舛添都知事に新疑惑!弁護士の調査結果に不満、辞任・リコールの声高まる!

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

舛添都知事の疑惑に関して都議会で集中的に審議されておりますが、またまた新疑惑が発覚しました。【週刊文春】が報じております。

「公用車でN響『第九』コンサートへ」と言うものです。

第三者と称する弁護士の報告があったばかりです。都民は全く納得しておりません!

早速、迫ってみました。

関連記事は以下です。

【記事1】 ⇒舛添要一知事に週刊文春砲ww公用車、海外出張、収支報告書に疑惑、批判噴出!

【記事2】 ⇒舛添知事への辞任の声高し!都民・著名人の声を集めた!

【記事3】 ⇒舛添知事の逮捕・辞任近し!妻は?子どもの学校は?【週刊文春第三弾】

【記事4】 ⇒舛添要一知事の子どもの年齢、学校が判明!いじめが心配! 家族は守れるか?

【記事5】 ⇒舛添都知事は9月に辞任する!著した本は“ウソ”で矛盾だらけ!都民の怒りとは?

【記事6】 ⇒【週刊文春】舛添要一、「母介護の大ウソ!」と「骨肉の銭ゲバ闘争」「恫喝文書」が流出

【記事7】 ⇒舛添要一知事 調査報告し続投表明!別荘売却、返金は寄付!都民納得しない!

 

         目    次

【① “新疑惑“週刊文春の内容は?】

【② 著名人の批判の言葉は?】

【③ SNSの反響・炎上!】

【④ まとめ】

今回はこの4点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

“新疑惑“週刊文春の内容は?

「都庁内で湯河原の別荘通いよりも問題視されているのが、舛添氏が奥さん同伴で、年末にNHKホールで開かれる“NHK交響楽団(N響)”の「ベートーヴェン『第9』コンサート」に公用車で出かけている事実です。昨年の年末にも行ってますが、この日は天皇誕生日で休日。当然、公務ではなく、公用車の私的利用に他なりません」

「小誌が情報公開請求で入手した知事のドライバーが移動経路を記した「庁有車運転日誌」を調べてみると、昨年12月23日、空の公用車は13時25分に都庁を出発、舛添氏の自宅のある世田谷区を経由して、13時50分にNHKホールのある渋谷区に到着している。

知事の予定を記した「知事週間日程予定表」には、〈14時05分出邸 14:30~政務 渋谷区〉とだけ記されている」

もともと、「公私混同」が甚だしく、意図的に公用車を自由に使用していたことが明らかになりました。

おそらく、分かったのは氷山の一角で、精査すればまだまだ多くの同様の行動があるものと推察されます。(東京ドームの野球観戦など)

自公の都議会議員は、盛んに「身を切れ」と叫んでおり、昨日には、自ら知事の収入の削減を(50%と言われております)提案すると報じられております。

しかし、これに賛成してしまうと「辞職」を迫っている行動が、給料削減で“お茶を濁し”知事に居座ってしまいかねません!

これは、都民の真意ではなく、どう展開するか予断を許しません!

著名人の批判の言葉は?

8日の東京都議会一般質問で、舛添要一知事は自らの政治資金流用問題をめぐり

「生まれ変わった気持ちでまずは信頼回復に対応したい」

と述べ、続投を重ねて強調した。

しかし、舛添氏の説明に対する世論の批判は高まるばかりで、最大会派の自民党にも

「ここまで問題が拡大すると誰も止められない」

と見限る空気が広がっている。

自公議員からは、「出処進退」を考えよ!お最も厳しい言葉が飛び出しました。

◆  第三者の弁護士も「説明は具体的で説得力がある」などとした。数々の疑惑がある中でも、特に現実的ではない説明に、呆れた都民も多かったはずだ!

久保弁護士は、(第三者委員会報告書格付か委員会の委員長)
「どの弁護士を選んだかという事ではなく、そもそも自分でお金を出して、知人から紹介を受けた弁護士に調査を依頼しているという点で“第三者”による調査と言えるわけがありません。選び方そのものが問題です。」

と、そもそも論に疑義を呈しているのです。

マムシの善三-3

八代英輝氏(元裁判官)も7日放送のTBS系「ひるおび!」で
「説明は具体的だと言っているが、論告ではだいたい説得力がないときに使うフレーズ。本当に具体的で説得力があれば、そう書く必要はない」と、元裁判官の目で、フレーズのからくりを暴いていた。

東国原英夫(元宮城県知事)はツイッターで「敢えて言わせて貰う。『バカか?』」と“最上級”の批判で攻撃。

中尾彬(俳優)も7日放送のテレビ朝日系「グッド!モーニング」で、中国服に墨汁がついていたと説明した弁護士に対し「スムーズに筆が運べれば、墨汁なんかつかないだろ。後でつけた(説明)に決まってる」とバッサリ。

マツコは囲み会見で、政治資金私的流用疑惑の渦中にある東京都の舛添要一知事について、「怒りより悲しい」などと感想を語った。

橋下弁護士「騙されてはダメ!」 舛添知事精査した弁護士は「第三者ではない」

その理由として「第三者委員会としてのルールを守っていない。依頼を受けた弁護士自身も第三者委員会でないことを認めている」とつぶやき、“ヤメ検”弁護士の2人は、限りなく舛添知事寄りであると言い切った。調査そのものに疑問符がつくことにもなる。

スポンサーリンク

SNSの反響・炎上!

このように、都内市議会からも続々と辞任を求める声が上がってきております。

まとめ

自公は、知事の首を取るまではいかないと言われておりますが、参議院の選挙への影響を見たり、都民の盛り上がりを見ると、明らかになる事でしょう!

時期の関係で(オリンピックに重なる事)9月にはっきりさせたいとの声もあります。

毎日、テレビを見るのも、痛々しい知事の表情を見るのも、飽きてきました。

cc

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒甘利大臣辞任表明!500万円の授受を認めた!安倍内閣ピンチ!

【記事2】 ⇒宮崎謙介議員の不倫疑惑 週刊文春では宮沢磨由だった!国会でも質問!

【記事3】 ⇒宮崎謙介 二股議員の不倫相手はタレントだ!宮沢磨由と鈴木あみ、本命は?

【記事4】 ⇒宮崎健介議員が議員辞職を表明した。「恥をかいて来い!」妻の評判急上昇!

【記事5】 ⇒宮崎健介議員が女性との交際を認め辞職へ!潔さに拍手!妻は強い!

スポンサーリンク

関連記事はコチラ