高畑充希のいい部屋ネットのCMが話題?歌が上手すぎてCD発売?

高畑ー1(出典:http://www.horipro.co.jp/takahatamitsuki/)

朝ドラ「トト姉ちゃん」主演で飛躍の年に!見出しを見つけ、かねてから注目していた高畑さんが脚光を浴びております。

 

その才能と人気の秘密に迫ってみました!

スポンサーリンク

  高畑充希(みつき)プロフィル

 

名前:高畑充希(みつき)

出身:大阪府東大阪市

生年月日:1991年11月14日

身長:158cm

血液型:AB型

趣味:映画鑑賞、読書、舞台を観ること、食事、料理など、

職業:女優、歌手

デビュー:2005年

所属:ホリプロ、ワーナミュ-ジックジャパン

チャームポイント:歌

 

  • 1991年12月14日(24歳)会社経営の父と母、祖父母の五人家族の一人っ子として育ち、舞台鑑賞が好きな両親の影響を受けて小学生の頃より舞台女優を志す。
  • 2005年、中学在学中に、両親のミュージカル好きが影響して参加したホリプロが創業45年を記念して主催する『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の応募者から見事主演の座を獲得し、シンデレラガールとして女優デビューを果たした。
  • 2007年から東京の高校に進学し、本格的に女優活動を開始。2007年から2012年まで6年間にわたってミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパン役を務めると、舞台『奇跡の人』『美男ですね』『コーヒープリンス1号店』で次々に主演を務めた。
  • 2010年4月に法政大学キャリアデザイン学部[へ進学すると、大学4年に在学中の2013年11月よりNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』にヒロインの義妹・西門希子役で出演。
  • 2014年7月にORICON STYLEが発表した『2014年上半期ブレイク女優ランキング』で6位にランクインすると同年12月にORICON STYLEが発表した年間を通し各メディアで飛躍的な活躍を見せた女優を対象とした『2014年 ブレイク女優ランキング』でも7位にランクインする活躍を見せた。
  • 2015年1-3月期のドラマ『問題のあるレストラン』でザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞]、4月には、ディズニー映画『シンデレラ』で主人公・エラの吹替えに抜擢され(映画の吹替は初挑戦)、日本版エンドソング「夢はひそかに」を、城田優とともに担当。7月にはORICON STYLEが発表した『2015年上半期ブレイク女優ランキング』で、過去最高の3位に入り、『煙霞 〜Gold Rush〜』でWOWOW連続ドラマ初出演。また8-9月には長年出演を熱望していた蜷川幸雄演出の舞台作品(『靑い種子は太陽のなかにある』)にヒロインとして出演。
  • 2016年4月放送開始予定のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』ではオーディションを経てヒロイン・小橋常子に選ばれた。なお本作が高畑にとって連続ドラマ初主演となる。
  • 2016年公開予定の映画『植物図鑑』で、岩田剛典とともに映画初主演を務める。

高畑ー2(出典:http://fumie.jp/842.html)

 

●歌手として

  • 2007年にはデモテープを聴いたコブクロの小渕健太郎がその歌声に惚れ込み、プロデュースをすることを名乗り出た。
  • 2007年6月に小渕プロデュースによるシングル「大切なもの」でワーナーミュージック・ジャパンよりアーティスト名「みつき」として歌手デビューを果たした。「大切なもの」は自ら出演する映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』の主題歌に、同シングルに収録の「ひとつだけ」は木皿泉脚本のドラマ『セクシーボイスアンドロボ』の主題歌にそれぞれ採用された。
  • 2008年にかけて「瞳ひらいて」(川嶋あいプロデュース、アニメ映画『ルイスと未来泥棒』イメージ曲)、「夏のモンタージュ」(竹内まりや作詞・作曲、ドラマ『ナツコイ』主題歌)のシングル2作品を発表。また河口恭吾、矢井田瞳らの楽曲提供を受けてファーストアルバム『COLOR』をリリース。同アルバムの7曲目の「キズナ」では自ら作詞も手がけている。
  • 2013年には連続テレビ小説『ごちそうさん』の劇中で披露した歌声が脚光を浴びる。その劇中曲がサウンドトラック盤に収録されると、翌2014年3月には同劇中歌をはじめとして過去にリリースしたシングルや出演したミュージカルやドラマで歌唱した楽曲を収録したアルバム『PLAY LIST』を「高畑充希」名義でリリースした。
  • 2015年12月には、デビュー10周年を記念した初のワンマンライブを東京と大阪のBillboard Liveにて開催した。(出典:ウイキペディア)

スポンサーリンク

高畑充希の感想は?

「トト姉ちゃん」では、雑誌「暮らしの手帳」の創始者をモdルとする主人公・小橋恒子を演じるのだ!

本人の乾燥は、

「朝ドラのヒロインは大きなものなので、自分に務まるイメージは正直なかった。撮影はまだ徐行運転という感じで、今撮っているものが数か月後には、たくさんの人の目に触れることに、まだピンと来ないです。」

と謙遜気味に話しておりました。

また一方では、

「視聴者のみなさんには、わたしはきっと(ty-ヤやNTTドコモの)CMでやたら歌う人っていうイメージじゃないかな(笑)。15年末にライブをやらせてもらいますが、お芝居が一番やりたい事なので、歌はわたしのチャームポイントの一つとして使っていただけたら、うれしいです。」

と歌について言及しております。

 

「トト姉ちゃん」の若手俳優は?

「トト姉ちゃん」は、ヒロイン小橋常子が、父(トト)代わりとして母や2人の妹を支えていく物語です。

生活総合誌「暮らしの手帳」の創業者らがモチーフになっております。

朝ドラと言えばやはり、共演する若手俳優たちにも注目が集まりますよね!

まずは、常子の妹となる「根楽 樹」「杉咲 花」。少女時代から、雑誌の仕事のかかわるまで、イッショニ成長する2人の演技は、作品のポイントになりそうです。

高畑ー3(出典:https://gunosy.com/articles/aw45T)

家族で上京してから常子が出会う男子2人、「大野拓朗」「坂口健太郎」はどちらもモデル出身若で注目株です。

 

歌が上手すぎるとは??

「ドコモ光のCMで、堂々と歌う姿や声が素晴らしい女性が現れました!

新人歌手?いや、でもすごく落ち着いているし、上手すぎる!

私も目が釘付けになってしまったCMです。」

と評判が立っておりますが、もともと目次にもありますように、

2007年にはデモテープを聴いたコブクロの小渕健太郎がその歌声に惚れ込み、プロデュースをすることを名乗り出たのが始まりで、

同年6月には、小渕プロデュースによるシングル「大切なもの」でワーナーミュージック・ジャパンよりアーティスト名「みつき」として歌手デビューを果たしているのです。

その後も、2008年にかけて「瞳ひらいて」(川嶋あいプロデュース、アニメ映画『ルイスと未来泥棒』イメージ曲)、「夏のモンタージュ」(竹内まりや作詞・作曲、ドラマ『ナツコイ』主題歌)のシングル2作品を発表。

また河口恭吾、矢井田瞳らの楽曲提供を受けてファーストアルバム『COLOR』をリリース。同アルバムの7曲目の「キズナ」では自ら作詞も手がけている。

2013年には連続テレビ小説『ごちそうさん』の劇中で披露した歌声が脚光を浴びる。その劇中曲がサウンドトラック盤に収録されると、翌2014年3月には同劇中歌をはじめとして過去にリリースしたシングルや出演したミュージカルやドラマで歌唱した楽曲を収録したアルバム『PLAY LIST』を「高畑充希」名義でリリースした。

2015年12月には、デビュー10周年を記念した初のワンマンライブを東京と大阪のBillboard Liveにて開催した。

このように自他ともに認める歌手でありますが、自分は、「お芝居がやりたいので、歌はチャームポイントの一つとして聞いた下さい」

と言っておられます。

今後の成長が楽しみです。

【関連記事はコチラ!】
【記事1】 ⇒中居正弘はハゲているって本当か?「遺伝には負けない?」と言ったが?
【記事2】 ⇒キンタロー。結婚相手の旦那は?名前、年齢は?社交ダンスの行方は?
【記事3】 ⇒バックナンバーのヒロインの歌詞の意味は?カラオケで歌うコツを紹介!
【記事4】 ⇒ベッキーが不倫?情報流出の内容が衝撃的だ!今後はどうなる?

スポンサーリンク

関連記事はコチラ