木村拓哉が嫌われている本当の理由とは?メンバーだけに見せる裏の顔がある?

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

SMAP解散騒動は、 「木村拓哉の謀反」「中居正広と木村拓哉の対立」「香取慎吾の乱」などと様々な情報が錯乱しておりましたが、遂に解散が発表されました。

それも、オリンピックな真っただ中!お盆の始まり!という世間が異常に状況の中での発表でした。

その時には、木村拓哉夫妻は、ハワイにおり、ジャニーズ事務所関係者と密会していた(?)そうなのです。

奥が深そうです。調べて見ました。

今回はこの4点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

・木村拓哉のwiki風プロフ

-2キムタクー工藤

◆ 名前: 木村拓哉(きむらたくや)

◆ 愛称:キムタク

◆ 生年月日:1972年11月13日(43歳)

◆ 出身地:東京都

◆ 血液型:O型

◆ 身長:176㎝

◆ ジャンル:映画、テレビドラマ、

◆ 活動期間: 1987年~

◆ 配偶者:工藤静香(2000年~)、2児、

◆ 職業:俳優、歌手

◆ 事務所:ジャニーズ事務所

・男性グループSMAPのメンバーです。

・1994年には、日本映画『シュート』に出演し、石原裕次郎新人賞を受賞しました。

・2000年にン歌手の工藤静香と結婚しました。4カ月のデキ婚でした。2001年に長女が、2003年に次女が生まれております。

・主演した多くのドラマが視聴率30%以上を記録し、高視聴率男と注目されるようになりました。

・第10回ドラマ・オブ・ザ・イヤー2013・主演男優賞など数々の賞を受賞しております。

・第2回ザテレビジョンドラマアカデミー賞・主演男優賞『HERO(第2期)』(2014年)

スポンサーリンク

木村拓哉が嫌われた理由とは?

謝罪会見に対する違和感から、木村拓哉に対する批判が絶えません?

「裏切者」「最低」「嫌になった」という言葉があちこちから聞こえた来たのです。

そもそも今回の解散騒動も木村拓哉が同調していれば起こることはなかった。
そう考えると木村拓哉が最低だとか裏切り者だとか言われても仕方がないのかもしれない。

ただ一人の妻子持ちで、他の4人とは違った背景はあるにせよ、一部には、同調しなかったのは、妻である「工藤静香」さんの指示があったといわれております。

実は、木村拓哉とメリー副社長は日常から親交があったのです。

事実、メリー副社長は、「今でも家に遊びに行くし、食事にも行ったりしている、」と、話しているのです。

その遠因は、結婚の話が知れ渡ると、事務所からは“反対”されていたそうです。
静香さんは、結婚後、必死でメリーさんにアプローチして気に入れられるようになったそうです。

そのきっかけで、家族ぐるみのお付き合いが始まったといわれております。

SMAP解散騒動の始まりは、以下のサイトにありますが、メリー副社長の「SMAPを連れて出ていけ!」

と飯島三智チームマネージャーを罵倒したことに始まります。

【記事1】 ⇒SMAP 解散危機2016 は本当?マネージャーに追随?今後どうなる?  

【記事2】 ⇒SMAP解散の危機?ジャニーズ 派閥 の影響か?いつから?

【記事4】 ⇒SMAP存続決定!今後は中居・キムタクの挙動がカギ?試練は続く!

【記事5】 ⇒SMAP解散で2016年の紅白は辞退が濃厚!理由はジャニーズ事務所の思惑か?

【記事6】 ⇒SMAP解散で香取慎吾は引退か?木村拓哉の不仲が致命傷!黒ウサギが暗示していた?

【記事7】 ⇒香取慎吾の生い立ちが特異だ!父・母・兄弟とのエピソードまとめ!

ジャニーズ派閥-3        SMAP

双方が弁護士を立てて、飯島氏がSMAPをつれて独立するという話になり、移籍先まで決まり、話がまとまりかけていたその矢先に、木村拓哉が、飯島マネージャーを裏切り、突然ジャニーズ事務支所への残留を明言したのです。

これがきっかけで話は頓挫し、飯島マネージャーは、事務所を追われて、退社を余儀なくされたのです。

木村拓哉さんは、メリー喜多川社長と通じており、将来の立場のなにがしかの話があり、残留を明言した可能性が濃厚と言われております。

これを香取慎吾は許せないと“根に思う”ようになったと推量されます。
特に香取さんは、最年少で飯島さんに育てられ、母のように慕っていたと言われております。

謝罪会見でも、木村拓哉が中心に位置し、リーダーの中居さんが端に立ち、ネクタイの色が違い、キムタクだけが謝罪しなかった。等々の不思議がわかるような気がいたします。

今回のメンバーの個々の解散コメントでも、唯一ファンに感謝・謝罪コメントはせずに「情けない」発言には、批判が集まっております。

解散に至ったのは、香取慎吾さんが発端ですが、ここまでメンバーの足並みがそろわず解散に至った原因は、木村拓哉さんと言われております。

2016年4月の「週刊女性」これ井の「好きなジャニーズ・嫌いなジャニーズ」では、なんと木村拓哉さんが、
2014年から三連覇で、一位になったのです。不名誉極まりないのです。

視聴率をとるのは、第一位と言われているのに何故こんなことになるのでしょうか?

それには、以下の要因があります。

① いつもかっこつけをやめず、歌は原曲から変な崩しをするし、演技も一本調子で面白みがない。
② 顔が黒すぎる。
③ もうそろそろ、プライドを捨てて普通にしてほしい。キムタクを背負いすぎてて、見ててつらい。

キムタクは、いつもカッコイイので、鼻につくアンチも多いということでしょうか?

最近では、騒動も重なり、嫌う方が特にネットでは多くなっております。

<TW-1>

<TW-2>

挙句の果てに、SMAPの解散騒動の謝罪会見では、他のメンバーが疲れ果てた顔をしているのに、1人だけ「我が物顔」であることに、さらに視聴者から、反感を買っております。

スポンサーリンク

木村拓哉の裏の顔とは?

昔は「カッコいい」「スター性やカリスマ性がある方」が人気がありますが、現在はそれほどではないようです。

かけ離れた存在は、確かに憧れますが、逆に「嫉妬」や「鼻について嫌い」ということもあります。

素朴で、飾り気のないキムタクですが、最年少の香取慎吾にも同様にふるまいタバコの買い出し「パシリ」として顎で使っていた時期もあったようでうす。

木村は、長い物には巻かれよ!的“計算高い男”と言われております。

今回もジャニーズに残る決断をしたのも“らしい行動”と言われております。ジャニーズ事務所という大きいな組織にいたほうが安心できる。と思ったのでしょう?

決定的なのは、13日の早朝にジャニーズ事務者から解散の記事が発表されましたが、その時点で、 ハワイで事務所関係者と家族ぐるみの旅行 をしていたことです。

こんな話を耳にすると、エリー喜多川副社長が、工藤静香に、“キムタクの残留を説得するように指示した”という話も真実味を帯びてくるのです。

<TW-1>

<TW-2>

スポンサーリンク

まとめ

誰もSMAPの解散は望んでいないのです。

キムタクが、工藤静香さんの指示で、残留を決めたことが、解散につながったとすれば、第一級の戦犯ということになります。

国民の信頼を失ってまで、このような暴挙に出たジャニーズ事務所の決断はいかがなものかと思う一人です。

事務所には所属して、ここに活動するといいますが、SMAPだから応援するし、楽しみや元気をもらっていたのです。

「“SMAP”は解散しない!命掛けで守る」といった、ジャニー喜多川社長の決意はどこへ行ってしまったのでしょうか?

個人の会社のSMAPではなく、 国民のSMAP ということが忘れ去られたのは悲しいの一言に尽きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】⇒SMAP存続決定!今後は中居・キムタクの挙動がカギ?試練は続く!

【記事2】⇒SMAP 解散危機2016 は本当?マネージャーに追随?今後どうなる?  

【記事3】⇒中居正弘はハゲているって本当か?「遺伝には負けない?」と言ったが?

【記事4】⇒SMAP解散の危機?ジャニーズ 派閥 の影響か?いつから?

【記事5】⇒香取慎吾の意志は固く平常心なのはなぜか?「さよならじゃないよ」にファンは涙した心が分かるのか?【スマスマ最終回】

【記事6】⇒木村拓哉が嫌われている本当の理由とは?メンバーだけに見せる裏の顔がある?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ