七五三 お参り時期と安く済ませる方法とは?

七五三に関連して、
時期や費用等ぎもんも多いようです。

先がけて、以下に解説します。

七五三

 

七五三は、子供の成長の祝い。
数え年で男は三歳・五歳、女は三歳・七歳の
十一月十五日に、

晴れ着姿で氏神などに参拝する行事ですが、
起源は室町時代といわれ、
江戸時代の武家社会を中心に
関東から全国へ広まったとされております。

当時は乳幼児の死亡率が高飼ったことから、
七五三のお祝いは
今まで無事に成長したことへの感謝と
幼児から少年・少女期への節目に
これからの将来と長寿を願う
意味を持っていたそうです。

3歳・・・男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”
5歳・・・男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”
7歳・・・女の子の着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”

スポンサーリンク

三歳で言葉を理解するようになり、
五歳で知恵づき、
七歳で乳歯が生え代わるなど、
発育してゆく上で病気にもなりやすく、
様々な危険を伴う時期なので、
健や かな成長を氏神様にお祈りをする。

現代的に言えば、
子供を思うご両親の愛情表現の行事
という意味合いが強くなっています。

現在でも残っているのは
延寿千歳飴です。

飴のように寿命も延びてほしい、
という意味が込められているのです。
ではいつなのかという時期になりますが
昔は数え年で行うのが慣例だった。

数え歳で行うとメリットがあります。

3歳のお祝いを数え年で行うとすると、
つまり2歳で七五三を行うことになります。

3歳前だと、まだ赤ちゃんのあどけなさがあり、
この時期にしかない可愛らしい七五三ですよね(^^)

5歳の男の子のお祝いも、
4歳と5歳ではかなりの差があります。

できるだけ幼いころの写真を残したい…
と思う場合は、数え年で行う方が良いかもしれません。

7歳のお祝いですが、
数え年だと就学前にお祝いすることになります。

小学校にあがると何かと忙しくなるので、
その前に済ませてしまうほうが良い
という考え方もあるようです。

・女の子は、満三歳、満七歳 で
・男の子は、満三歳、満五歳 で
と満年齢でお祝いするのが一般的です。

年の近い兄弟姉妹がいる場合、
上の子の満年齢にあわせて
下の子は数え年で、

っと一緒に七五三を祝う
方法もよくあります。

スポンサーリンク

また地域や家庭によって、
「数え年で」「満年齢で」
と慣例がありますので、
事前にまわりの人に
確認しておくのもいいでしょう。

最近はあえて時期を外し、
10月上旬から11月後半に行うことも
珍しくありません!

11月15日前はやはり神社も
七五三のピークになりますので、

あえてここを避けて
11月の後半にお参りすることも
珍しくなくなりました。

ゆったりと時間をかけて
神社でお参りを行うために、
また子供の機嫌を考えて
あえて時期をずらす、
といったことも賢い選択です。
七五三-2
要するに、あまり堅く考えないで、
状況(家族、年齢構成、地域等)に応じて
無理なくスムースに行うことが
求められております。

また、着物代、写真の撮影代、祈祷代
など結構あかけがかかるものです。

”安く行うには”

「着物」は、一日レンタルで
1~3万円です。

友人、知人から借りることがベストですが、
安いレンタルで十分です。

撮影代は、
3~5千円で、何枚も購入すると
それだけ増えます。

そこで、重要なのが、
プリント代とデータ代です。

一番小さいハーフキャビネットで1.5千円、
四つ切で、六千円位です。

写真一枚とデータを買いましょう。
自宅で焼き増しするのが一番安上がりです。

さらに、自分で撮影するのが
最も安上がりです

⇒そのコツはコチラ

を参照ください。

祈祷台は、
五千円/1人で、

トータルで35~7万円と
ドンドン増えてゆきます。

最後に、
「クーポンや早期割引」
を活用しましょう!

衣装レンタル専門店や、
大手スタジオは

クーポンや早期利用割引等を

イベントごとに用意しております。

いかがですか。少しでもお役に
立てれば幸いです。


スポンサーリンク