ショーンK ラジオで号泣謝罪!その内容を全文紹介!今後はどうなる?

 

学歴詐称疑惑でテレビ番組などの出演を自粛している経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(47)が19日、ナビゲーターを務めていたJ―WAVE「MAKE IT 21」で疑惑について初めて口を開き、涙ぐんでいることを想像させる震える声で、騒動に対しリスナーに向けて謝罪した。全文を共有しましょう!

関連ブログはコチラ↓↓

⇒ショーンK 学歴詐称発覚!謝罪!出演自粛!Wiki風プロフと家族は?

スポンサーリンク

謝罪の言葉の全文は以下の通りです。

 

「リスナーのみなさん、このたびはとてつもない

ご心配とご迷惑をおかけしておわびの言葉も見つかりません。

ただただ心から申し訳なく思っています。

今回のとりかえしのつかない事態の発端と過ちの原因、

その責任はこの私にあります。

このことを重く受け止め、長らくの休業、

メディア活動の停止を決断いたしました。

 

200110月から15年と半年、

毎週土曜夜にこの番組は私そのものでした。

私自身いろんなことがありましたが、

毎週背を伸ばして、マイクの前に座ることで、

皆さんと繋がることでどれほど救われたかわかりません・

 

毎週お越しいただいたゲストの方々には、

たくさんのことを皆さんと一緒に学ばせていただきました。

私こそMake IT 21 という教室の

 

トークライブ、経営の勉強会、一緒に

カラオケにも行きました。思い出を

本当にありがとうございました。

 

今回このようなことになっても

なお、こんな私にたくさんのメッセージを下さるみなさんに、

何とお礼の気持ちを伝えていいのか、ことばが見当たりません。

またいつかどこかでお会いできることを信じて

それを勇気に生きてまいります。

リスナーのみなさん、関係者のみなさん、

愛するスタッフ本当に、本当にごめんなさい。

申し訳ありませんでした。

そして長い間、ありがとうございました。」

スポンサーリンク

「これ聞くと可哀そうになっちゃうね」とは“たけし”のコメントですが、

私も同感であります。

学歴を詐称することは、許されませんが、

私たちは、学歴の事実でコメントを聞いていたわけではありません。

その内容が受け入れられるか?適切であるかが最も重要だと思います。

今回の騒動でのショーンK氏の取った行動は、適切で、称賛されるべきだと思います。

あの美しい声での謝罪は、本当に同情を禁じえません。

どうか、出直してぜひ再起して来ていただきたいと思います。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒世界最強の棋士李世ドルが引退表明か?!囲碁AIに負けたためか?

【記事2】 ⇒李世ドル AlphaGo対局で3敗!井山名人も驚愕した!棋譜と人物は?

【記事3】 ⇒亀田大毅が内藤大助への反則切腹騒動告白!しくじり先生で涙!嫁が気になる

【記事4】 ⇒府中緑ヶ丘中学生自殺の原因は何か?先生・校長の責任は?自宅住所が気になる?

【記事5】 ⇒EXILE ÜSA(ウサ)が結婚決めた!彼女 杉ありさの出身地、出身校は?

【記事6】 ⇒ショーンK 学歴詐称発覚!謝罪!出演自粛!Wiki風プロフと家族は?

スポンサーリンク