「たけしの家庭の医学」で2度も取り上げられた 「認知症対策」とは?(1)

たけし

「たけしの家庭の医学」

2014年2月25日放送
「名医が診断 若返り&長生きできる!
3つの悩み解決SP」では、

「ある臭いを嗅ぐと脳の若返りが期待できる!」
「ついに脳の若返りが期待できる”ある香り”を発見!」

ある香りとは、

スポンサーリンク

①夜用:ラベンダー&オレンジスイート
心や身体への鎮静作用がある
(ペンダントにしみこませる)

②昼用:ローズマリー&レモン
集中力を高め、記憶力を強化する刺激的作用がある。
(デフューザーを使用)

これを1週間使用したところ、
家事がスムーズにできるようになり、
認知機能も大幅に改善し予備軍を脱した。

と鳥取大学の浦上教授が報告しました。

Ninchi Aroma【ニンチアロマ】昼アロマ夜アロマ の
URLはこちらです。
⇒アロマオイル/天然100%/アロマオイル/認知症

2015年3月10放送
「認知症予防新発見!
名医が教える3つのサインSP」では、

国立長寿医療研究センター
もの忘れセンター長・櫻井隆遠征によれば

10年後には、65歳以上で、
5人に1人は認知症になる。

アルツハイマー型認知症・約50%
血管性認知症     ・・30%”

と報告しております。

MRI画像に見える
「白質病変」

が、血管性認知症になる
1歩手前である!とのことであります。

白質病変に気づく

”3つに特徴的サイン”
があると提示しております。

それは、

①まだら物忘れ
②つまずき
③食事にせき込む

であるとし、
たけし(認知症)

これを予防するには、
2つの方法を提唱しております。

高血圧のためにも、

①30分/日の散歩をすること。

②地中海料理を食べること・
(パエリア、オリーブ、魚介類、
クルミ(オレイン酸、DHA&EPA)

(料理方法も紹介せれたのですが、
ここでは省略いたします。)

地中海料理を毎日無理なく、
食べるためのポイントは、
魚介類や緑野菜に加えて、
オリーブオイル・ナッツ類を

いつもの食事で意識的に摂ることで
毎日無理なく摂取できるようです。

実際に1週間地中海料理を摂取して
認知機能も大幅に改善し予備軍を脱した!
実例が映し出されました。

(料理方法も紹介せれたのですが、
ここでは省略いたします。)

地中海料理が困難な場合は、
サプリメントをお勧めいたします。


スポンサーリンク