林家たい平の姉は吉高由里子って本当?嫁・子ども・年収が気になる?

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

24時間テレビ39のマラソンランナーに決まりました。

焦点の番組内で発表されたのですが、たい平さんは、長い間お世話になった歌丸師匠のために、そして、現在難病闘病中の林家こん平さんに元気な姿を見せて有機付けたいという気持ちが強いとのことです。

早速、調べてみました。

関連記事は以下にあります。

⇒林家三平の嫁は国分佐智子 、不妊症で子供がいない?ガルパンが好きの評判は?

         目    次

【① 林家たい平のWiki風プロフ】

【② 林家たい平の姉は吉高由里子って本当?】

【③ 24時間テレビマラソンに決定!】

【④ 林家たい平の嫁・子どもは?】

【⑤ 林家たい平の年収が気になる?】

【⑥ まとめ】

今回はこの6点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

林家たい平のWiki風プロフ

● 名前: 田鹿 明(たじか あきら)

● 芸名:林家たい平(はやしや たいへい)

● 愛称:たいちゃん

● 生年月日:1964年12月6日(51歳)

● 出身地:埼玉県秩父市

● 師匠:林家こん平

● 出囃子:ぎっちょ

● 血液型:B型

● 学歴:武蔵野美術大学造形学部資格伝達デザイン学科卒業

● 活動時期:1988年~

● 職業:落語家

● 配偶者:田鹿 千華

● 所属:落語協会

● 所属事務所:株式会社オフィスビーワン

落語家を目指すきっかけは、大学に入学した際にふと立ち寄った落研サークルが廃部寸前だったので、友人数名を集めて廃部を撤回させたこといある。

と言う大変面倒見のよい青年であったようです。

現在は、『笑点』メンバーで唯一直弟子を取っていないが、林家テリー(テリー伊藤)、林家たいぺー(林屋ペー)がいるため、2008年には、「たい平一門かい?」と称する独演会が開けるようになったが、「年上で、いうことを聞かない」のでこれをネタにもしているそうです。

2006年から、春風亭昇太師匠と共に『笑点』のレギュラーになりました。

林家たい平の姉は吉高由里子って本当?

吉高

ヤフーで検索すると、『姉 吉高由里子』が一番目に出てくるんですね!

そこで調べてみました。

● 名前: 吉高由里子

● 本名:非公開

● 生年月日:1988年7月22日(27歳)

● 出身地:東京都

● 血液型:O型

● 身長:158cm

● 活動時期:2009年~

● 職業:女優

林家たい平さんと比較すると、出身地も年齢差も明らかにおかしいですよ!

姉弟関係ではないのに、なんでこのように言われるのでしょうか?

どうやら、西武鉄道のCM化関係しているらしいのです。C生まれることになりますね(笑)Mの中では、吉高由里子さんが姉役で共演していたそうです。

こんなことから兄妹との噂に拡大していくのでは、今後も大勢の似非兄妹が発生することになりますね(笑)

<西武鉄道CM-1>

<西武鉄道CM-2>

 

24時間テレビマラソンに決定!


<TW-1>

24時間テレビ39のマラソンランナーに決まりました。

焦点の番組内で発表されたのですが、たい平さんは、長い間お世話になった歌丸師匠のために、そして、現在難病闘病中の林家こん平さんに元気な姿を見せて有機付けたいという気持ちが強いとのことです。

24時間テレビは8月の「酷暑」の時期に当たり、大変厳しい環境が予想されております。

けがや病気には十分気を付けて、見事乾燥していただきたいものです。

皆さんで応援いたしましょう!

林家たい平の嫁・子どもは?

」奥さん

家族は、同年齢の妻、田鹿千華との間に2男1女を設けております。

和服がお似合いで、ネット上では、「かわいい」「キレイ」と話題になっております。

仙台市出身で、年齢は50歳だそうです。大変若く見えますね!
大学を卒業されて、フリーアナウンサーの方が気があり、NHKでスポーツキャスターも経験されております。

東日本大震災では千華のおじが亡くなったこともあり、たい平は宮城県で慰問を兼ねた救援活動を行っている。

笑点でも東日本大震災直後の2011年9月11日に「笑点がやってきた!」という宮城県石巻市の復興特集を行ったことがあり、石巻市立大街道小学校での収録をたい平自身も木久扇や昇太や山田隆夫とともに参加した。

スポンサーリンク

林家たい平の年収が気になる?

林家タイ平ー2

現在の落語家の主な収入源はお座敷と独演会(ホール等での単独興行)だそうです。
お座敷のギャラは落語家の格に応じて数万から100万程度とされるようです。

寄席以外の、落語会,ホール落語などは、その規模や噺家の”格”により決まり、数十万〜数千円といったところでしょうか。
大雑把に「真打十万、二ツ目五万、前座一万」は今でも目安でしょう。笑点メンバーに関しては、やはり”地方”では割高になる傾向が有ります。

<笑点の出演料(出演一回)>

司会の桂歌丸師匠:40万円
他の笑点メンバー:30万円
座布団運びの山田くん:10万円
(笑点は2本撮りなのでばいになりますね!)

<講演会を行ったときの講師謝金(笑点編)>

三遊亭円楽:75万〜100万
桂歌丸:75万〜100万
林家たい平:75万〜100万
林家木久蔵:60万〜80万
三遊亭楽太郎:60万〜80万
三遊亭小遊三:45万〜65万
三遊亭好楽:30万〜50万

結構いただいておりますね、資産は、「億」をいただいている方が結構おられるようです。

まとめ

「笑点」司会者交代で新時代を迎えました。

老人が多い、日曜日の夕食時間帯の“お笑い芸”だったと思っていたのですが、マラソンに出走する若手がいたとは驚きです。

24時間テレビは8月の「酷暑」の時期に当たり、大変厳しい環境が予想されております。

けがや病気には十分気を付けて、見事完走していただきたいものです。

皆さんで応援いたしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒吉田沙保里のアルソック退社理由は父の急死か?父親の職業とは?

【記事2】 ⇒羽生結弦グランプリファイナル2015で涙!? 音楽の”陰陽師”とは?

【記事3】 ⇒五郎丸”ポーズ”の意味と真実の解明!”リズム”ある?

【記事4】 ⇒井岡一翔は谷村奈南との結婚を発表した!谷村さんってどんな人?プロフィル・音楽活動は?

【記事5】 ⇒錦織圭・全豪オープンテニス2016、2年連続ベスト8進出!強さの秘訣とは?

スポンサーリンク