益若つばさ年収急増!”つけまつげ”「世界で1000万個以上」巨額のもうけ!!

益若つばさ  
 

益若つばささんは、
ギャルファッションモデルで、
1埼玉県越谷市出身です。

『Popteen〔ポップティーン〕』の
読者モデルとして人気を博し、
着用した服やアクセサリーが
瞬く間に売れるなど突出した経済効果を
有することから『100億円ギャル』の
異名をもって知られてきました。

その経済効果については500億円以上と言われております。
『つーちゃん』の愛称がある。
所属はエイジアプロモーションです。

趣味 料理 お菓子作りです。

スポンサーリンク

2009年頃から美容やアパレル関連の
様々な商品をプロデュースし

2010年頃からはテレビ番組の出演が
増えていったようです。

益若さんは2007年には、
「Men’s egg」の読者モデルとしられ、

梅田直樹さんと結婚し、
翌年4月には第一子となる男児・りおんくんを出産しましたが

2011年10月に 益若さんが
子どもを連れて家を出る形で別居!

その後2013年1月に離婚を発表しました。

慰謝料(3千万円?)もしっかりいただいたそうです。

収入が徐々に増え、
年収が2012年から2013年は
推定 1200万円~1600万円ほどだそうです。
(EX大衆という雑誌)

ところが、
21日放送の「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)で、
モデルの益若つばさが、副業での売上を明かしたのです。

番組では、「アレどうなった?気になる今を調べてみたSP」と題し、
中国のコピー商品などを紹介しました。

VTRによると、かつてのニュースでは
中国のディズニーランドを模した施設や、
人気のスマートフォンをオリジナルより
先に発売するなどを報じたが、
現在では「ニセ大学」「ニセ銀行」なるものまで登場し、
スケールアップしているという。

VTR後、益若も自身がプロデュースする
”つけまつげ”「Dolly Wink」のコピーが
中国で出回っていると語っておりました。

益若が実際に中国に訪れたときには、
同名のニセモノが店頭に並び、
自身の写真まで無断使用されていたというのだ!

益若はこの状況を説明する際、
「(プロデュースする)つけまつげが世界で1000万個以上売れていて、
中国の方に人気で観光客が日本に来たら、
つけまつげを買うっていうのが流行ってるんですけど…」と語る。

すると、これに他の出演者から驚きの声があがり、
ミッツ・マングローブが
「小浜市の1億倍くらい稼いでる」と思わずツッコんだのです。

スポンサーリンク

この日の番組では、2008年米大統領選で
バラク・オバマが立候補し、
福井県小浜(おばま)市が便乗して
多くの収益をあげた話題も取り上げていた。

また、えなりかずきが
「小浜市のVTR、鼻で笑ってましたでしょ?」と尋ねると、
益若は顔を手で覆い、
あわてて「信じる方もいるんですから」と否定してみせた?

ちなみに番組では、小浜市の「オバマ効果」は
2008年2月から1カ月間で、
広告収入は40億円と伝えている。

とても想像できませんが、
<小浜市の1億倍??>

そんなわけないでしょう??
しかし、1億、2億の話ではないようです。

さらにですが、「つ~ちゃん」は、
「Dolly Wink」のほかに

「“もっとズルい瞳。”益若つばさプロデュースカラコン「バンビシリーズ >」
を発表し、

「益若つばさディレクション「EATME」原宿に1号店オープン」

と立て続けに事業を拡大しております。

ある評論家の言葉には、

「益若つばさの一人勝ちでしょう。
自身がプロデュースしたつけまつげや
カラコンなどが完売続出のうえ、
昨年はアパレルブランドも立ち上げたため、
収入はうなぎのぼりです。

2012年に別れたダンナに
3000万円もの慰謝料を一括払いしていますし、

読者モデル時代からコツコツ貯めているといいますから、
現在の貯金額は億を超えているでしょう」

と言われております。

益若の人気の秘訣は何といっても
親しみやすさだそうで、
特別美人でもなく小柄な彼女が
大ブレイクしたことで、私でもなれるかも? 
と夢を見た女性が急増し、
読者モデルが一気に増えたそうです。

スポンサーリンク


関連記事はコチラ