ハウス食品開発!涙の出ない玉ねぎ「スマイルボール」をオイシックスが発売!

スマイルボールー1 (出典:http://petit-mall.jp/food/smileball/)

涙の出ない「玉ねぎ」が開発に成功して、秋から発売されるというので調べてみました。

スポンサーリンク

スマイルボールとは?

ハウス食品が、「涙の出ない玉ねぎ」の開発に成功したと発表した。

「スマイルボール」

と名付けました。

数量限定で、10月末から発売するそうです。

玉ねぎは、料理するときに、涙が出るのは常識ですが、それは、涙の出る成分(=辛みの成分)があるからです。

これが出ない玉ねぎだというのです。

したがって、何も気にすることなく料理ができるのです。生で食べても辛みがほとんど感じられないのです。

栄養成分も変わりません!

スポンサーリンク

 

名前の由来とは?

「涙輪流さないので、すべての方々が笑顔になれるし、これまでの玉ねぎにとらわれず、

新しい食べ方や食シーンをお客様と一緒に“キャッチボールしながら” 創造していきたい」

という笑顔とボールを組み合わせて付けたそうです。

販売価格は、450グラム(中玉2個相当)450円だそうです。

スマイルボールー2(出典:http://ameblo.jp/karurosu2013/entry-12089499388.ht…)

研究の経緯は?

ハウス食品では、1990年代から主力商品のレトルトカレーの製法を研究する中で、タマネギの成分の研究を始めたそうです。

そこで、であることが分かったのです。

「タマネギには、目が痛くなる成分は入っていない。包丁で切った時に初めて目が痛くなる成分が作られ、それが目に入って涙が出る。」

ハウス食品では、この成分を作り出す酵素を発見し、タマネギを切ると涙が出る仕組みを解明したのです。
2013年には、人々を笑わせ、考えさせる研究や業績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の化学賞を受賞してそうです。
その成分の具体的名前は知ることはできませんでした。

スマイルボールー3(出典:http://withnews.jp/article/f0151027001qq0000000000…)

ただ、開発は「一種のかけのようなもの」(正村典也・新規事業開発部チームマネージャー)。

と話しておられます。

毎年畑で栽培し、収穫し、成分を調べる。これをひたすら続けました。

これまでに調べたタマネギは1万個近く。開発には約10年を費やしましたそうです。

【関連記事はコチラ!】
【記事1】 ⇒ペアでおしゃれなハロウィン仮装て楽しむ!デイズニーハロウィン!!
【記事2】 ⇒「サンタさんは本当にいるよ!」と答えましょう!!
【記事3】 ⇒七五三 お参り時期と安く済ませる方法とは?
【記事4】 ⇒『ハロウィンの仮装!最も人気の仮装とは?』2015年!!
【記事5】 ⇒ハロウィンの仮装!子供用を100均で手作りする簡単な方法は?

スポンサーリンク