ベッキーが長すぎと言われていた髪をバッサリ!伸びるのも早いという噂も?

記事によると、歌手でタレントのベッキー(32)が出版社の宝島社の新聞広告のモデルを務めて話題になっているという。

ベッキーは29日付日本経済新聞の朝刊(全国版)の30段カラー見開き広告に登場。

広告では「あたらしい服を、さがそう。」というキャッチコピーと共に

ベッキーがトレードマークだったロングヘアをバッサリカットした
ショートカットの髪型&背中を見せた姿を見せているという。

関連k字は以下にあります。

⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?

⇒ベッキー週刊文春・第3弾。またLINE再流出!恐るべしベッキー!今後どうなる? 

⇒川谷絵音の彼女がほのかりんと判明!!オウム信者に似ているのはなぜ?

スポンサーリンク

ベッキーの髪型は?

過去にも短く切った画像は多く公表されております。

しかし、この度の宝島社の表紙は、今までよりも若干短く、
背中が丸見えで、あたかもヌードを想像させます。

上半身に何もつけず、「あたらしいしい服を、さがそう」というメッセージを発しております。

これは、29日の日本経済新聞の全国版に掲載されました。

なにか、意味深なところがあるのを誰もが感じ取ったのではないでしょうか?

宝島社は、

「その時代、そのときどきに伝えたいことをメッセージ性の高い
広告として発信することを念頭に広告を発信する」

と言っております。

過去を脱ぎ捨て“裸一貫”で出直す、長かった髪もバッサリと切り落として、
なおもその意味を強めているように思われますよね!

写真撮影は?

%e3%83%99%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%bc%ef%bc%92

「撮影は、閑静な住宅街にある自然光を生かしたオープンテラスのスタジオで行いました。
リラックスした状態で撮影にのぞんでいただくために、 太陽の自然な光がさしこむスタジオを選び、
クラシック音楽を流しながら、 撮影スタッフも最少人数でアットホームな雰囲気での撮影を目指しました。
メッセージに合った表情や動きを追求し、ベッキーさんとも相談を重ねて撮影をおこない、
数あるカットの中からベストな1 枚を選んでいます。」

とスタッフは述べております。

撮影は、写真家:与田弘志サンです。
%e4%b8%8e%e7%94%b0%e5%bc%98%e8%87%b3%e3%83%bc%ef%bc%91

与田さんは、74歳になる巨匠・写真家です。

父親の転勤で、イギリス・ロンドンで11年間過ごします。

ここでどんな刺激から写真家になったかは定かではありませんが、
幸運が重なってようにも思います。

1963年には、ギルフォード美術学校を卒業しております。

 

宝島社とは?

宝島社は、東京千代独に本社を置く出版社です。

業種は、情報、通信業を行っております。資本金は、3,9億円です。
従業員が189人で比較的小さな会社のようです。

「死ぬときぐらい好きにさせよ」というメッセージで、
女優の樹木希林を起用して、読売広告大賞グランプリやその他の多くの賞を
受賞しております。

%e5%ae%9d%e5%b3%b6%e7%a4%be%e3%83%bc%ef%bc%91

(出典:http://tkj.jp/company/release/)

新聞4紙に同時掲載
(読売広告大賞、朝日広告賞、朝日新聞読者賞、日本新聞協会 新聞広告賞、ADC賞、TCC賞 )
受賞し、大変大きな反響をいただいています

スポンサーリンク

ベッキーの今後は?

復帰を試みるも、何度か失敗しているのは事務所の責任も大きいと思います。

アメリカ行きもささやかれましたが、常々、「仕事がしたい」と言っており、

5月には、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、
テレビに姿を現し、中居MCの質問に答える形で、すべてを正直に話し、
懺悔したつもりだったのですが、思惑通りにはいきませんでした。

好感度ベストワンを何度も獲得し、圧倒的な信任を得ており、
貯金がたくさんあることが幸いでもあり、期待を裏切った落胆は、
反動的に多かったのです。

ベッキーにとって、タレント家業は“天職”だと思うのです。

焦ることはありません!このように新聞でアッピールするなりして、
少しづつ出現してくる方がよいように思います。

<Youtube>

ネット反応は?

<TW>

 

まとめ

ベッキーさんもこの度の件で、世間の厳しさを身にしみて感じたことと思います。

世間の皆さんにも言いたいと思いますが、
ほどほどに許してもいい頃だと思いませんか?

川谷さんが、未成年者と交際するとか青春を謳歌しております。

このようなことは意識する必要は全くありません!

スポンサーリンク

関連記事はコチラ