清原和博逮捕、密売人小林は小物だった!売人から見放されていたとは?

清原―小林ー1(出典:https://www.youtube.com/watch?v=P1JnDQeJwHw)

清原容疑者が2月7日に逮捕され、2月15日には売人小林が逮捕された。

覚せい剤の入手ルートをいつ語るかが注目されていたのですが、捜査は着実に進んでいるかのように見えたが、捕まえてみると意外にも小物だったのだ!

かねてから、群馬県のスーパーの駐車場で取引しているのを確認しており、すぐにでも逮捕できたのだが、警視庁は、背後の密売ルートを炙り出すために泳がせていたのだった。

最近は、かなり弱って来て、泣いたりするようになったとの情報がありますが、清原容疑者は、量が多すぎて売人からも見放されて、いたという情報が入りました。検証してみました。

スポンサーリンク

『清原はもうヤバイぞ!』とはどう解釈する?

清原-小林ー2(出典:https://www.youtube.com/watch?v=cVwxOca-iZ4)

「5年ほど前に飲食店を畳んだ小林は、ある指定暴力団の下部組織に出入りしていたようで、そこから清原にブツを流したと当局はみている。小林自身は一売人に過ぎません」(捜査事情通)
(出典http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/175901):

スポンサーリンク

清原容疑者は、2015年2月に覚せい剤所持で逮捕された会社社長のAが、

密売人の小林和之容疑者(群馬県みどり市)を紹介されていわゆる“上ルート” が結びついたと言われる。

となると、疑問が生じる。腐っても「清原」だ。球界や芸能界など幅広い人脈を持っていたはずなのに、なぜ、そんな小物

からシャブを譲ってもらっていたのか。

「もう群馬しか残っていなかったのかもしれません」と、清原容疑者をよく知る関係者がこう明かす。

「Aの紹介で小林と知り合った時点で、すでに清原は重度のシャブ中だったようです。それ以前に付き合っていたヤクの売人たちに、とんでもないグラム数の覚醒剤を発注するようになっていた。『清原はもうヤバいぞ』なんてウワサが広まり、売人たちも『自分の身が危うい』からと、清原と距離を置くようになっていったんだとか」(出典:http://news.livedoor.com/article/detail/11217664/)

このように、売人の仲間からも敬遠されるほど覚醒剤の要求量が増えていたとすれば、現在の拘置所での状況が気になりますが、案の定、「泣いたりしている」ようです。

さらに禁断症状も出ていることでしょうが、ここは人権上の問題もあり隠ぺいされております。

さらに、

「清原は東京・北千住駅方面から来た密売人とも接触していたと報じられましたが、関東の指定暴力団につながる足立区や港区の“卸屋”にも声をかけていたらしい。シャブ欲しさで、別の新たなルートを自ら開拓していたのでしょう」

との情報もあり、覚醒剤を手に入れることに憔悴しきっていたのかもしれません。

警察が見事に取り押さえたと思っていたのですが、重症の覚せい剤常用者であれば、いとも簡単に踏み込

み、取り押さえてのだと思います。

初犯なので、執行猶予の付いた判決が下り出所した後の更生方法が問題になります。

見守ってゆきたいと思います。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒清原和博「覚醒剤取締法違反」で逮捕?背中の入れ墨が気になる?現在・今後はどうなる?

【記事2】 ⇒清原和博が逮捕され、ネットが騒然!これも週刊文春が2014年に報じていた!

【記事3】 ⇒清原和博のブログを発見!灰皿割った写真も発見!子供、長島・王さんへの思いとは?

【記事4】 ⇒清原和博逮捕の状況と離婚の真相!元妻の暮らしと子供たちは?

【記事5】 ⇒清原和博・暴力団芋づる式逮捕の予想!リストが上がっている?情報入手方法とは?

スポンサーリンク