“ゲス川谷の呪い”ベッキー、SMAP、甘利大臣、紅白歌合戦、Fukaseも!疫病神か?

ベッキー-2(出典:http://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/%E3%82…)

「ゲスの極みの乙女。」のボーカル川谷絵音にかかわりを持った方々が、次々と“災い”が降りかかっております。

無関係のようですが、なぜか(?)好ましくない状況に追いやられているのです。

その共通項に“川谷絵音”が必ず絡んでいるのです。ネット上でもっぱら話題になっております。「疫病神話」なるものが浮上しております(?)

いや、まぁ、あくまでも単なる偶然で、川谷さんと何らかの関わりがあった人物のトラブルをピックアップしただけの話なのですが、

結論ありきの恣意的な誘導と言えばそれまですが、偶然とは言い切れないそら恐ろしい何かを感じる部分も…。

果たしてどんなことなのでしょうか(?)

スポンサーリンク

【川谷絵音の呪いの要旨!】

◆山P「山下智久」の場合

山下智久ー1
(出典;http://matome.naver.jp/odai/2141347583927072801)
2014年10月21日、元NEWSの山Pこと「山下智久」が、器物破損で書類送検されるという事件をご存じだろうか?

2014年6月25日のことです。六本木の路上で一般男女富山Pが口論となり、その様子を撮影しようとした女性の携帯電話を山Pが奪って持ち去ったという事件です。

山下さんは2015年冬の月9に主演し視聴率も好調。特にトラブルの声は聞かれませんが

じつは、山Pはこのニュースが流れた少し前10月8日にニューアルバム「YOU」を発売しているのですが、この中の「戻れないから」という楽曲は川谷絵音作詞作曲なのです。

このまま順調に推移されることを祈ります。

◆SMAP解散騒動の場合

SMAP-1
(出典:http://matome.naver.jp/odai/2142190389066034401)

2015年9月9日に発売されたSMAPの55枚目のシングル「愛が止まるまでは」ですが、この曲は、川谷絵音が作詞作曲したのです。

さらに、その6日前の9月3日に発売された21枚目のアルバムに収録されている「アマノジャク」「好きよ」の2局とも川谷さんが提供したものなのです。

因縁がある鼓動かはわかりませんが、それから半年も経たずに日本中を揺るがす解散騒動が起こります。

ここで終わったのではありません!まだまだ目が離せませんよ!

これだけで終わればよかったのですが、さらに続くのです。

◆甘利大臣の辞表提出の場合

 

天地大臣ー1
(出典:http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6621.html)

甘利大臣は、週刊文春に「贈収賄疑惑」が報じられ、1月28日、記者会見の席上で、「大臣の職を辞する」と表明し辞任いたしましたことは新しく皆さんがご存知です。

甘利大臣は去年5月26日、マイナンバーカードのPR記者会見でゲスの極み乙女の「私以外私じゃないの」の替え歌を口ずさんでアピールしていましたのです。

「私以外私じゃないの~当たり前だけどね、だから…マイナンバーカード!」と、ニッコニコで歌いだし話題となりました。

口ずさんだだけの関係のように思えますが、アカペラで口ずさむほど好んで歌っていたということです。気が入っていたのでしょう?

スポンサーリンク

◆ベッキーとの不倫騒動の場合

 

ベッキー呪いー1
(出典:http://buzz-plus.com/article/2016/01/10/becky-buns…)

これは、説明も不要のほど騒ぎになっております。

この事件により清純派のイメージを失い、世間を敵に回してベッキーの評価は地に落ち、10社のCMのスポンサーは次々と解約、番組も降板になると言われており、CMなどの違約金は数億円になると言われています。

また、2月からは、休養に入ると事務所から発表があったばかりです。

◆紅白歌合戦の場合

紅白歌合戦ー1
(出典:http://mdpr.jp/music/detail/1545321)

「彼らが昨年末に初出場した紅白歌合戦は、過去最低視聴率を記録しました。

初めて出演した「ゲスの極みの乙女。」のボーカル川谷のせいでしょうか?

◆『チームしゃちほこ』安藤ゆずの場合

安藤ゆずー1
(出典;http://www.oricon.co.jp/news/2062511/full/)

ももクロの妹分である『チームしゃちほこ』にも’14年12月に楽曲提供をしていますが、メンバーの安藤ゆず(18)は昨年11月に『めまい症』で活動休止しています。とのことで、ソロライブの開催も延期となりました。

関係付けられるでしょうか?他にも同じ時期に体調を悪くした方はおりませんか(?)

もしかすると、川谷絵音の記事ばかり読んでいるとあなたにも襲い掛かるかも(笑)

◆Fukaseの場合

Fukase-1
(出典:http://news.livedoor.com/article/detail/9888034/)

“偶然”は川谷を応援する『SEKAI NO OWARI』Fukase(30)にも襲い掛かった?

彼は昨年10月にきゃりーぱみゅぱみゅ(22)との破局が報じられたが、それはメンバーの
Saori(29)がTwitterで川谷とFukaseときゃりーの写った集合写真をアップした3カ月後のことだった!というのです。

◆女性自身記者の場合

 

女性自身ー1
(出典:http://www.idol2go.xyz/auc-item/m154101023.html)

おまけに、さらにもう1つ。今回の騒動を受けて彼らの楽曲を聞き始めた本誌記者も、その数日後に車にひかれる大事故に!! 乗っていた自転車は全損となり、ケガの影響で歩くのもままならないほど。これもただの偶然!だと信じたい。

いかがでしょうか?あくまでも、ネットの噂なので「ゲスノート」だの「川谷の呪い」だのはきっと冗談だと思うので真に受けないようにご留意ください!

いや、話題の人とは言え、関わった後に災いが起きている頻度を考えると偶然にしても数が多い気がします。破壊力凄いけどたまたまだよ、きっと。偶然偶然!

【関連記事はコチラ!】
【記事1】 ⇒ベッキーを擁護するのは逆効果?最低と批判される理由とは?
【記事2】 ⇒ベッキー擁護し不倫騒動にミヤネ屋で持論展開に非難殺到!奥さんに同情集まる!
【記事3】 ⇒ベッキー、不倫騒動の謝罪は “ヤラセ”“ だ!不評なのはなぜ?
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?
【記事5】 ⇒ベッキー不倫!川谷絵音の妻は?CM起用に赤信号!LINEがヤバイ!
【記事6】 ⇒ベッキー週刊文春・第3弾。またLINE再流出!恐るべしベッキー!今後どうなる? 
【記事7】 ⇒川谷絵音・怖い顔を持つ嫁が探偵に浮気調査依頼!週刊文春で徹底追及
【記事8】⇒ベッキー不倫騒動、週刊文春の追求続く?「クローンiPhone」とは?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ