益若つばさの”つけまつげ”ドーリーウインク(Dolly Wink)とは?

益若つばさ(まつげ)ドーリーウインク(Dolly Wink)は2009年
「つけまつげをコージー本舗(化粧品メーカー)さんと作りたい!」という、
つばさちゃんの一言からスタートしたコラボ企画でした。

それから5周年を迎えた今年、
なんと販売累計1,000万個を達成!

と驚異的な発展を遂げました。

ちょっとした”閃き”がこんな結果を生むなんて
誰が想像してでしょうか?

発売と同時に即完売、毎日入荷のお問い合わせが
絶えなかったという伝説のアイラッシュ第一弾です。

”きれいになりたい!”
”可愛くなりたい!”
のは、どの女性の願いなのです。

スポンサーリンク

これに答えたのが、

つばさちゃんこだわりの

「タレ目」

になれるように、
目尻部分を濃くしたアイラッシュを
目尻からはみだすようにつけるメイクは

「アイメイクはとにかく盛る!」

全盛期の女の子たちに大流行しましたのです。

2011/11第1弾よりも、アイラッシュのデザインが
全体的にナチュラルになった第2弾が登場します。

まつげの束感よりもふさふさ感を重視し、
黒目がちの目をつくるデザインの6アイテムを発表しました。

「誰でもハーフっぽい目になれるように」
とのつばさちゃんのこだわりから、
外国人の自まつ毛を意識したデザインになっています。

より「大人可愛い」を表現するために、
デイジーのお花がついた淡いパステルカラーの
香水ボトルをイメージしたパッケージになりました。

当時はまだ「つけまつげ」といえば上まつげばかりの中、
下まつげやポイントまつげにもこだわった
ドーリーウインクは、
つけまつげの世界に革命を起こしていきました。

<すべて香水パッケージ>

「アイラッシュのベース糸を
太くしたタイプが欲しい!」

という愛用者の声にお応えして
できあがったNo.17など、
常にブログやtwitter上でユーザーからの

「こういうまつげを作って欲しい」

という意見を大切にしながら、
デザインを作り上げていく
プロデューサー・つばさちゃん。

第3弾の新デザイン3種と同時に、
それ以前のアイラッシュも
香水ボトルパッケージに全て統一しました。

スポンサーリンク

クチコミポータルサイトの最高峰「@cosme」にて、
下まつげのNo.5が栄えある
年間ベストコスメ大賞を受賞しました。

2011年は、つけまつげ界の革命児、
ドーリーウインクが偉業を達成したのです!

なんと、@cosme内のつけまつげ
カテゴリー開設後初の受賞というW快挙。

受賞したNo.5はシリーズの中でも
特に幅広い年代の方からのコメントが多く、
たくさんの皆様からオススメの評価をいただきました。

<ナチュラルメイクが定着してきた2013年>

「ブラウンカラーだけのつけまつげが欲しい!」

というご要望から生まれたブラウンアイラッシュ。

なぜ限定だったかというと、
ブラウンカラーの毛だけで作るアイラッシュは、
製造時にカラーが濃かったり薄かったりとバラバラで、
安定して同じ品質を保つことが非常に難しいためでした。

しかし、難しいからといって
つばさちゃん&ドーリーウインクスタッフが諦めなかった結果、
理想のブラウンアイラッシュが出来上がり、
数量限定でしたが無事に皆さんの
お手元にお届けすることができました。

<発売から4年目>

10代~20代だけではなく30代以降の
女性にもファン層が拡大し、
幅広い年代の人に
お使いいただくようになってきたため、
よりナチュラルなデザインが
第4弾にて追加されました。

また、この時発売されたNo.21は、
デザインが複雑なため量産できずに
一度NGになったデザインでしたが、
生産技術の向上により発売が実現しました。

ドーリーウインクのアイラッシュは
全て一つ一つ手作業で作られているため、
繊細なデザインを再現できる
高い技術力が必要不可欠なのです!

<「大人可愛い」>
が永遠のテーマであるドーリーウインク。
今の気分の「大人可愛い」を表現したら、
洋書風パッケージになりました。

ナチュラルメイクが主流になった現在、
「色素の薄いメイクが素敵!」
というつばさちゃんのこだわりのもと、

「ナチュラルだけどキレイに見えるようなデザイン」

「エクステ風の仕上がりが好きな人にも満足できるものを」

というコンセプトの新デザインが追加されました。
この第5弾では、ブラウンカラーのアイラッシュが
新たに定番ラインナップに2種類加わっています。

<ついに販売累計一千万個達成!>

発売から5年、
ドーリーウインクのアイラッシュは
たくさんの方に愛され、求められ、
なんと1,000万個を皆様のお手元に
お届することができたのです。

スポンサーリンク


関連記事はコチラ