ごめんなさい、何も申し上げられません・・・」

とだけ言って、二人はそのまま暗い住宅街に消えたのでした。

スポンサーリンク

矢島悠子のwiki風プロフ

%e7%9f%a2%e5%b3%b6%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%bc2

◆ 名前:矢島悠子(やじまゆうこ)

◆ 生年月日:1982年7月27日(34歳)

◆ 出身地:神奈川県川崎市

◆ 血液型:A型

◆ 身長:165㎝

◆ 学歴:中央大学文学部

◆ 職歴:テレビ朝日

◆ 活動期間:2005年~

◆ 趣味:昼寝、散歩、文章や手紙、

・2011年春に、16歳上のテレビ朝日関連会社社員と結婚した。

相手は岡崎利貞です。現在は別居中。

<TW>

矢島悠子の不倫相手は誰?

情報では、

・M氏
・50代
・バツイチ
・制作会社社長

詩かわかっておりません?局内の方々は存じていると思いますが・・・

離婚が成立していない以上不倫になりますね!

矢島は、子供のころの夢が『詩人かアナウンサー』と公表しており、彼の才能に惚れたのかもしれないのです。

現旦那も16歳の年齢差で、年上を好まれるようですね!50台という事は、矢島アナは34歳ですから、16歳以上離れていることになりますね!

まとめ

本人はなくまでも打つ合わせです!一点張りですが、交際は明らかです。

プライベートとはいえ、現役アナが関連会社の社員と浮気しているという事では番組に影響は必至でしょう!

どんな影響がでるか気になりますね!

収入など調べて見ましたが情報はありませんでした。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク