スザンヌ 自身は福岡で逃れるも熊本自宅・実家は被災!子供・家族が気になる?

スザンヌー2

こんにちは。今日もご訪問いただきありがとうございます。

今回の最大震度を記録した14日の夜は仕事の関係で福岡に滞在していたそうです。

すぐに実家に連絡をいれたらその時、被害はなかったそうですが16日未明の大地震で
自宅・実家ともに、中に入れ無いくらいになってしまったようです。

応援を兼ねて、紹介いたします。

         目    次

【① 実家や子供さんは】

【② めげない心が大切です】

【③ ツイッターの叫び】

【④ まとめ】

今回はこの4点について紹介いたしたく思います。

スポンサーリンク

実家や子供さんは

お母さんのキャサリンさんが経営する市内中央区の立ち飲み形式の飲食店では、

14日午後9時26分頃、店内に15人位のお客さんが居たそうですが全員避難させ
自分も逃げ出し近くに住む両親の元へ走って避難したそうです。

店内は酒瓶等が殆ど割れて悲惨な状態だそうです。

長男君(2歳)は無事なようです。 そこが一番心配だったと思います 良かったですね!

でもスザンヌ一家は避難所生活の様です。

スザンヌー4

取りあえずInstagramを使ってリアルタイムに情報を流し「こちらで良ければ被災地、避難所の情報交換に使って下さい」と呼びかけています。

善意でブログ等呼びかけても、直ぐにこれに対して批判のコメントをよせる輩がいます
なんとも情けない状況です。

スザンヌー1

善意で言っているのだから素直に理解してあげたいと思わないのでしょうか?

ネット上で顔が出ない素性が判らないからと何でも批判する人達がいます。

ただ、これはほんの1部の人です、決して気にしてブログを辞めるとか
する必要はありません。

スザンヌさん頑張って自分が良いと思った行動を取って下さい。

全ての人の為になるような事には成らないが、それを喜んでくれる人もいます。

めげない心が大切です

長男君の父親である斉藤和巳さんはどんな行動をとったのか知りたいところですが
情報は無いですね。

スザンヌー3

斉藤和巳さ~ん
プロ野球ファンの私などは長男君が斉藤和巳さんのDNAを受け継いでいたら将来どんな人に成っていくのかも楽しみです。

今更ながら斉藤和巳さんの全盛時はもの凄い投手でした彼が先発する日は対戦チームも
負けを覚悟したものでした。

彼のストレートは伸び上がるような球でストレートと判っていても打てない様な
ボールでした、変化球も同じ軌道から変化していきます。

これは打てないですよね、この全盛時が続いてメジャーデビューでもしていたら
凄い事になっていたでしょうね!

皆さんもyou tubeで検索してみて下さい。

ただ、ピークは長くは続かなかった。

そのDNAを持った長男君に野球ファンは注目しています(と言うのは私だけかな?)

だけど男の子は母親のDNAを継ぐ確率が高いですよね?

そう言えば斉藤和巳さんにはもう一人子供がいるね、最初の奥さんに女の子
こちらの方が父親のDNAを貰っているかな?

その後は上田桃子さんとも噂があったな、彼女も熊本が実家で被害を被ったみたいです

上田桃子さんは15日開催のKTT杯バンテリンレディスの大会に出る予定で
実家に滞在していましたがこの大地震で家の中の物が落ちてきたり壊れたりで
大変な思いをしたようです。

実家の近くの大きな駐車場で朝を迎えたと言っています。

スザンヌさんも無限の可能性を秘めた子供を育て上げるという責任が有ります。

野球選手に成るかどうかは別として、相当な身体能力を持っているのでは
無いでしょうか?どうか健やかに育んであげて下さい。

スポンサーリンク

ツイッターの叫び

<TW-1>

<TW-2>

まとめ

天災も含めて色んな事件や事故が起こります。

たまたまそれに遭遇し亡くなってしまう人、それでも生き延びる人、人生それぞれです。

本当に思うのは誰がこの人の生き死に、を決めるのだろうかと思います。

我々被害に遭って居ない人間は常に傍観者で他人事と思っています。

そして実際に遭遇しても自分は大丈夫だ、自分は死なないと思ってしまうのでしょうね。

現実問題として色んな大災害を見聞きしても中々自分の事として考えられないのです。

だから人間として生きていけるのです

それが人の人たる所以です!

最後までお読みいただきありがとうございます。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒渡辺和子の”置かれた場所で咲きなさい”がヒロミを改心させた?

【記事2】 ⇒渡辺和子【置かれた場所で咲きなさい】いったいなぜ修道女になったのか?二・二六事件との関係とは?

【記事3】 ⇒渡辺和子【置かれた場所で咲きなさい】人間関係を良好にする愛の言葉とは?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ