【衝撃映像】橋本志穂、母の死亡画像をブログにアップ!非常識批判に怒る!?

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

ガダルカナル・タカさんの奥さんである橋下志穂さんが、危篤や死亡の顔写真をブログにアップしたが、批判コメントが、沸騰しました。

5月7日に母親が亡くなったことを報告すると同時に、写真をアップしたことが、週刊女性5月31日号で報じられております。

賛否両論がある事でしょうが、検証してみました。

今回はこの6点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

橋本志穂さんのwiki風プロフ

● 名前: 橋本志穂(はしもと しほ)

● 本名:井口 志穂(旧姓橋本)

● 生年月日:1967年9月15日(48歳)

● 出身地:福岡県福岡市

● 血液型:A型

● 身長:156cm

● 体重:45㎏

● 趣味:節約、バイオリン、ピアノ、ゴルフ、音楽鑑賞、

● 学歴:福岡大学体育学部卒業

● 特技:パソコンの早打ち、犬のしつけ、

● 活動時期:大学時代~

● 職業:タレント・フリーアナウンサー

● 家族:夫:ガダロカナル・タカ(たけし軍団)

ガダルカナル・タカ

● 事務所: 2009年まで石井光三所属

小学生時代から陸上選手として活躍されたそうです。駅伝選手として活躍されておりました。

大学時代には、NHKで、ニュースキャスターを務めた経験があります。

大学卒業後に、福岡放送(FBS)報道記者として入社し、後にアナウンサーとして転籍したのです。

スポンサーリンク

橋本志穂に関する週刊女性の内容は?

「母の闘病中&葬儀の写真をFacebookにアップし大炎上!」と題して、紹介しております。

母親が危篤状態になったのは、4月27日、その日に家に福岡に帰り、懸命に看病を続けたのです。

翌日には、母は、天国へと旅立ったのでした。

年老いた母を地元に戻って看病し、看取る。美談であるはずの行動が波紋を呼んだのでした。

それは、病室で看病している自身の姿をフェイスブックに投稿したのです。

28日には、永遠の眠りについたん母のよりそう2ショット写真を投稿したのです。

 

これらを投稿したファスブクには、橋本さんを気遣うコメントが多数寄せられたのですが、ほぼ同時に、

「母親が、危篤状態にもかかわらず、こんな写真を撮れる余裕があるのなんてさすが芸能人は違いますね!」

「人の苦しんでいる写真をブログに載せるなんて不謹慎過ぎる。載せるべきじゃない!」

などのコメントが殺到したのです。

しかし、橋本さんは、ブログで

「写真どころか、私はビデオでずっと撮影した。母の頑張りを収めて、後で、『こんな苦しそうやったのに、また元気になったね!』と笑えるから、いつも誰の時もそうしていたし、、、、。

『テメーに見せるためじゃねーんだよ!これ内家族に報告するためや、生き別れになって連絡の取れないきょうだい、父の教え子たちにも、手っ取り早く、お見舞いに来てあげてね!と伝えるためなんだよ!』」

と撮影の意図を説明するとともにコメント投稿者への怒りをあらわにしたのです。

週刊女性では、SNSでのトラブルが最近激増しており、これを回避するには

「自分自身は勿論、プライベートを暴露する投稿はやめる。ネットに投稿することは、井戸端会議で話すこととは違い、世界中に発信することと同じ。
トラブルを起こす人は、この意識が低い。SNSに「投稿するのは誰にしれれても困らない情報だけにしましょう」

と警鐘を鳴らしたのです。

スポンサーリンク

橋本志穂 ブログには?

 

橋下志穂^1

4月28日
「がんばるしかない」

母が今夜が山だと言われ、
急遽、博多に飛んできて、
いま、病院。

「夜中じゅう、3分ごとくらいに
痛い
暑い、寒い、痛い、辛い、、、
呻く母の手を握るしかできないけど
寝返り打たせたり、
汗をかいたら着替えさせたりーと
看護婦さんも頻繁にきてくれて
気がつけば朝ー。

山だと言われた夜が明けようとしてる。」

なんとか。。。無事にー

がんばるしかないね

スポンサーリンク

橋本志穂 母親画像のブログアップの理由は?

「テメーに見せるためじゃねーんだよ!
来れない家族に報告するためや、
生き別れになって連絡の取れないきょうだい、
父の教え子たちにも
手っ取り早く、お見舞いに来てあげてね!と
伝えるためなんだよ!」
言葉汚くてゴメンナサイ。

と撮影の意図を説明するとともにコメント投稿者への怒りをあらわにしたのです。

最後には悲しい状況が綴られておりました。

「脳梗塞がおきてるかもーと、MRIもとりにいった。
レントゲンや心臓マッサージや、AEDや、、、
いろいろやったけど、こっちの世界の苦しさに
もう戻りたくなかったと思う。

挿管するかーという判断を迫られたけれど

挿管しても見込みは低いと言われ、
これ以上の苦しみを母に与えたくなかった
私たちは、すべての装置を外してもらった

それで母の心臓は止まったのです。」

橋本志穂への批判の声は?

「くーかい」
「この方は、自分本位に物事を考えておられる。故人様は、綺麗にお化粧しておられる姿ではなく、病気で苦しんでいる姿を他人様にまで見られる事を望まれたのでしょうか?そうでないなら故人様の尊厳を傷つける行為に他なりません。苦しんでおられる方にカメラを向ける行為自体、理解し難いです。しかし、どうしても親族に看取った最後を見て貰いたいなら、通夜に集まった希望される親族のみに見せるだけで十分だと考えます。誰でも視聴可能なネットにあげる等論外です。」
<匿名さん>
「akki-nyaruがウザい
親族が載せてんだから他人が不謹慎かどーか決めることじゃねーんだよ
まさに、テメーに見せるためじゃねーんだって感じ」
<匿名さん>
「父の教え子たちにも手っ取り早く、お見舞いに来てあげてね!と伝えるためなんだよ!
母親の事なのに父親の教え子にお見舞いの催促?普通あり得んくない?」

まとめ

批判も多く、世間を騒がせておりますが、どうすればよかったのでしょうか?

<限定公開>すればうよかったのです。

橋本志穂さんは、家族や連絡の取れない兄弟、父親の教え子たちに見せるためだと理由を説明しています。

しかし、それなら、

・アメブロのアメンバー限定公開
・フェイスブックで限定公開
・メールで送る

といった方法があるのをご存知なかったのかもしれませんね?

ブログは不特定多数の人が見れます。世界に配信したと同じことです。

他人を不快な思いにもさせるのです。

まとめると、やっぱり橋本志穂さんがそもそもブログに危篤の母親の画像を

アップしなければよかったのに・・・という意見が大多数です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒波瑠 朝ドラ高視聴率に感激!本名・高校と性格も話題に!彼氏の噂も・・

【記事2】 ⇒長澤 裕が可愛い!畑好きのお天気キャスターのWikiや性格は?変顔が得意?

【記事3】 ⇒小島瑠璃子(こじるり) “かわいい“と人気!カップ・体重は?高校、大学も気になる?

【記事4】 ⇒ディーン・フジオカ ドラマ・CD・CMがヤバイ!wiki風プロフと経歴とは?

【記事5】 ⇒亀田大毅が内藤大助への反則切腹騒動告白!しくじり先生で涙!嫁が気になる

スポンサーリンク

関連記事はコチラ