心労ベッキー 睡眠障害で激ヤセ!「にじいろシーン」で騒動後初仕事。体重は?

にじいろシーン-1
(出典:http://www.livenan.com/archives/841158.html)

騒動の渦中にあるベッキーが「にじいろシーン」で騒動後初仕事をおこなった。

 

普段と変わらないように心掛けて笑顔で会話を交わすなどしていた姿がいじらしいが、事実は、心労による睡眠障害で、数日のうちに4~5kgも激ヤセしていた。

スポンサーリンク

役を全うできたか?

 

白タートルネックのセーターを身に着けて、痩せた兆候を隠すようにして、

「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」

と挨拶したが、なにか寂しさを感じたのは私だけでしょうか? 私たちの脳裏には、事実が鮮明に焼き付いているので、白々しく感じたのです。

 

そのせいか、MCの山口智充が女優・三浦理恵子と街を散策するVTRが流れると、その様子を笑顔で眺めるベッキーの顔が何度もワイプで抜かれたのは、カメラマンの故意とは思えませんでした。

 

6日の謝罪会見では「友人です。」と強調し、事務所には「2度と会わない。」と誓ったそうですが、週刊文春の記事が、第1弾に続き、第2弾まで出ると、どこまで信じてよいのでしょうか?

 

謝罪会見は、完全なるミスで、一番の被害者は「奥さん」であるので、まずこちらに頭を下げるべきであったとの意見も多数あります。

どのように謝罪すべきであったか?

 

某芸能記者によると、

「既婚者であることはしらなかった!知ったときには感情が抑えられなかった!」

「申し訳ありません!二度と行いません!」

と率直に言及するとこんなに大きくはならず、被害極小で済んだのではないか?

芸能界からは、「とくダネ」キャスターの小倉智昭さんや、「ナインティナイン」の岡本隆史さん

やカンニングの竹山さんたちは擁護してますが、尾木ママさん、や坂上さんなどは、厳しく糾弾し

ております。 特に、坂上忍さんは、

 

「不倫だったとしたら、(当然ですが)(ベッキーを)身内(芸能人)が擁護するのはいかがなものか?身内だからこそ安易に擁護すべきではない!」

とコメントしたのです。

そして尊重すべきは身内のベッキーではなく、川谷の妻であると主張し、

「被害者は奥さんなんだから、その人の気持ちを考えて!」

と語った。

取り巻く環境は、厳しさの一途を辿っております。

今後の出演はどうなる?

10本あったCMのうち、「太田胃散」は別商品のものに差し替え、「ローソン」もCM放映の一

時中断を決定。

写真スタジオ「スタジオアリス」も店頭の広告物を順次取り下げていくという。

現時点で変更を検討していないのは通信関連会社「ケイ・オプティコム」のみという惨状です。

テレビ各局も対応に追われている。

「モニタリング」も検討中のようで、「志村の動物園」も検討中との情報もあります。

ベッキーが出演する某人気番組では「スポンサーの反応次第では、別番組に差し替えることも検討

している」という。

スポンサーリンク

レギュラー番組多数に出演し事務所では稼ぎ頭です。以下に列挙しますが生き残れるのは、何か所

でしょうか?

 

<出演中のCM>

  • 太田胃散(太田胃散A錠剤)
  • 花王(「バブ」シリーズ)
  • ケイ・オプティコム(mineo)
  • スズキ(アルト エコ)
  • スタジオアリス
  • ソースネクスト
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
  • ナガセ(全国統一高校生テストなど)
  • NTT都市開発(ミソノミラクルワールド)
  • ローソン。(日刊スポーツ1月7日) (出典:ウイキペディア)

 

<レギュラー番組>

  • 天才!志村どうぶつ園(日本テレビ、毎週土曜)
  • 世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ、毎週日曜)
  • 中居正広の金曜日のスマたちへ(TBS、毎週金曜)
  • にじいろジーン(関西テレビ、毎週土曜)
  • 見える歴史(NHK教育、毎週木曜、声の出演)
  • 森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ、毎週金曜、2010年10月8日-)
  • ハッピーMusic(日本テレビ、毎週金曜)
  • ライブB♪(TBS、毎月最終火曜)
  • ありえへん∞世界(テレビ東京、毎週火曜)
  • 宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!(日本テレビ、毎週水曜 2011年7月6日- )(出典:ウイキペディア)

広告業界の“ベッキー離れが今後、テレビ業界にもあっという間に波及するかもしれない。

思わぬ形でタレントパワーを見せつけたベッキーだが、試練はまだまだ続く・・・・・

 

【関連記事はコチラ!】
【記事1】 ⇒ベッキーを擁護するのは逆効果?最低と批判される理由とは?
【記事2】 ⇒ベッキー擁護し不倫騒動にミヤネ屋で持論展開に非難殺到!奥さんに同情集まる!
【記事3】 ⇒ベッキー、不倫騒動の謝罪は “ヤラセ”“ だ!不評なのはなぜ?
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?
【記事5】 ⇒ベッキー不倫!川谷絵音の妻は?CM起用に赤信号!LINEがヤバイ!

スポンサーリンク

関連記事はコチラ