宮崎謙介 二股議員の不倫相手はタレントだ!宮沢磨由と鈴木あみ、本命は??

宮崎健介夫妻-1(出典:http://matome.naver.jp/odai/2145500891268198601)

衆議院議員の宮崎謙介が京都の自宅に34歳女性を連れ込んだとして「不倫」を騒がれています。

どうやらその女性は仕事で京都を訪れていたタレントだったと週刊文春で報じられています。

またまた、週刊文春ですが、宮澤と鈴木の話題が浮上しております。

さて、どの報道が真実なのか? そしてこの宮崎謙介の不倫相手とは一体誰なのか? 情報を集めてみました。

 

スポンサーリンク

 

宮崎健介議員プロフィル

 

  • 生年月日:1981年1月(35歳)
  • 出身地:東京都新宿区
  • 出身校:早稲田大学商学部
  • 学位・資格:商学士
  • 前職:会社社長
  • 当選:2回
  • 所属委員会:法務委員、予算委員会、科学技術・
    イノベーション推進特別委員会憲法審議会
  • 選出選挙区:京都3区(出典:ウイキペディア)

 

衆議院議員 加藤 鮎子(妻)のプロフィル

 

  • 生年月日:1979年4月(36歳)
  • 出身地:山形県鶴岡市
  • 出身校:慶応義塾大学法学部、コロンビア大学大学院
  • 学位・資格:商学士
  • 前職:議員秘書
  • 当選:1回
  • 世襲:父・加藤紘一(内閣官房長官)
  • 所属委員会:厚生労働委員会、決算行政監視委員会、
    災害対策特別委員会、消費者問題に関する特別委員会
  • 選出選挙区:山形     3区(出典:ウイキペディア)

 

鈴木亜美プロフィル

宮沢磨由-1(出典:http://chiha1986.ti-da.net/e8386908.html)

  • 別名:鈴木あみ
  • 生年月日:1982年2月(34歳)
  • 出身地:神奈川県座間市
  • 学歴:日出女子学園高校
  • ジャンル:J-POP,ロック、ポップ、R&B、
  • 職業:歌手
  • 活動期間:1998年~2001年、2004年~
  • 事務所:2005年~エイベックス・マネジメント(出典:ウイキペディア)

 

宮沢磨由のプロフィル

鈴木あみー1(出典:http://sittakabuttoke.blog.so-net.ne.jp/2016-02-09)

  • 生年月日:1981年12月(34歳)
  • 出身地:東京
  • 学歴:桐朋学園芸術短期大学 芸術家演劇専攻卒
  • 趣味:踊り、歌、クラシックバレィ、ジャズダンス。
    ピアノ、声楽。
  • 2007年度:ミス湘南・グランプリ
  • 2008年度:準ミスダイバー
  • コンテスト:準グランプリ受賞
  • スポーツアロマセラピスト、や野球ソムリエ、
    骨盤ダイエット協会ピルビスワーク一級(出典:ウイキペディア)

スポンサーリンク

鈴木亜美との浮気は本当か?

 

男性国会議員初の育児休暇取得者として注目を浴びましたが、これは、嫁で国会議員の金子恵美が出産したため、男性でありながら宮崎謙介自らも育休を取ったところまではよかったのですが、
「国民の血税で給料を頂いているくせに休むのはどうなのか」という意見が飛び交っていましたね。

育児休暇を利用して不倫をするのは頂けませんね。

その中でも週刊文春の報道が本当ならば、確率の高い人物が一人だけいました。

それが鈴木亜美です。今年34歳(早いですね~)。

同時期に京都に滞在していたことは確かなのです。

鈴木亜美が、宮崎謙介氏が京都で自宅で不倫密会報道が上がった1月の30日、31日に京都に滞在していたとの情報があるのです。

宮崎謙介は実は結婚2回目、1回目も浮気で離婚!宮崎謙介氏は、確かにイケメンで女性にモテそうです。

しかし、今回はやってしまいましたね。

何故か一人京都の自宅に帰り、しかも嫁以外の女性を自宅に招き入れるという大失態。

これは相当職を追われるレベルで叩かれると思いますよ。

現在謝罪のコメントを述べているようですが、これぐらいでは収まりが着くのでしょうか?

宮沢磨由はどうか?

 

宮沢磨由さんは、自身のブログに京都に行った事を綴り

 

「衆議院議員第一宿舎の食堂で、遅めのお昼食をいただきました。今年もしっかり勉強して、知識を増やしていきたいと思っております。」

 

宮崎さんも宮沢さんも不倫を認めたらしく、宮沢さんは「別れたくない」と言って居rみたいですが、売名行為の予感が強く匂うのは僕だけでしょうか?!

 

どうも、週刊文集の記事では、宮沢磨由さんが有力のようです。

国会でも問題になり、国会議員の育休が消滅するかもしれません??

 

【関連記事はコチラ!】

【記事1】 ⇒ベッキーを擁護するのは逆効果?最低と批判される理由とは?
【記事2】 ⇒ベッキー擁護し不倫騒動にミヤネ屋で持論展開に非難殺到!奥さんに同情集まる!
【記事3】 ⇒ベッキー、不倫騒動の謝罪は “ヤラセ”“ だ!不評なのはなぜ?
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?
【記事5】 ⇒ベッキー不倫!川谷絵音の妻は?CM起用に赤信号!LINEがヤバイ!
【記事6】 ⇒ベッキー週刊文春・第3弾。またLINE再流出!恐るべしベッキー!今後どうなる? 
【記事7】 ⇒川谷絵音・怖い顔を持つ嫁が探偵に浮気調査依頼!週刊文春で徹底追及
【記事8】 ⇒ベッキー不倫騒動、週刊文春の追求続く?「クローンiPhone」とは?

 

スポンサーリンク