篠田麻里子、トラブル続発で凋落状態が深刻化??「オヤジ受けのよさ」が裏目?

篠田ー2篠田麻里子は、日本のファッションモデル、
女優、タレント。

福岡県出身。サムデイ所属です。

女性アイドルグループAKB48の元メンバーで、
卒業した2013年7月22日時点では
AKB48の最年長メンバーであった。

「お姉さんキャラ」として知られていた。

AKB48劇場内カフェ勤務から
秋元康の打診を受けて
正規メンバーになったという“特例”でもあり、
同グループ在籍中から単体での活動が多かった。

スポンサーリンク

また、2008年11月からは女性誌『MORE』の
専属モデル活動を継続。
各種テレビ番組やテレビコマーシャル、
雑誌などを舞台に幅広い活動を展開していた。

しかし、

篠田といえばAKB屈指の美貌とスタイル、
抜群のファッションセンスの持ち主として期待され、

卒業後もバラエティーから
アパレル関係まで幅広く活躍しております。

「卒業後も絶対に安泰」といわれていたが先日、
一部メディアに

「Instagramが私生活のことばかり」

などと報じられ、お寒い状況を指摘された。

その原因はダーティなイメージにもなりかねない
トラブルの続出なのだ!

元々、現在のメンバーとも年齢差があり
コミュニケーション面でも
不安視されていましたが、
それが一気に表面化してきたのでしょう。

彼女の所属する事務所も問題が多く、
所属タレントの教育が出来ていないことも有り
「挨拶もしない」や「スタッフに横柄過ぎる」
といった評判であり、
また食事もメンバーと取らないなどとも言われています。

また取り巻きが多く後輩メンバーが
近寄れない環境にも問題があるでしょう。

それをいくつか集めてみた。

①「篠田麻里子は、2013年6月に行われた選抜総選挙で
『1つの決断をしようと思いました』と卒業宣言し、
グループを卒業したのですが、

実は運営サイドから解雇を通達されていたんです。
前年の総選挙では、後輩たちに向かって
『潰すつもりで来てください』と見栄を切り、
『心強い後輩が出てきたならば、
私は笑顔で卒業したいと思っています』
としていたのですが、
その翌年にあっさりと卒業してしまった原因は、
ほかならぬ“クビ”だったためです」

との情報があります。

「当時篠田は、運営サイドの上層部、
それこそ秋元氏から窪田康志AKS前社長まで、
トップ陣営とも連絡を取り合ったり、
食事に行くほどの仲でした。

しかし、そこで彼らがついしゃべってしまった機密事項を、
篠田はほかのメンバーやスタッフに
言いふらしてしまったそうなんです。

そのことが問題視されるようになり、
何度か篠田本人も注意を受けたようですが、
その悪癖に改善はなく、

所属のサムデイや直属の
バーニングプロダクションとも
調整を行った結果、
強制的に卒業させられることになってしまいました」

のだそうです。

②今月9日、CM契約をめぐる恐喝事件で
芸能プロ社長が逮捕されたが、

容疑者がキャスティングに動いていたタレントが
篠田だったことが判明。

篠田本人に責任はないだろうが、
一般ニュースの事件報道で
「篠田麻里子」という名前が
デカデカと報じられる憂き目にあった。

篠田の名前が出たのは
「篠田がバーニングから、
見限られているからでしょう」との話もあります。

③昨年はプロデューサー兼デザイナーを務めた
ファッションブランド「ricori」が
全店閉店したことが大きな話題になった。

篠田は全面的に関わっていることを
度々アピールしていたが、閉店となった途端に

「去年までアドバイザーとして
お手伝いしていただけに残念です」

と他人事のようなコメントをしたのだった。

「逃げ足の速さ」だけが印象に残り、
大きなイメージダウンになった。

このように、凋落ぶりが目立っている。

④さらに、一昨年には、
福岡市のネット上の仮想行政区
「カワイイ区」の区長を退任した。

市長を表敬訪問した篠田の思い付きで始まったとされ、
当初は篠田人気も手伝って登録者が4万人を
突破するほどの大盛況だった。

ところが、篠田の仲介でサイト制作を
担当した大手代理店「電通」に
約1,000万円の税金が流れていたことや、

市と正式契約を結んでいないRKB毎日放送が
関連グッズの販売や特別住民票の
予約受付を手掛けるなど
運営資金の不透明さが露呈した。

篠田の退任後も「男女差別を助長する」
といった苦情があり、
今春に「カワイイ区」は廃止されている。

スポンサーリンク

⑤また、かつて週刊誌に報道された
「愛人疑惑」も尾を引いている。

AKB48グループの運営会社
「AKS」の窪田康志社長(当時)から
特別の寵愛を受けているとされ、
高級タワーマンションの一室を
与えられているなどと報じられた。

これ自体は「過去のこと」として
イメージが薄れていたのだが、

昨夏に窪田氏が社長を
解任された騒動で話題が再燃!!

窪田氏が独断で篠田のブランド

「ricori」

に約5億円の融資をしていたとされ、
それ以外にも数十億円の不透明な資金が
あったために親会社のパチンコメーカーが
憤慨し、窪田氏は失脚した。

⑥今月中旬にAKSが国税当局から
約5億円の申告漏れを指摘された件でも、

窪田氏の交際費約4000万円が
経費計上されていたことが分かっている。
これも「篠田のお小遣いでは」という憶測を呼んだ。

いずれも本人が悪いわけではなさそうだが、
あまりにも「カネ」のにおいのする
生々しいトラブルばかり??

⑦芸能プロ社長逮捕 タレント起用で恐喝容疑

東京の芸能プロダクションの社長が、
テレビのコマーシャルのタレントの起用を巡って、
知人とトラブルになり言いがかりをつけて
金を脅し取ったとして警視庁に逮捕されました。

⑧りそな銀行が情報漏洩を謝罪し、
関ジャニ大倉や俳優の西島秀俊(44)が
被害にあっていたことが話題になったが、

篠田は今年2月に同銀行の
イメージキャラクターに抜擢されたばかりだった。

⑨4月には日テレの上重アナが、
自身が司会を務める「スッキリ!!」
の番組スポンサーでもあるABCマート創業者から
巨額の利益供与を受けていたことが発覚。

篠田はそのABCマートのテレビCMに起用され、
昨年は900店舗達成記念や
2015年の初売りCMが放送されていた。

篠田がイメージキャラなどを務めた企業や事業に
次々とトラブルが起き、芸能関係者の間で

“さげまん伝説”

がささやかれ始めているのだ。

篠田ー1

これでは好感度が低下し、
タレントとしての支持を
失ってしまうのも無理はないのです。

「篠田はAKBグループの中では
珍しい正統派美人で
バラエティーの受け答えも上手い!

文句のつけようがない逸材だったのですが、
いかんせん『オヤジ受けの良さ』が裏目に出てしまった。

美人でワガママ女王タイプの篠田は、
業界のお偉いさんたちに
可愛がられやすいキャラクターなのだ!

本来なら大きな武器になりますが、
そういった人たちはお金の面で
グレーなことをしていることも少なくない。

ワキが甘いと、いつの間にか
トラブルに巻き込まれてしまう」

と、芸能関係者は曰く!

AKB時代から大人気だった篠田の周りには、

さまざまな業界の「オヤジ」たちが
集まってきていたのだろう。

おいしい話を散々持ちかけられただろうが、
その結果がこれでは報われない。
今後はしっかりとワキをしめて
イメージ回復に努めた方がよさそうだ。

そんな篠田の最近のインスタグラムは、
「飼い犬と遊ぶ姿」「たこ焼きパーティー」など
私生活のカットが中心。

最近投稿した写真には、
ペン習字のドリルらしきものが写り込んでいたほか、
近ごろはジムでトレーニングに精を出すなど、
自分磨きに余念がないようだ。

スポンサーリンク


関連記事はコチラ