クルム伊達公子が不妊をテレビで告白?旦那と離婚の原因はやはり子供なのか?

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

2016年9月26日にミハエル・クルムとの離婚を発表しました。

仲の良かった二人に何があったのでしょうか?

会見では笑顔を交えて、

「別々の道を進むことが、お互いに最善との合意に至りました。」

と言っておりましたが何がそうさせたのでしょうか?

関連記事はい啞にあります。

⇒ミハエルクルムの年収に驚き!愛車のGT-Rもカッコいい!

スポンサーリンク

クルム伊達公子 のwiki風プロフ

%e4%bc%8a%e9%81%94%e5%85%ac%e5%ad%90%e3%83%bc2-1

◆ 名前:クルム伊達公子(くるむだてきみこ)

◆ 伊達公子(だてきみこ、Kimiko Date-Krumm)

◆ 生年月日: 1970年9月28(45歳)

◆ 出身地:京都府京都市

◆ 身長:163㎝

◆ 体重:53㎏

◆ 学歴:園田学園高等学校卒業

◆ 活動期間: 1989年~

◆ 所属:エステティックTBC

・伊達公子の戦績の評価は、アジア出身の女子テニス選手として、史上初めてシングルス世界ランクトップ10入りしたのです。

・日本人21年ぶりのグランドスラムシングルスベスト4、日本人女子初の全仏オープンシングルスベスト4・ウィンブルドンシングルスベスト4進出者であるのです。

・現在日本人女子最後の4大大会シングルスベスト4進出者である。

・年長記録では、現在女子世界ランク100位内選手の中でも最年長選手であり、2番目に年長のビーナス・ウィリアムズより10歳年上である。

・全豪オープン勝利(オープン化以降)・ウィンブルドン3回戦進出の最年長記録、WTAツアーシングルス優勝・全仏オープン勝利の歴代2位の年長記録を保持している。

・2010年10月にWTA史上初の40歳以上でトップ10の選手に勝利を記録した。

・2001年にドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルムと結婚

・2016年9月26日にミハエル・クルムとの離婚を発表

クルム伊達さんの不妊治療の公表とは?

「解禁 秘ストリー」というTBS放送でクルム伊達公子が不妊治療をしていた!ということを公表したのです!

伊達公子さんは、40歳で高齢出産になりリスクモあるので、子供はあきらめたのかなあ?と思っていたら、諦めていなかったのです。

31歳の時、クルムさんとご結婚されて、なかなか子供ができず、整体に通い、漢方薬も試したようです。

不妊検査しても夫婦ともに問題はなく、不妊治療の人工授精5回、さらに顕微授精も試したが、子供を授かることができず諦めたようです。

40歳以上の高齢出産も多数おられます。

松嶋尚美さんが41歳、兵頭由紀さんが44歳、ジャガー横田さんがん45歳とほかにもおりますが、年齢であきらめたのではなく、他の原因のようです。

スポンサーリンク

テニス界への復帰

子供が授からず諦めて、気持ちの切り替えのためなのか、その後、クルムさんの後押しがあって、37歳でテニスの現役復帰!

ご本人が「若手の刺激になれば」とおっしゃってますね。

それ以前に、やはり「テニスが好き」「クルムさんの後押し」だからではないでしょうか。

あの年齢で、あれだけ動けるということは、相当にキツイ練習を地道にこなしているはずです。

二人は、東京とモナコを拠点にし、お互いが多忙なアスリートとなり、すれ違うことが多くなっていったのかもしれませんね!

離婚の理由は?

 

%e4%bc%8a%e9%81%94%e5%85%ac%e5%ad%90%e3%83%bc2-2

 

「2人で長い時間をかけて話し合い、これからは別々の道を進むことを決めた」と一般的表現のコメントですが、

やはり“子供”がいないことが基で、お互い多忙なアスリートとして、
生活し、“すれ違い”の生活が続いたためでしょうか?

「子供と結婚したんじゃない」とミハエルさんは言っておりましたので、後者の方が重いのでしょうか>

今後は、良きパートナーとしてのお付き合いは継続するそうですので、お互いが“傷心”の状況ではないのが幸いと思います。

⇒伊達公子のブログはコチラ

ネットの反応は?


https://twitter.com/soymilk5848/status/780428972395900928

まとめ

16年間の結婚生活に終止符を打ちましたが、離婚会見も和やかで、その後もいい関係が続くとしたら、友達に戻ることも“アリ”でしょうか?

テニス界への復帰もクルムさんの希望との情報もあり、テニスで戦う伊達さんに魅力を感じているようですので、これからもお互いに応援しあい、良い関係が続くことを期待いたします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク