PRIDE (格闘技) 復活!榊原氏が新イベント発表

PRIDEPRIDEは、フジテレビが暗いイメージのあった
「格闘技」をスペシャルスポーツ・イベントに発展させ、
今日の格闘技ブームを到来させたことは

紛れもない事実ですし、
その事は大きく評価しされるのです。

かくいう私もスポーツ全般が好きですし、
特に格闘技特番は欠かすことなく
テレビ観戦してきました。

大晦日には特に見る番組がなく、
世のオジンだけではなく、若者にも人気は高く、

大晦日に放送される「PRIDE」は
民放の中でも1位となる高視聴率番組であったのです。

スポンサーリンク

しかし、突如中止になったのです。

何故、放送を中止するかについてフジテレビは、
口をつぐんでいますので、真実は全く分からないのですが、

「暴力団排除条例が各地で制定されるなか、
会社としてコンプライアンスを無視できなかったのでしょう。

週刊誌報道だけでなく、関連で逮捕者が出るようでは、
東京都が新しく制定する条例に違反する可能性があった」

との業界関係者の言葉がありました。

PRIDEが暴力団の資金になっているという噂があり、
経営は広域暴力団がしているという指摘もありました。

今回、週刊現代がそれを取り上げたので、
フジテレビは、自分の袖に火の粉が降りかかるのを防ぐために、
契約を解除したのでしょう。

とも言われております。

記事の内容は「『PRIDE』暴力団オーナーに
を提供する「スポンサー」 でした。

また一説では、

ドリームステージエンターテインメント(DSE)社の
「契約違反が判明致しましたので、
本日をもって同社との契約を解除する」と唐突に発表があり、

広報は「不適切な事象が起きている疑惑が判明した……」
と言っているが?本当のことは分かりません?

一説に、「神奈川県警がDSEと暴力団の関係について動き出した」
(事情通)といわれ、それを気にしたともみられている。

との説もありました。

「PRIDE」は吉田秀彦、
ミルコ、ノゲイラ、ヒョードル
といった人気選手を抱えていて

平均視聴率は16.2%を獲得。
とくにゴールデンタイム(19~22時)は
18.0%と開局以来最高の数字を叩き出した
同局の“ドル箱”人気番組だっ他のです。

突然ですが、落胆していたPRIDEファンには、
大変うれしいニュースが飛び込んできました!!

スポンサーリンク

日本時間20日、米国の格闘技イベント
「BELLATOR 142」にて、
元PRIDEイベントプロデューサーの榊原信行氏が
ケージ内に登場し、

『日本で大晦日に格闘技のイベントを開催する』
ことを発表したのです。

続いてヒョードルが登場し、
その大晦日のイベントで戦うことを発表、
またそのイベントがSPIKETVにて全米で放送される
(12月31日 20時ー23時)ことも同時に発表されたのです。

ヒョードルの対戦相手や、詳細は後日発表予定となるとのことです。

SPIKE TVのプレスリリースによると、
SPIKETV取締役のケビン・ケイ氏は
『今回、榊原氏とベラトールのパートナーである
スコット・コーカーが提携を組んでMMAファンに年末を祝う理由を
増やすという事は非常に喜ばしいこと。
ヒョードルがSPIKETVにて無料で見られます!』

とコメントしているのです。

大変楽しみで、過去のPRIDE出場者の
画像を集めてみました。

対戦相手や、詳細が発表され次第、
予想を含めて追加してゆきます。

①吉田秀彦(日本/吉田道場)
吉田

②ジェームス・トンプソン(イギリス/チーム・トロジャン)
ジェームス・トンプソン

③エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/レッド・デビル)
ピョードル

④マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム)
マーク・ハント

⑤ ジョシュ・バーネット(アメリカ/フリー)
ジョジュ・バーネット

⑥アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
ノゲイラ

⑦ゲガール・ムサシ
ムサシ

⑧ヘクター・ロンバード
ロンバート

⑨パウロ・フィリオ
ジェームス・トンプソン

⑩デニス・カーン
カーン


関連記事はコチラ