ベッキーは週刊文春でLINE記事流出!宮崎議員は育休で浮気が致命傷!浮気対策とは?

ベッキーLINE-2(出典:http://laughy.jp/1453356456394178716)

宮崎議員-1(出典:http://saigaijyouhou.com/blog-entry-10035.html)

週刊文春の情報収集力は、他の追随を許さない力を持っておりますが、それに加えて、密告者がいることが大きいのです。さらに、裏を取る努力が問われます。

浮気をしようとする人、現在進行形の人、共々携帯電話に震え上がりました。

 

週刊ポストの最新号で、人妻の対談でその対策についての記事があったのでまとめを共有します。

 

スポンサーリンク

スマホの情報流出とは?

 

ITジャーナリストの三上洋氏によると、

「スマホを不用意に放置したことの可能性は低い」と言います。

最も可能性が高いとされるのが、「LINEクローン」だというのだ。

「これはアンドロイドのスマホには起きず、iPhoneにだけ発生する“弱点”です。機種変更でパソコンを通じてデータを引き継ぎますよね。その際、旧機種にはデータが残ったまま。初期化しない限り、ふたつの電話から、LINEが閲覧できる状況が生まれるのです」

その一方で、不倫の証拠を握られないために有効な方法を質(ただ)すと、

「『Snapchat』というアプリを使うと、受信したメッセージが閲覧後に消えてしまいます。全体の捕捉は困難でしょう」
他にも、フリーメールを使ったこんなやり方がある。

2人で1つのGmailアカウント』を共有するのです。伝えたいことがあれば、メールの交換ではなく、『下書き』としてメッセージを保存する。送受信の痕跡が残らない点で巧妙」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

こんな高度の方法もありますが、浮気がばれないように主婦たちはどうしているのでしょうか?

 

不倫妻の「偽装工作」とは?

夫婦問題に詳しい某評論家は、

「夫の不倫の95%は妻にバレますが、妻の不倫の95%がバレない!これは、たいていの夫は自分の妻に無関心

なのに加えて、“アイツが浮気なんてしているはずがない”と根拠もなく考えているからだ。」

もう一つの要因は、

「浮気の痕跡が残るスマホのロック番号を毎週変えて、“証拠”が夫の目に触れないよう万全の態勢を取るようになった。」

また、「夫が家にいるときは、トイレはもちろん、お風呂場にもジップロックに入れてスマホを持っていくようにしている。」

のこるは、寝ているときですが、「ロックを指紋認証から、4ケテの暗証番号に変更した」

LINEでの会話が、命取りになった“ベッキー事件”が不倫妻に与えたインパクトはよほど大きかったようです。

「報道を見て、LINEを使うと第三者に漏れるんじゃないかと怖くなって、不倫相手との連絡はショートメール

SNS)に変えた」と言う方がおられます。

「最近、茨城県の某インタチェンジ付近に、GPSの電波を遮断してくれるラブホテルがあるらしい!ここを検討している」

と言う方もおられて、男性にとっては、「隠ぺい工作」の最新手口があるようです。

 

何がきっかけで不倫がバレるのか?(浮気調査専門の探偵の話)

 ベッキーLINE

●ネット検索履歴は不倫の証拠であふれている。

 近年圧倒的に多いのは“履歴”による不倫のバレ。中でもネット検索履歴は探偵にとって宝の山だという。

 

●クレジットカード、カーナビの履歴も怖い。

その時の支払いが記録に残るので、“1人でこんなに使うのはおかしい”と問い詰められるのです。

車を使う場合は、助手席のゴミなど“車内履歴”もバレるポイントとなる。

 

●スマホの予測変換機能が甘い履歴を残す。

不倫相手との連絡方法にLINEやメールを使っている場合は、注意が必要です。

「一文字入力すれば、直近で使用して言葉が自動的に表示されるスマホの“予測変換機能はクセモノです”」

 

スポンサーリンク

●履歴は消しすぎもかえって危険です。

証拠隠滅の思いが強すぎて、何も残さないのはかえって不自然です。ある程度残すことも必要です。

 

不倫相手のファイスブックからも足がつく。

夫の浮気を疑った妻が、怪しい女性の名前をネットで検索したら、ある女性のファイスブックがヒット!写真

を見ると、夫の出超と同じタイミングで、記事が投稿されていた。

 

●出会いの場に頻繁に顔を出すようになった?

 最近では、中高年を対象にした趣味やサークルが増えてきた。

 

●加齢対策グッズの使用が不倫開始の合図になる。

 身大きなだし波やエチケットを気にしだすのもバレ要因だ!特に不倫を始めて直後は、加齢に抵抗するグッズ

を持ち始める傾向があるようです。

 

●娘がかぎ分ける“柔軟剤の香り”に注意せよ!

 目を光らせてるのは、妻だけではなく、子供たちも変化に敏感なのだ!

 

以上いかがですか? 男児諸君よ侮るなかれ!!

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒ベッキーを擁護するのは逆効果?最低と批判される理由とは?

【記事2】 ⇒ベッキー擁護し不倫騒動にミヤネ屋で持論展開に非難殺到!奥さんに同情集まる!

【記事3】 ⇒ベッキー、不倫騒動の謝罪は “ヤラセ”“ だ!不評なのはなぜ?

【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?

【記事5】 ⇒ベッキー不倫!川谷絵音の妻は?CM起用に赤信号!LINEがヤバイ!

【記事6】 ⇒ベッキー週刊文春・第3弾。またLINE再流出!恐るべしベッキー!今後どうなる? 

【記事7】 ⇒川谷絵音・怖い顔を持つ嫁が探偵に浮気調査依頼!週刊文春で徹底追及

【記事8】 ⇒ベッキー不倫騒動、週刊文春の追求続く?「クローンiPhone」とは?

【記事9】 ⇒宮崎謙介 二股議員の不倫相手はタレントだ!宮沢磨由と鈴木あみ、本命は?

スポンサーリンク

 

関連記事はコチラ