宮崎健介元議員に二重婚約説が浮上!週刊文春の吟味と旅行地を検証!

宮崎ゲス不倫
(出典:http://ameblo.jp/mizunews/entry-12127085003.html)

 

議員辞職したばかりの宮崎謙介前衆議院議員(35)に、二重婚約をしていたのではないかという、途方もない疑惑について週刊文春が続報した。

彼は今の嫁で衆議院議員の金子恵美氏(37)と昨年2015年2月に婚約し入籍していたが、それ以前、3年前の2012年には彼にはすでに求婚していて

了承され、結婚する予定であった別の女性がいたというようだ。

旅行時の写真も流出した!法文の内容と旅行地を検証した。

 

スポンサーリンク

 

2012年衆議院総選挙で初当選した時点でその女性と求婚

 

その女性は宮崎謙介氏の求婚を受け入れて仕事も辞めていたという。

そしてさる国会議員のコメントによれば、昨年2015年5月に宮崎謙介氏が5月に金子恵美議員と結婚したことが報じられると相当なショックを受けていたとも伝えている。

そりゃそうだろう。 というより、二重婚約がもしも本当ならば今までの不倫騒動に加えて更に上塗りする信頼の失墜になりかねない。

官邸関係者は、

「世のすべての女性を敵に回しかねない内容で、安倍政権にとっては予想以上のだめーひは大きい」

 

彼に求婚されて結婚のために仕事を辞めた彼女は?

当時執拗に求婚してきた宮崎謙介氏を受け入れて彼女は仕事を辞めたとしている。

つまり結婚に向けて家庭生活に入ることを予定していたようだ。

親友が言うには、

「知り合ってすぐに宮崎さんは、A子さんに猛アタックをかけて、『谷垣先生のパーティに行こう』と誘い、

『大変お世話になっている女性です』と紹介したというのです。」

翌年の十月には、和歌山県の熊野那智大社へ一泊旅行に出かけて、それを気に本格的に付き合うことになったようです。その時の写真は以下です。

政治家の妻になることを現実的に考え、公私にわたって宮崎さんを支えるため、仕事を辞めてしまったのです。

 

スポンサーリンク

交際をスタートしてから間もなく衆議院選挙があり、運動中は。「落選しても籍を入れよう」と話していましたが、見事当選は勝ち得たのです。

A子さんが宮崎市と最後にあったのは、昨年二月十四日のバレンタインデーだった。場所はやはり京都の自宅。

宮崎夫妻の入籍も二月と公表されているので、すが、A子さんには何も知らされていなかったのです

こんなことってあるのかよ!!頭がおかしくなりそうですね!

和歌山県の熊野那智大社ってどこ?

社殿、地図は以下です。

那智大社(出典:http://psnavi.info/kansai/page722)

 

那智大社地図(出典:http://www.hankyu-travel.com/guide/kansai/kumano.p…)

 

離婚する可能性が再浮上も

宮崎謙介氏は出産したばかりで、入院中の嫁、金子恵美議員の耳にまで自身の不倫騒動が知れ渡り、激怒した金子議員から

「恥を掻いてこい!」

あるいは

「議員としてけじめをつけてこい!」と言われた。

会見直前までは、筋書きになかったが迷いに迷って「議員辞職」を宣言した。

自民党幹部の中では、「そこまでは・・・?」と思った方も多かったようです。

離婚の話は今のところまではなかったが、

だが文春の出すこの続報によってその雲行きさえも怪しくなってきてしまったのではないだろうか。

悪事千里を走るとはよく言ったもので、こうなると信頼性こそ重視される政治家の資質、宮崎議員に限ってはある意味一般人よりも難点があるのかも知れない。

会見では、「私のできることがあれば、再度チャンスをいただきたい!」

と言っておりましたが、二重婚約が本当だとしたら、今となっては取り返しがつかないかも知れない!

 

ひれ伏す(出典:https://pixta.jp/tags/%E3%81%B2%E3%82%8C%E4%BC%8F%…)

しかし、以前の女性との関係をはっきりと世に示し、本人い謝罪をし、悪い点は素直に洗いざらい出すしかない。

その上で振り出しに戻って信頼を着実なものにすべきだろう。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒甘利大臣辞任表明!500万円の授受を認めた!安倍内閣ピンチ!

【記事2】 ⇒宮崎謙介議員の不倫疑惑 週刊文春では宮沢磨由だった!国会でも質問!

【記事3】 ⇒宮崎謙介 二股議員の不倫相手はタレントだ!宮沢磨由と鈴木あみ、本命は?

【記事4】 ⇒宮崎健介議員が議員辞職を表明した。「恥をかいて来い!」妻の評判急上昇!

【記事5】 ⇒宮崎健介議員が女性との交際を認め辞職へ!潔さに拍手!妻は強い!

スポンサーリンク