宮崎健介(元議員)“不倫相手・宮崎まゆ”が週刊文春に応えた!その手口と心は?


宮崎議員辞職ー1(出典:http://www.hochi.co.jp/topics/20160212-OHT1T50119….)

宮崎健介・元衆議院議員の不倫問題では、妻の金子恵美・衆議院議員が臨月を迎えている最中に、他の女性と不倫を

し、2月12日に、不倫を認めて議員辞職した。

2月18日発売の週刊文春のインタービューに答えております。宮崎元議員の誘惑の手口が、赤裸々に語っておりま

す。一部を紹介いたします。

スポンサーリンク

最初の誘惑の手口は?

出会ったのは、

「1月4日の国会議員の新年初登院の時です。私は和装振興議員連盟の着付けの手伝で伺いました。

その時、先生が仕事をしている私の横の荷物置き場に腰かけて『皆さんの着物にはコンセプトがあるんですか?』と

話しかけてきたのです。すこしざつだんをしました」

ここまでは普通の現象ですが、――初対面の印象はどうでしたか?――の質問に素直に答えております。

「着物を脱ぐときにお手伝いをしました。帯を外そうと先生の背中に手を回すと

『どうやるんですか?僕も自分で切れるようになりたいな』と私の手を優しく握ったのです。

続けて、時代劇のワンシーンのように帯を掴まれたままクルッと回り

「あの時の女性の気分を味わいたいんだ」っておどけるんです。

女性に慣れているって思ったと同時に、国会議員にも気さくで素敵な人がいるんだなって驚きました」

この証言がまさに多く報道されているように“女たらし”の手順なんですね!

この時は、相手の反応を見ているのですね!“いけそうか?ダメか?”とね!

本人が表現しているように、少々体を触られて、手を握られると女性は“感じる”動物なんですね!

一説には、体、全体が性感帯と言う説もあるくらいです。

好意を持った(体が反応して)彼女は、お礼を言いたくなったのです。

宮崎まゆー1(出典:https://www.morningwoodrocks.com/news-topic/kensuk…)

「お礼を兼ねて、ファイスブックでメッセージを送ったんです。

そしたら『貴方でした、か素敵な方に手伝ってもらえて嬉しかった』って返信が返ってきて感激しました。

その後はLINEでやり取りをしましたが、本当にマメで。多い日のやり取りは四百通ぐらい。

宮崎氏からは〈会いたくてたまらない病〉〈私のど真ん中はソナタ〉などというメッセージも送られてきたことが

あった。」

しかも写真を送ると『左に写っている美人は誰だ』って私のことを言ってくれたり、上手なんです。

こ辺りは、女性の方がめり込んでいる様子が分かります。

イケメンで、優しくて細やかな気を遣う!これ以上望むものはないくらい女性の心を掴んでありますね!

「初めテホテルの部屋は嫌だなと断った。でもどうしても会いたくて。

実は17日が先制の誕生日だったので、お祝いしてあげたいと思って会うことにした。」

「二人きりで、ワインを飲み、楽しんでいると『おいで』って膝を指した!

私の横に座ってキスをしてきた!結局、不倫関係になっていった!」

赤裸々に告白したのですが、初めから、その気でホテルの部屋で二人っきりになって、男女に何もないとは、

ありえないのですよね!

スポンサーリンク

最後は、週刊文春に暴露されて、周知のように進みますが・・

「不倫関係なのは分かっていましたが、先生といる時間は幸せでした。略奪願望は一切なく、先生の陰でよかったんです。

『ずっと一緒にいようね』って言ってくれていたし、息抜きの場になればと思っていたんです。

でも今では奥様にどれほど嫌なことをしたのか理解できます。

謝って住むことではないですが、やり直したい気持ちでいっぱいです。

出会いから一ヶ月。わたしの人生も狂ってしまいました」

と述べておりますが、早くに発覚してこの程度で済んでおりますが、長引いていたら、もっともっと悲惨で、醜い事

件に発展したことでしょう!

週刊文春は、一見、酷なことをしているようですが、“悪”を正し被害を僅少に解決する作用は絶大だと思いました。

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒甘利大臣辞任表明!500万円の授受を認めた!安倍内閣ピンチ!

【記事2】 ⇒宮崎謙介議員の不倫疑惑 週刊文春では宮沢磨由だった!国会でも質問!

【記事3】 ⇒宮崎謙介 二股議員の不倫相手はタレントだ!宮沢磨由と鈴木あみ、本命は?

【記事4】 ⇒宮崎健介議員が議員辞職を表明した。「恥をかいて来い!」妻の評判急上昇!

【記事5】 ⇒宮崎健介議員が女性との交際を認め辞職へ!潔さに拍手!妻は強い!

スポンサーリンク

関連記事はコチラ